So-net無料ブログ作成

響き続けるだろう [ちゃんぷる]

夏に向かって準備万端な感じの気温ですが、俺はまだ上着を着ていたい。街に出るとTシャツ姿の人とかけっこういるけど、まだ早いだろ~。いや、俺が遅いのか。

ちゃんぷるはクッション集めて大あくび。

0522.JPG

こんばんにゃ、久しぶりの更新になってしまったONOchanです。

映画「LISTEN」観てきた。

0521.JPG

“「聾者の音楽」を視覚的に表現したアート・ドキュメンタリー”と、この前持って帰ってきたチラシに書いてあったが、これはまったく新しい感覚、体験だったかも。
まったく無音の58分。劇場入り口で耳栓が配られて、雑音もシャットアウト。まぁ、耳栓は慣れてますから。

これはいったい何なんだろうっちゅー。聾者の表現する音のない“音楽”。最初の方はパントマイムを観ているような感じだった。けど、違う。
そのうち、彼らの動きに合わせて、自分の知っている音をココロの中で想像するようになった。けど、これも、何か違う感じ。
だけど最後の方、海辺で羽根のような衣装を着た女の人が踊る(踊るというのとは違う気がするが便宜上)シーンあたりから、ココロの中で確かに何かが鳴り始めた。それは「音」や「音階」や「言語」的なものではない気がした。適切な言葉が分からないけど、俺の場合は「叫」が近い気がした。終わり間近の白い服の6人組が踊るシーンは楽しくて一緒に歌ってるような感覚になった。

「共鳴」「響鳴」「叫鳴」。

帰ってきてパンフレットの監督(聾者)インタビュー読んだら、「音楽」という“音”を“楽しむ”と書く言葉のせいで音にこだわり過ぎてしまう、言葉の意味にひっぱられてしまうところがある、ということを言っていて、まさにその通り、俺は自分が知っている範囲の中の音を彼らの音のない音楽に付けようとしてしまったのだから。

もしかしたら、音楽っていうのはもっと、普段自分たちが思っている以上にもっと、自由で純粋な何かなのかもしれない。
出演者の初老の男性が、聾学校での音楽の授業は苦痛だった、と言っていた。なぜなら、それは音楽に合わせて発声練習する「訓練」でしかなかったからだと。

俺はずいぶん長いこと音楽をやってきたけど、考えてみれば、いろんなものに縛られてるところはある。テンポだったり、音階だったり、言葉だったり。けど、それは音楽として成立させるために必要なものなのかもしれないが。
解放できないか、それを。少しでも。せめて、ココロは解放されていたい。
そのことを、この映画を観て、ほんの少し体験したのかもしれない。音楽はたぶんもっと深くて大きい。

きっと、どんな人でも歌を歌ったことがあると思う。鼻歌さえ歌ったことがないなんて人はまずいない。音楽はどんな人でも奏でることが出来るのだと思う。聾者であっても。
空気を振動させて伝わるのが音なのであれば、彼らのそれは音楽と言ってもいいのではないかと思った。

誰でもリズムを持っている。鼓動。ハートビート。
俺の場合はハートビートの他にウィンウィン……っちゅーモーターがまわってるみたいな耳鳴りが常に鳴ってるから、これは俺にしかない独自のグルーヴになるのだろう。

Can you hear my Heart Beat ?

正直、中盤まではどんなふうにこの映画を観れば、向き合えばいいのか戸惑いがあったから、今度、横浜で公開になったらもう1回観に行こうかな。最初から純粋に体感したい。

将来、俺は歳と共に今聴こえている高音域の聴力が落ちてくると、全聾とまではいかなくてもかなり近い状態になる可能性が高い。その時、どんな音楽が聴こえるのだろう。
と、考えたけど、なんだ、そんなことの答えはとっくの昔に歌にしてるんだった。

even if I lost the sound tomorrow, rock and roll will continue to sound.
もしも明日 俺が音を失くしても ロックンロールが響き続けるだろう
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の五月は [ちゃんぷる]

五月だなぁ。

きらめく季節に / たれがあの帆を歌ったか / つかのまの僕に / 過ぎてゆく時よ

五月になると、毎年、寺山修司の「五月の詩」を読みたくなって、文庫で持ってる「われに五月を」を引っ張り出す。
たった2ページの詩。もっと言うと、上に書いたたった4行を読みたくなる。ちゅーか、もう覚えてんだろって感じだが……。
で、本棚探す。どこにいったか分かんねぇ~。もう毎年のことだからキンドルにダウンロードするべきか。けど、この詩はやっぱ紙で読みたい。

昨日の夜駅前TSUTAYAさん…じゃなくて、ちょっと前の真夜中、代官山の蔦屋さんで、僕はビートルズを借りたセックスピストルズを借りた…いや、ビートルズもセックスピストルズも持ってるから、本を3冊ほど買って1時半ごろかなぁ、目黒通りを車で走ってた。
そしたら後ろからパトカーが来てなんか言ってる訳。赤色灯廻ってるし。俺なんにもしてねぇけど、と思いつつ左に寄せて停めた。
そしたら、ナンバーのとこの電球が切れてたらしくて止められたのだけど、免許証の確認と車の中見せてくださいっちゅー訳。まぁしょーがないんだけど。
助手席には買った本。何を買っても無駄に袋を貰わない主義なので3冊重ねて置いてあった。買ったのはネルーダの詩集「二〇〇〇年」と読んでみたかった最果タヒの詩集「死んでしまう系のぼくらに」、それと「読まずに死ねない哲学名著50冊」っちゅー、哲学書入門みたいな本。

0509.JPG

それがさ、もともとのカヴァーはピンク色のやつだと思うんだけど、売るためだかなんか知らんが、その上に水色の、アニメっぽい女の子の絵が描かれたカヴァーがついてんの。これが、背表紙の方が上になって、3冊の一番上にあったんだよねぇ。
暗いなかで、ミニスカートの絵を見て、オマワリくんどう思ったのだろう。それが一番気がかり。く~。

こんばんにゃ、どんな時にも油断はするな、ONOchanです。

先日散歩に行った時の写真。

0504.JPG0505.JPG

シロツメクサとアカツメクサのせいで狭くなった道をくっついて歩いてるとメチャクチャなかよしっぽい。

0506.JPG0507.JPG

五月、好きだなぁ。
なんだろうなぁ。気持ちいい季節なんだけど、なんかちょっとだけ切ないんだよね。五月の風にはほんの少しだけセンチメンタルが混ざってると思うのだけど。俺だけ?
この前、職場の同い年の女性と何月が好きかって話になって、その時、5月はちょっとだけ切なくない?って聞いたのだけど、まったくそんなことない、って。あぁ、そうなのかぁ。
じゃ、“五月の風がただ切なく”って「ただ眩しく」の歌詞はみんなあんまり共感できないのかな。

今日は雨がポツポツ。せっかく五月だから、晴れててほしいなぁ。6月は雨降ってもいいんだけど。
そんな中、映画観に行った。
「SUNSET STRIP-ロックンロールの生誕地-」っちゅー、ドキュメント。けっこう楽しみにしてたんだけど、俺にはそれほど面白くなかったなぁ。途中うとうとしちゃった。まぁ、映画館でうとうとしちゃうのもまた気持ちいいもんです。

0508.JPG

それより予告でやってた「LAMBERT&STAMP」っていうTHE WHOを世に出した2人のドキュメンタリーが面白そう。これ、絶対観に行こう。
それと、「LISTEN」っていう58分間の「無音」の映画。これはもう、予告観ただけでちょっと胸打たれた。胸撃たれた。
ユーチューブに予告あったから貼っとく。予告も無音だから電車の中ででも大丈夫、ぜひ見て。



「LISTEN」公式サイト

これから毎週映画館だなぁ。あぁ、本買っちゃったのに、映画月間に変わっちゃいそうな、今年の五月。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5.2 URGA [BC5AM]

2日、ウルガ、「BURNING NIGHT FINAL」来てくれた皆さん、どうもありがとう。

おそらく10年ぶりくらいのウルガ。そしてこれが最後のウルガ出演でした。
覚えてる限りでは、たぶん4回しか出演してない。なんか打ち上げの記憶がけっこうあるんだけどさ。誰とどんな話した、みたいな。
昨日やってほんと思った。もっとやっておけばよかったなぁと。やりやすかった。すごくいいハコだった。
だけど、これも縁だからね。閉店の前に、最後に出演できてよかった。

5月2日はキヨシローの命日。そんな訳でBCもRCのカヴァーを。

set list
①SWEET19
②旅之途上
③I LIKE YOU~サン・トワ・マミー(RC SUCCESSIONのカヴァー)
④花火
⑤世界の真ん中
⑥MESSAGE SONG

パイレーツではRC定番って感じだけど、BCではRCのカヴァーやる機会がなかなかないからさ、やっぱバンド・スタイル的にあんまり合わないっちゅーか。
個人的には中学生の頃から聴いていたバンドだから、歌ってみたい曲たくさんあった訳で、選曲はかなり悩んだんだけど、「I LIKE YOU」けっこうBCに合うかなぁって。そんで途中に「サン・トワ・マミー」入れてみた。
ついでに先日亡くなったプリンスの「ダイ・フォー・ユー」の1節も入れた。プリンスも名盤「パープル・レイン」中学生の頃よく聴いてたからさ。まぁ、たった1小節分だから気付いた人少ないかもしれんけど。
楽しくやれたからよかったかな。

写真もらったんで。

0501.JPG

0502.JPG

ありがとう。

対バン、まぁ、ほとんど友達のバンドだったんだけど、みんないいライヴだった。素晴らしいステージだった。熱くなったなぁ。
最後はCANDY STRIPSのアンコールでRCの「すべてはALRIGHT」と「雨上がりの夜空に」参加させてもらった。

0503.JPG

楽しかったな。けど、どんな夜にも終わりがきちゃうんだよねぇ。
打ち上げから深夜の鯛ラーメンまで、全部いい夜だった。家に着いた頃はもう明るくなってたな。

BC次は7月18日、今年もやります、THE DRAGON★FLYと2マン、「NONTITLE MATCH vol.2」。たっぷり1時間近く、去年に続いてお互いの曲やセッションも。素敵な夏の夜にしよう。

その前に6月はカリブ。BCの出演はないけど、今回のパイレーツは俺がもっとも影響を受けたあのバンドだから。
それと、PLASTIC ONOchan BANDが6月26日。日吉Napで、アコースティック。今年はベースはもちろんナガツマくん、パーカッションにシューヘイ、それと去年に続いて数曲マンドリン・キクちゃんのラインナップで。シューヘイとは18年ぶりに一緒にやる。そろそろリハ始めるけど、すげ~楽しみ。対バンでぶれるも出るし、こちらもよろしく。

ふと気づけば、もう5月なんだなぁ……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

忘れてた [BC5AM]

具合悪くなって仕事を休んでいた時に、家でほとんどの時間本を読んでいたのだけど、そのせいで引き続き読書週間になってしまいブログを書かなかったんでライヴの告知を忘れてた。

今日、2日ライヴです。
5月2日はキヨシローの命日です。hideもか。
全バンド、RCまたはキヨシローの楽曲のカヴァーをやるのかな。

新宿ウルガです。今月で閉店だって。
BCは初期にたぶん4回くらいしか出演していないのだけど。
だけど、11年前のヴァレンタイン・イヴ、ウルガに出演した時、暇な時間にぷらぷらペットショップなんか行って、そこでちゃんぷると出会ったから、想い出はあるのです。それはウルガの想い出と呼べるのか分かりませんが。

そんな感じで、ギターの弦を張り替えて寝ます。

悪い予感のかけらもないさ~。

☆5月2日(月)

新宿 URGA
http://www.urga.net/

「BURNING NIGHT FINAL」~すべてはALRIGHT~
open18:00 start18:30
前売¥2000 当日¥2500 (+1drink)

出演
THE CANDY STRIPS (ex. SeX)
The HEAD SHAMANS
24th December
BC5AM
フラミンゴブーツ

*BCは18:30からの出演です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感