So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フィロソフィー [My Life]

NHKで放送されてた「最後の講義 大林宣彦」って番組を録画しておいたのを観た。
大林監督、特別好きな映画っていうのはないのだけど、学生の頃流行った「尾道3部作」はテレビの放送かなんかで(映画館にも行ったものもある気がする)当然観たし、その後の「ふたり」は連れが好きで最初はビデオで、わりと近年になってDVD買って再び観た。「ふたり」は名作だと思う。他にも何か観たかなぁ。観ていると思うけど。

番組表見てて、タイトルだけ見て、なんとなく録画予約しておいた。それで先日、なんとなく見始めたのだけど、これがほんとに面白かった。大林監督かっけ~。最後はちょっと泣いた。

番組コンセプトは今日が人生の最後なら何を伝えるか。余命3カ月の宣告を受け、それから1年4カ月目(収録時)を過ごしているという大林監督が早稲田大学で行った講義。
もちろん映画監督だから、映画についての話が主だったけれど、映画を作る人だけでなく、すべての表現者にとって大切なことばかりだったと思う。
深く共感する言葉が多かった。そして作家としての自分(俺の場合は曲)を見なおすことが出来た。

少し書き残しておこう。

まずは表現の核となる部分。「メイク・フィロソフィー(哲学・哲理)」。自分がこういうことを考えているが故に作るんだということ。表現はまずフィロソフィーありき。
俺の作るメロディにフィロソフィーはあるか。無いねぇ。ただし、歌詞(言葉)にはフィロソフィーしかありませんよ。メロディは言葉を乗せる乗り物だから、そういった意味ではフィロソフィーありと言ってもいいか。

「表現する人はゆるキャラだけにはなるな」。ん~、最近ゆるキャラになりつつあるか?え~?そんなことないか?

「表現者はプラカードを担がない」「プラカードを担がないと覚悟したものが表現者になる」。
これねぇ、ほんと、そうだよなって思ったんだよね。プラカードとは正義だから。後半に出てきた「100年後の未来にまで伝える表現」ってことにもつながることだと思うのだけど、俺はどうもプラカードとかシュプレヒコールというのが苦手。苦手というか、俺の表現とは違うなぁと。昔はそういう部分持っていたのだけど。今はほとんどない。

大林監督は自分の映画のことを「シネマ・ゲルニカ」と呼んでいた。ゲルニカとはピカソの絵「ゲルニカ」。ピカソが、爆撃された故郷ゲルニカことを描いた絵。この絵がもし写真のように戦争を描いた絵だったとしたら、もう見たくない、忘れたい、とすぐに風化してしまう。しかし、ピカソの、横顔に目がふたつ書いてある芸術作品だからこそ、今でも人々はその絵を見て、戦争なんてよくないなってことを子供にまで伝えることが出来るんだということ。「ジャーナリズムはすぐに忘れさられる」。

ほんとにそう思うんだよねぇ。歌詞を書く時に。たとえば直接的な言葉で、今の社会批判みたいなことそのものズバリを言ってみても、刺激的なのはその一瞬だけだと思うんだよね。それより、もっと人間、生物にとって普遍的な、たとえばラヴソングとかの方が、刺激的ではないかもしれないけど息の長い作品になる。
そう思って、震災を歌った「海岸線に陽は昇る」を書いたし。去年は世界中のテロのニュースとか日本の政治的対立とかを見てて「希望の国」を書いた。「希望の国」と言いつつ絶望しかないっていう。これっぽっちも明るくないっていう。
でもねぇ、これ、珍しく歌詞が先に出来たから、たまには違う人に曲付けてもらおうかと思って(最終的には結局自分で曲にしたんだけど)知り合いの女の子に歌詞をメールしたの。そしたら、西野カナみたいって返信がきて。西野カナがどんなもんかまるで知らんし興味もないけど、ぱっと見ただけだったらそういう感じなのかなぁと。だったら正解だなぁと確信した訳。
美しい大さん橋の景色を見てるふたりが「この目に映ることだけがすべて」と言いながら、この目に映ることだけがすべてではないと言ってるようなもんだから。行間にあるのは世界中の悲惨な事件やこの国の閉塞感だからね。
まぁ、ちょっと手前味噌な話でした。ちゃんとフィロソフィーあるな。コーラス部分の韻にも注目してよね~。

話がそれましたが、最後に「表現はリアクション」ということ。アクションではない。これは、はっとした。
たとえば、空がきれいだからにっこりしよう、緑がきれいだから優しい絵を書こう、とか。すべて、反応していることなんだ。そして「リアクションから新しいフィロソフィーが生まれる」。
確かにそうだ。ロックに限らず、アートにかかわることをしていると、何かアクションを起こさないとみたいな、そういう部分あると思うけど、違うんだ。リアクションでいいんだ。そこに生まれたフィロソフィーありきで作品を作っていけば、それは未来に伝わる表現になり得るかもしれない。
こんなことも言っていた。「戦争という狂気に人間として対峙できる力は正気しかない。だから正気で生きる」「正気とは地球上の万物の本能と考えればよい」と。そうだね、正気でリアクションしていこう。

この録画、保存しておこう。表現者として忘れちゃいけないことがたくさんあるような気がする。この講義の完全版って放送してくれないかなぁ。
少し自信になった。ちゃんとしたもの作れてるなって思った。刺激にもなった。さっそく新曲作り始めた。いや、まぁ作品に自信はあるんですよ。じゃなかったら、この音程で自ら歌なんか歌わないっちゅーの。あとは音程が合えばいいのだけどね、俺の場合……。


「希望の国」

夜がまた終末に近づいてくけど
知らないふりしてふたりは歩く
テレビやウェブサイトで目にするニュースが
全部ウソならよかったのに

こんなに絶望溢れてるから
こんなに君を愛せるのかな

それにしても今夜 星が綺麗だ
11月の風は透き通って
ベイエリアの夜 大さん橋の上
この目に映ることだけがすべて

先の見えないふたりだから
こんなに君を愛せるのかな
これが最後の夜だとしたら
もっと君を愛せるのかな

Harbor Light Starry Night Innocent Sky
はり裂けてく未来
Harbor Light Starry Night Innocent Sky
他に誰もいない
Harbor Light Starry Night Innocent Sky
崩れてゆく世界
Harbor Light Starry Night Innocent Sky
ふたりの世界
この目に映ることだけがすべて

こんなに絶望溢れてるから
こんなに君を愛せるのかな
先の見えないふたりだから
こんなに君を愛せるのかな

もしもここが希望の国でも
こんなに君を愛せるのかな
みんな笑ってる希望の国なら
もっと君を愛せるのかな

希望の国なら
もっと君を愛せるのかな
もしここが希望の国なら
ずっと君を愛せるのにな

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春到来 [ちゃんぷる]

春、来たかなぁ~。
いや、まだまだ、油断してちゃいけない。去年4月にソロライヴやった日はめちゃくちゃ寒かった。

桜、咲いてたな。子供の頃は4月にならないと咲かなかったけどね。温暖化やっぱり進んでるのか。暖かい日が多くなるのはいいのだけれど、どうなんだろ。「不都合な真実2」見逃してしまったからなぁ。

0325.JPG

0326.JPG

0327.JPG

ちゃんくるも暖かくなって喜んでいるはず。まぁ、真冬でも散歩に行ったら張り切って歩いてるけどね。
特にちゃんぷるは服着るのが嫌いだから、春になって嬉しいだろう。

0328.JPG

もうそろそろ、炬燵はしまわなくちゃなぁ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

310STATTO&311Hearts [Music]

310 Good Noir スタット、311 パイレーツ ハーツ、来てくれたみなさん、ありがとうございました。
対バンのみなさん、スタットスタッフのみなさん、ハーツスタッフのみなさん、ありがとうございました。

1週間終わった~。
7日、10日、11日、1週間でライヴ3本。正確に言うと4本。疲れたけど、最高に楽しかったよ。

まずはグッドノワール、スタット。この日は店長のJETヒロシさん企画で秋田の郷土料理だまこ鍋付。ちょー旨かった~!打ち上げで食いまくりました。

set list
①茨の道
②I Only Sing This Song For You
③小さな恋のメロディ
④海岸線に陽は昇る
⑤What A Wonderful World

0309.jpg

やっぱ、3月10日ってことだよね。あまりにも当たり前で記憶に残そうとなんてしなかった、だけどほんとは、かけがえのない日常が流れていた最後の日。
その日のことはほとんど覚えていないのだけど、夜、何をしていたかはほんの少し覚えてる。なるべくなら忘れないでいようと思いながら7年間過ごしてきた。

「海岸線に陽は昇る」の歌詞、“優しい記憶あふれだしたら涙つきるまで泣けばいい”のとこ、1番最初に書いた時は「優しい記憶」ではなく「悲しい気持ち」だった。まぁ、それじゃ当然、歌詞としての完成度が低いのだけど、推敲している時に思った。人が本当に涙を流すのは極限に悲しい時よりも、過去の優しい想い出に触れた時なんじゃないのかなぁと。あの震災でいろんなものを失くしたかもしれないけど、失くしたことよりも、ココロの中にある大切なあたたかい記憶の方に人はきっと涙を流すのだろうと思った。

だから、2011年3月10日のことを、なにげない、いつも通りの、ただの夜のことを少しだけどずっと忘れずに覚えてきた。
今回の「海岸線に陽は昇る」は聴いてくれた人たちのかけがえのない「優しい記憶」に触れられればなぁと思いながら歌った。MCでもそのことを言いたかった。もしかしたら11日よりも10日のことを覚えておくべきなんじゃないかって。

全体的に楽しく出来た。「海岸線~」も楽しく歌えた。あの歌は希望の歌だから、楽しんで演奏しないと。

0310.jpg

対バンは友達のぶれる(サチ丸写真ありがとー)の他、ロックな奴らが集まってて、打ち上げまで楽しかった。いい夜だった。覚えておきたい3月10日になった。

そんで11日は「カリブの海賊」。サブタイトルに「NEVER FORGET 311」。
まずはkingofpirates、アコースティックでオープニング。いつもは2曲か3曲だったんだけど、今回は5曲。前回のクロコダイルの時と同じリストで。

kingofpirates set list
①パイレーツのテーマ
②RPG
③ラブ・ミー・テンダー
④海岸線に陽は昇る
⑤ベートーベンをぶっとばせ

パイレーツでやる「海岸線~」もいいでしょ?ウソ泣きする人もいましたが……(笑)

そして大トリでKING OF PIRATES。
今回のドラムは梶くんこと梶原さん。久しぶりにパイレーツで叩いていただいた。嬉しい!

KING OF PIRATES set list
①POWER TO THE PEOPLE
②電撃バップ
③LET'S GO GARAGE
④I FOUGHT THE LAW
⑤雨あがりの夜空に
⑥パイレーツのテーマ
⑦STAND BY ME(アンコール)

今回は「リンダリンダ」は無しで(笑)
「パイレーツのテーマ」の元ネタの曲ばかりでやりました。

0312.jpg
0313.jpg

311、みんなそれぞれ、出演者もお客さんもいろんな想いがあったと思う。ただ、最後、ステージの上から見た景色は最高の笑顔ばかりで、やってる方が感謝したくなるような、素敵な景色で、ほんとに嬉しかった。ロックンロールには夢がある。未来へ向かうパワーがある。あらためてそう思った。

アンコール、伸さんいきなりスタンド・バイ・ミーとか言い出して、演奏陣は大慌て。聞いてないよ~。それがまたメチャクチャ楽しかった。この日のイベントの最後にぴったりの曲だったかも。

チャリティーTシャツ。黒バージョンと白バージョン。俺は有無を言わさず白バージョン。こんなデザインされたら袖切りたくなっちゃうんだよねぇ(笑)。首のとこも破りましたよ。30分のステージのために2000円。そんでやっぱ普段着用も欲しいから、帰りにもう1枚買いました……。

0311.jpg

311、あの日のことを風化させてはいけないのはもちろんだけど、これから、いくつも笑顔の311をロックンロールと共に記憶していけたらいいんじゃないかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3.7 club Doctor [Acoustic]

7日、クラブドクター、ONOchanソロ・アコースティック、どうもありがとう!
ドクタースタッフのみなさん、対バンのみなさん、ありがとうございました。

ソロ、去年はわりとやったのだけど、10月以来か。
今回は久しぶりに座りで歌った。

set list
①米軍キャンプ(尾崎豊カヴァー)
②風と共に去りぬ
③旅の途上
④海岸線に陽は昇る
⑤I Only Sing This Song For You

最後の「シングジスソング」以外はスロー〜ミディアムテンポの曲ばかり。「風共〜」もかなりスローのアレンジにした。
去年の3月と4月のソロも座って歌ったんだけど、単にいつものロックなザクザクな感じのを座ってやったっていうだけだった。今後アコースティックもまたやっていくと思うんで、それっぽいいわゆる弾き語りっちゅーアプローチの仕方でもやれるようにしたいなぁと。
なんとなく感じはつかめたかなぁ。まだまだですけどね。

はい、1曲目に「米軍キャンプ」です。尾崎の曲はたま〜にやったりしてるんだけど、これは初めて歌った。俺にとってはね、この曲はパンクロックだしグラムロックなんだよね。その感覚、分かってもらえないだろうけど(笑)。

それとやっぱ「海岸線〜」はやらないと。もう7年経つんだねぇ。

次のソロ・アコースティックも今回みたいな路線で座りでいこうかなと思う。ま、その時が来ないと分からないのだけどね。急にロックな感じでやりたくなるかもしれんし。

せっかく暖かくなってきたと思ったら、今日はメチャクチャ寒かった。三寒四温ですか。せめて一寒六温でお願いしたい。

さて、週末は310グッドノワールと311パイレーツ。他の日のどのライヴとも変わらないのだけど、やっぱり考えちゃうよね。
310はかけがえのないありきたりな日常が流れていた最後の日。311は言わずもがな。
どっちもいいライヴをしたい。楽しいライヴをしたいと思う。俺が奏でるのは「希望のうた」でありたいから。
ぜひ遊びに来てください。よろしく!!


Good Noir


3.10(sat) 武蔵境 STATTO

https://www5.hp-ez.com/hp/statto/page1


JETヒロシpresents

「ぬぐだまらナイト!!!」


open17:30start18:00

2.000(+1drink500


MC&LIVE JETヒロシ

出演

ぶれる

Good Noir

THEひょうろく玉

The Peckerheads 

SHAPEEN!!

菅原 年(岩手)


オープンから秋田のおつまみあり!!!

打ち上げでは秋田郷土鍋の振る舞い有り!!!

 

*Good Noir18:35からの出演です。





KING OF PIRATES


3.11(sun) 大塚hearts+


渡辺 伸一Presents

『カリブの海賊 vol,29

NEVER FORGET 311

open15:30start16:00

前売¥3.500当日¥4000


出演

the69 (shinichi watanabe & his band)

島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS

FRYING DUTCHMAN

東京ネイルキャッツ

camp

HOWLING ROCK A GUERRILLA

discount junkeys

KING OF PIRATES


司会&パントマイム/朝倉まこと

マジック/Ko-1

曲独楽/小太郎

ミニライブ/MicA

ミニライブ/Lunatic berry

コスプレパフォーマー/キトラ


*パイレーツは最初と最後に出演します。



nice!(0)  コメント(0) 

最近のこと [My Life]

夕方、現場からの帰り。トラックのバックミラーに映った空。

0305.jpeg

こんばんにゃ、やっぱ夕暮れが好きだな、ONOchanです。

最近ぜんぜん読書出来てない。まぁ、1週間前までオリンピックあったし。よかったよねぇ、カーリング。オリンピックのたびに毎回ちょっとブームになるよねぇ。さらに今回の代表チームは人気出る要素いっぱいあった。いいチームだな。
長野オリンピックの時、たまたま中継を観てカーリングというスポーツの面白さを知ってから、オリンピックの時だけ(笑)まぁ4年に1度だけなんだけど、ずっと注目してたからね、ほんと嬉しかった銅メダル。マリリンの涙につられて泣。ロコ・ソラーレ、素晴らしいチームを作ったなぁ。しかも自分はリザーブで裏方。今回のオリンピック1番のヒロインは本橋さんです。けど、眼鏡先輩も好きです。

羽生くんと宇野くんも素晴らしかった。運よく生中継観れてよかった。
スケートのマススタートって、金メダルは素晴らしいけど、あの競技、みんな他人の後ろに隠れようとする、観ててかなりうけた。

期間中は毎晩カーリングはじめいろんな競技観てたのに、それとNHKで毎晩上村愛子さん見れたのに、終わってしまって寂しかったのだけど、もうすぐパラリンピック始まるなぁ。これも楽しみ。パラリンピックは特にスキーが面白いと思う。

それからモッズのツアー初日、新横、行ってきた。もうね、モッズのツアーは毎回見逃しちゃいけないと思う。今回もよかったなぁ。まだ初日だからリストのことが言えないのが残念。となりにいたオッサン泣いてたなぁ。いや~気持ち分かる。ちゅーか俺も泣きそうになるとこあるよ。俺もオッサンか。みんなもうオッサンか。それぞれモッズのロックと共に過ごした歳月があるからね。そして、ふと、あの頃にタイムスリップする瞬間があるよねぇ。28年前、真夜中の葉山ビーチ、あの夜の月の光を思い出しちゃったもん。モリヤン調子よさそうでよかった。

ロックの殿堂ジャパン、終了間近だけど、とりあえず行ってみた。思っていたよりたいしたことなかった。かな?衣装とかギターとか展示はいいのだけど、個人的にそれほど興奮するようなアーティストのものがなかったせいかな。もっと早くに行けばよかったんかなぁ。どうなんだろ。

まぁ、そんなこんな、そんなことより今の俺には、ばあちゃんの介護問題とかちょっと大変な問題があるのだけど、それはそれで、今出来ることは出来る範囲でがんばっていろいろやってます。
それでもロックはちゃんとします。
なんと今週はライヴ3回。今日からの8日間のうち7日間はリハかライヴがあるっていう、なんとも幸福な1週間。だってさぁ、そういう暮らしがしたかったんじゃん。まぁ1週間だけだけどね。
そんな訳で今日はひとりリハ。

0304.jpeg

小さなスタジオが空いてなくて一番大きい20畳のスタジオ。広すぎる~。無駄に金かかる~。そんでもここのスタジオ、よそだと個人練習の場合、当日かよくても前日しか予約出来ないのが、2日前から予約受け付けてるから。近所だし。その分少し高いけど。まぁ交通費かからないんで。

そんな感じで、今回のソロは久しぶりに座って歌おうと思う。座りでやる感じのリストにするつもり。そういうアプローチでやってみようと思う。そしてグッドノワールとパイレーツはわー!っと盛り上がりましょ。
時間あったら遊びに来てね~。


☆ONOchan solo acoustic

3.7(wed) 荻窪 club Doctor
http://3rushmusic.com/ogikubo_club_doctor.html

open19:00start19:30
前売/予約¥2.000 当日¥2.300(+1drink¥500)
happy hour(open~live start)+¥1.000→3drink ticket

出演
フラットチャイルド
夏実子
ONOchan(BC5AM)
松下カツミ

*ONOchanは19:30~の出演です。



☆Good Noir

3.10(sat) 武蔵境 STATTO
https://www5.hp-ez.com/hp/statto/page1

JETヒロシpresents
「ぬぐだまらナイト!!!」

open17:30start18:00
¥2.000(+1drink¥500)

MC&LIVE JETヒロシ
出演
ぶれる
Good Noir
THEひょうろく玉
The Peckerheads
SHAPEEN!!
菅原 年(岩手)

※オープンから秋田のおつまみあり!!!
打ち上げでは秋田郷土鍋の振る舞い有り!!!

*Good Noirは18:35からの出演です。



☆KING OF PIRATES

3.11(sun) 大塚hearts+

渡辺 伸一Presents
『カリブの海賊 vol,29』
~NEVER FORGET 311~
open15:30start16:00
前売¥3.500当日¥4000

出演
the69 (shinichi watanabe & his band)
島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS
FRYING DUTCHMAN
東京ネイルキャッツ
camp
HOWLING ROCK A GUERRILLA
discount junkey’s
KING OF PIRATES

司会&パントマイム/朝倉まこと
マジック/Ko-1
曲独楽/小太郎
ミニライブ/MicA
ミニライブ/Lunatic berry
コスプレパフォーマー/キトラ

*パイレーツは最初と最後に出演。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.21 クロコダイル [Others]

21日クロコダイル、kingofpirates で出演。
来てくれたみなさんどうもありがとう。

No Nukes Rights 主催の「Knockin' on the NEXT DOOR」パイレーツで3度目の出演でした。

このアコースティックのパイレーツは毎回メンバーも違うし、打ち合わせ1回、通しリハ1回なんで、いつも大丈夫かなぁ~っちゅー部分があるのだけど、必ずいつもいいライヴになるっていう。
今回もリハーサルから含めて本番が1番いい演奏だったと思う。みんな本番に強いな。

set list
1.KING OF PIRATES のテーマ
2.RPG
3.ラブ・ミー・テンダー
4.海岸線に陽は昇る
5.ベートーベンをぶっとばせ

0221.JPG

「ラブミーテンダー」ではパイレーツお約束、牛乳で乾杯。だけど、今回俺はギターを弾いていたんで隣のコージに飲ませてもらいました。
出だし「パイレーツのテーマ」個人的にちょっとテンション上がり過ぎちゃってる感じがしてた。3曲目の「ラブミーテンダー」は2番終わりまで1人でギター弾くんで、それまでに少し落ち着こうと「RPG」の間にうまくクールダウン出来てよかった。かと言って手抜きな訳じゃないですよ。
うん、なかなか冷静ですね僕。

そんで、今回は「海岸線に陽は昇る」をパイレーツで取り上げてもらった。アレンジはもちろんパイレーツ・バージョンで。
やっぱ嬉しいよね~。この歌を好きで理解してくれてる人が歌ってくれるのはほんとにありがたい。
ライヴで演奏する時には、自分の曲だからとか、そういう感情ぜんぜんなくて、他の4曲と同じ気持ちでやってたんだけどね。
もし、歌いたい、カヴァーしたいって人がいたら、ほんと自由に歌ってもらってかまわない。歌って本来そういうもの。
パイレーツ、次は311のカリブ。今回はメインラストのセッションはもちろん、サブステージのアコースティックでも30分。この日のパイレーツはぜひ観に来てほしいね。

俺の予定は3月7日荻窪club Doctorでソロ・アコースティック、10日武蔵境STATTOでGood Noir 。
この週、311のパイレーツが2ステージだから全部で4本。楽しいね~。
やっぱり、この時期、「311」っちゅーのはあるよ。だからライヴ予定つまってたけど、ソロのオファーもらって断る気なかった。悩むことなく即決。
俺の仕事はシフト制で土日休みとかじゃないのだけど、全日、無理矢理ムリヤリ休みます。いいの。カンケーねぇじゃん。ライフワークと生業の違い。飯食うためにやってんのが仕事、ロックンロールは生きるため。もう若くもないんでもちろんバランスはとらなきゃならないのだけどね。大切だと思うやりたいことやれないんじゃ働く意味がない。ロックしかない訳じゃないけど、やめる時は死ぬ時ですよ。

当たり前だけど、どれもそれぞれの表現方法でいいライヴにしたいと思う。
ソロは久しぶりだから、選曲とかもういろいろ考えて、家で歌ってみたりしてるのだけど、スタジオにも何回か入って仕上げていければいいなぁ。難しいんだよねぇ、ソロ。俺はやっぱバンドの人だから。
グッドノワールはメンバーみんな忙しいんでライヴまでリハ1回しか出来ないけど、それでも初めてやる曲をリストに入れようと思っているのだけど、まぁ、出来る人たちなんで俺以外は(笑)そんなに心配してない。

そんな感じで、オリンピックも大詰め。ちゅーかカーリングが大詰め。ついに予選の壁を突破。メダル取れたらいいよね~。パシュート、カッコよかったな~。
nice!(0)  コメント(0) 

パーフェクトデイ [ちゃんぷる]

オリンピック始まってるね~。
なにげに夏季より冬季の方が好きかも。NHK見てると上村愛子さんがよく出てるので嬉しい。
いや、そういう理由じゃなくて、競技見てると楽しいね。

こんばんにゃ、今回もやっぱりカーリングが1番楽しみ、ONOchanです。

開会式、「イマジン」が歌われた。
単純に素直になんにも考えず、グッときた。
僕たちを隔てているのは、国境でも宗教でも思想でもなくて、いちいち政治的な意味を見つけようとするココロなのかもしれないなぁ、と思った。

散歩に行った。

0214.JPG

駅前の広場でふと見上げると、冬枯れの木の枝に雲の葉がついたみたいでいい感じだった。

0213.JPG

0215.JPG

0216.JPG

その後、家の掃除をして、映画を観に。「アランフエスの麗しき日々」。

0217.JPG

久しぶりに観たヴィム・ヴェンダース監督作品。男女の会話だけの映画。会話劇というのか。相変わらず、詩的な言葉の数々で、ぜんぜん退屈しなかった。おそらく賛否分かれるというか、言葉に特別興味がない人だったら寝るだろう。

映画終わって、仕事帰りの連れと時間がちょうどよかったから待ち合わせて桜木町のバルで夕食。前に一度行ったことのあるとこだけど、とてもおいしくて大満足。

映画の冒頭で流れるルー・リードの「パーフェクト・デイ」が頭の中でぐるぐる。

映画といえば伸さんからオススメされてた「ポルト」っていうのを先月末に観たんだけど、これがまたいい映画だった。
男と女が出会って一晩共に過ごす。そして別れる。まぁ、言っちゃえばそれだけの話。よくある映画らしい事件なんて何も起こらない。
観終わった時は、え?これで終わり?っちゅー感じでちょっと拍子抜けしたのだけど、電車に乗って帰ってきたあたりからじわじわとくる。
映画観てる時っていうのは登場人物に感情移入しながら観てたりする訳だけど、終わって少しして、その映画に自分の人生を投影できるようになってから、「あ~、こういうことって形は違うけど、あるよなぁ……」となんかやるせなさとか、ノスタルジックな感情が湧いてきちゃって、なんかこう胸がきゅーとなるような。そんな映画だった。

そういう歌を作りたいなぁ。ライヴ観てる時は楽しいのだけど、後からグッとくるような。
いや、わりと得意分野のような気はするんですけどね。

そんな感じで、3月7日、ソロのオファーいただいてライヴ決まった。
あれ~?この週って、7日ソロ、10日グッドノワール、11日パイレーツ。いそがしいな(笑)。
「パーフェクト・デイ」歌ってみたいなぁ……。ずーっと昔から好きな曲だし。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2.3 7th AVENUE [Others]

3日、今年の初ライヴはGood Noir でした。
帰ってすぐ、取り急ぎフェイスブックに投稿した文を転載します。
これがけっこう正直な気持ち。

3日、7th AVENUE 「路地テロ」来てくれたみなさん、どうもありがとうございました!
7thスタッフのみなさん、そして対バンの20年来の仲間たち、ありがとうございました。

Good Noirとして、また俺個人的にも記憶に残しておきたいライヴが出来たような気がします。
みんな、ほんとにありがとう。

set list
1.Sweet19
2.茨の道
3.小さな恋のメロディ
4.希望の国
5.What a Wonderful World(Joey Ramone)
6.海岸線に陽は昇る

もうずいぶん長いことやってきた。
けど、いつまでたっても、へなちょこなギターしか弾けないし、調子のはずれた歌しか歌えない。
そんな俺のことを、ずっと応援してくれてる人がいる。信じて待っていてくれる人がいる。俺はすぐにへこたれるから励ましてくれる人がいる。時には叱ってくれる人がいる。
中には死んじまった人もいる。 今日もセッティング終わった時に天に向かって乾杯した。いろはすで。
たくさんの人に支えられて今日までやってきた。
自分で「今日はいいライヴが出来たかな」って思う時は、そんな人たちへの感謝しかない。
今日来れなかった人も、いつのまにか疎遠になってしまった人も、天国へ行ってしまった人も。
そんな人たちへ、俺に出来ることはきっと、歌い続けることだけだろうと思う。
絶対に忘れちゃいけないことって、あるよ。
だから今日よりもっとよくなるために、また明日から始めます。
ココロをこめて。

…ごめん、ちょっとカッコつけすぎた。

以上、フェイスブックから。
はい、そんな感じでGood Noir 結成から1年経ちましたが、Good Noir としてのバンドサウンドが出来てきたかな。いいライヴになったと思う。
友達が撮ってくれた写真を載せちゃいます。ありがとう。

0203.JPG
0204.JPG
0205.JPG
0206.JPG
0207.JPG

シューヘイ、最後MCしたんだけど、ほんとは曲が終わってシューヘイが前にくるまで俺が「ありがとう」だとか「気をつけて帰るように」(笑)だとか言って引っ張っておく予定だったのだけど、もうすっかり気分良くさっさと引き揚げてしまい、録画観たらシューヘイが話し出した時にはとっくにライヴ終わりの雰囲気になっちゃってて、みんな聞いてないっちゅー(笑)。すまん。

路地テロ、今回も大盛況。最後セッションの前には節分っちゅーことで7TH店長による豆まきもあり、その後のシナロケ「レモンティー」はギターで参加、盛り上がってよかった。
みんないいライヴやってたな~。
次回も楽しみ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コツコツと [ちゃんぷる]

あけましておめでとうございます(笑)
今年もよろしくお願いいたします。

って、とっくに2018始まってますが……ONOchanです。

0101.JPG

元日の落陽。

すっかり更新してなかった。このところ一時に比べるとブログの更新が少ない。
SNSとか始めるとブログをやめてしまう人がけっこういるけど、俺の場合SNSの投稿もあんまりしないのでその類ではないかな。

ちょうど年越しそばをすすっている瞬間に年越しをした。初詣も明け方4時ごろに行ってきた。おみくじは小吉というびみょ~な感じだったけど、内容はよかった。

ジョンとヨーコのベッドイン写真展にも行ってきた。

0104.JPG

VRでベッドの上のジョンの視線を体験できたのは面白かった。コステロみたいな奴いたよね?

映画は「ゴッホ 最後の手紙」を観た。これは100人以上の画家によってゴッホの絵をアニメーションにした作品。内容はまぁまぁって感じだったけど、映像はよかった。

それから、雪。降ったね~。

0123.JPG

仕事帰りの雪道、俺の頭の中では「渚のはいから人魚」が流れてた(笑)。それはなんでかっちゅーと、降り積もったきれいな雪を見た時に、♪誰も~足跡~まだつけてな~い、のところが思い浮かんじゃったんだよねぇ。
しかし雪道にクロックスは危険です。

0122.JPG

滅多にないくらい積もったから、ちゃんくるをほんの少しだけ連れ出してみたのだけど、ふたりともほとんど動かず固まってました。やっぱり俺に似て寒いのは苦手なのです。

その他、年末年始にテレビでやってた映画を録画したのを観たり、去年のドラマ「カルテット」をまたまた観たり、村上春樹の「風の歌を聴け」を30年ぶりくらいに読んでみたり。

そんな感じですが、1番何に時間を使っていたかっちゅーと、Good Noir の諸々。
2月3日にライヴあるからね。それまでにいろいろ間に合わそうと。
Tシャツデザインしてみたり、写真撮ったり、撮った写真を編集したり、HP作ったり、フライヤー作ったり。

写真は日産スタジアム周辺と伊勢原のペッパーズ・ドライヴインっていうアメリカンなカレー屋で撮った。前回のライヴの時、昔一緒にやってた座間さんに、オールディーズの雰囲気のあるいいとこ知らない?って聞いたら教えてくれた。絶対俺の思ってるイメージに合う場所知ってると思ったんだよ。完璧でした。
11時ごろ日産スタジアムに集合して、伊勢原に移動して15時過ぎまで、なんと400枚くらい撮った。
じゃ、とりあえずアー写だけ。

アー写.jpg

詳しくはウェブで。HPはこちら。https://goodnoir.wixsite.com/goodnoir

去年1年やって、まぁ、1年でライヴ4本か、ぼちぼちの活動だけど、いいバンドだと思うし、ゆっくりでもいいから長くやっていきたいなと。
何か、特に上を目指そうっちゅーことよりも楽しく、現状維持出来ればと思う訳で。
けどねバンドって、何もしないで、ただリハしましょう、ただライヴやります、ただライヴやりました、あぁ楽しかったね、って、それじゃあ続かないからね。現状維持なんて出来ないからね。落ちていくだけだから。
なんでもそうなんだろうけど、現状維持って何も努力しないで出来るもんじゃないから。演奏やパフォーマンスももちろんだけど、ステージ以外のその他の部分もやっぱり大切。そこのとこの基礎っちゅーか、ちょっと作っとこうかと。
去年はライヴの日に次の日程が決まっていることも少なかったし、そうなるとその日にもしGood Noir をまた観たいと思ってくれた人がいたとしても、フライヤー渡したところでHPもなけりゃ情報の発信のしようもない訳で。
そんな感じで、年明けからパソコンいじっていろいろやってました。

結果がすぐに出ないことくらいもう痛いほど分かってる。だけど今出来る小さなことがたとえば3年後、5年後、10年後に繋がってくる。若い頃、それをやらなかった。だから今こんな。今さらジタバタしなきゃなんねぇ。よ~く分かってる。
年末からすでに感じていたのだけど、今年はなんか「未来に繋げる」っていうことが自分のテーマのような気がしてる。天才じゃねぇから、コツコツやるしかねぇんだよなぁ。

BCは今年15周年イヤーなんだよな~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラーグラス [ちゃんぷる]

いよいよ2017年も終わる。
どんな1年だっただろう。前半の方が調子よかったような気がする。
いつだって「今しかない」のだけれど、今年はそのことを強く感じていたはずなのに、後半ちょっとさぼったとこもあるかなぁ。今のなにげない小さな積み重ねが未来の自分になるのだけれど。そんなこと分かっているのだけれど。

足元見失わず、そんなに遠くない未来のこともちゃんと考えておきたい年頃、ONOchanです。

足元は見えるのだけど、最近、手元がかすむんです。ローガンですか。俺は視力がかなりよかったから、老眼いっきにくるよ~、と人生の先輩方に言われていたのだけど、やっぱりその通りでした。
本を読むのがけっこう辛い感じでねぇ。長時間になると疲れるし。
そんでメガネ作ってみた。完全に読書用。手元だけにピントが合う感じ。

1231.JPG

昔、映画「インファナル・アフェアー2」に出てくるインテリマフィアに憧れて、伊達メガネをしてみようといろいろ試したのだけど、ぜんぜん似合うものがなかった。サングラスだったら大丈夫なのに。で、あきらめてた。
今日メガネ屋さんに行ってみて、まぁ、読書の時だけのものだから似合わなくてもいいかぁ、と思っていたのだけど、意外にもそれなりにいい感じのが見つかった。必要な時に必要なものっていうのは見つかるものなんだろう。
これ掛けて本を読んだら、ほんとよく見える。かすんだりぶれたりのストレスなくなった。夜、帰って来てから大槻ケンヂの「いつか春の日のどっかの町へ」一気読み。すらすら読める。一昨夜も伊坂幸太郎の「アイネクライネナハトムジーク」一気読みしたのだけど、今日の方がぜんぜん楽だった。いいね~。ずっとかけていたい。
けど、このメガネ、30センチ程度のとこでピントが合うようになってるから、ちょっと距離があるともう見えない。メガネしたいなぁ。同じフレームで伊達メガネ作ろうかなぁ……。

ところで、上の写真、ちゃんぷるはカエル型のエリザベスカラー。かわいいけどね。
11月の終わり、肛門のあたりがちょっと腫れてるのを発見して病院に行ったら、どうやら腫瘍だと。その後いろいろ検査をして悪性ではないということだったのだけど、将来悪性に変わる可能性もあり、ちゃんぷるの年齢を考えると、その時になったら手術出来ないっていうこともあり得るから、元気な今のうちに取ってしまおうということで、20日に切除した。
手術してみたら、悪性じゃないけど意外と大きく、形状も珍しいものだったらしい。まぁ、ちゃんぷるが大きくて珍しいチワワですからねぇ。

1230.JPG

無事に終わって、経過もよく、明日、今年最後ぎりぎりで抜糸出来ることになった。そしたらカラーも外して大丈夫。普通に新年を迎えられるって。
手術終わった当初はおとなしかったけど、3日もしたらいつも通り元気になってきて、散歩に行きたがるし、カラーしたまま走りまわるし、普通にソファに飛び乗ったりで、元気なのはいいが傷口開いたりしないのかと逆に心配になったりもしたけど、回復も順調でよかった。
腫瘍って分かってから、ほんともう心配で、毎日、仕事帰りに近所の小さな神社にお参りしちゃったよね~。まぁ、その神社には、困ったときだけじゃなく、ちょこちょこお参りしてるんだけどね。
散歩にはいつから行けるかなぁ。くるみも付き合って散歩してない。くるみはちゃんぷるほど散歩好きでもないが。
とにかくきちんと治るまで散歩は我慢で、うちでのんびりしててもらいたい。まだまだ元気だし、ずっとずっと長生きしてくれよな~。

そんな感じの年の瀬。今年も1年ありがとうございました。
よいお年を。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感