So-net無料ブログ作成

1.24 農民カフェ [Acoustic]

1.24農民カフェ、来てくれたみなさんどうもありがとう。
企画のタツミさん、対バンの皆さん、お疲れ様でした。

こんばんにゃ、ライヴの時、慣れない雰囲気に緊張のあまり「こんばんにゃONOchanです」と言い忘れたONOchanです。

5年ぶりのソロ・アコースティックでした。
いろいろ不安材料いっぱい(大部分聴こえの問題だけど)でしたが、ライヴもその他の時間も楽しい夜を過ごせた。

まぁ、上手く歌えたかどうかは分からんが。ちゅーか歌えてねぇな。
そんでもやっぱやってよかったな。これからも声をかけてもらえたらガンガンやっていこうと思います。

けど、靴履いてねぇとやっぱ落ち着かん。ロックンローラーは。

set list
①SWEET19
②旅之途上
③神様の宝石でできた島(THE BOOMのカヴァー)
④I ONLY SING THIS SONG FOR YOU
⑤海岸線に陽は昇る
⑥1971年のレコード~Imagin

いやぁ、ほんとね久しぶりだったんで出演決まった時から、いろんな曲試したり、耳栓もするかしないか、右にするか左にするかどれ使うかいろいろ試したりした。
で、カヴァー以外の曲はけっこう前に決まってて、最後は「遥か」にしようと思っていたんだけど、やっぱ「71年のレコード」に差し替えたんだよね。2日前に。911の後に作った「71年のレコード」は選曲の候補にも入ってなかったんだけど。
俺、自分の曲、世界で1番好きなんだけどさ、「71年のレコード」はそれほど好きな曲でもないの。なんかきれいごとばっかりな気がしてさ。でもね、歌わなきゃいけないの。ニュース観てて思ったんだよ、俺はやっぱ世界平和目指そうって。マジで。

けど、「イマジン」は届かなかったか……。

なんかちょっと前、昔売れてた暗~い歌で「会いたい」っちゅーのが歌手が勝手に歌詞を変えたとかで作詞家が訴訟を起こしたってニュースで見たけど、歌詞なんか変わっていくの当たり前じゃん。
俺けっこうカヴァーとかでも勝手に歌詞変えちゃうけどね。歌は生きものなんだから。それこそが歌に対するリスペクトと思うけどね。まったく職業作詞家っちゅーのは意味分からん。だいたい「会いたい」の歌詞なんかぜんぜん良くないじゃん。これっぽちも詩的じゃない。あれ、メロディと歌唱に助けられてるよねぇ。どうでもいいけど。

そんな訳で「I ONLY~」も「71年のレコード」もちょっと歌詞変えました。「I ONLY~」はサビの歌詞がダサいせいでずーっとやってなかったからね、名曲なのに(笑)。

そんな感じで、2015年始動しましたが、今年はなんか元旦にふと思った「MORE」っちゅー言葉が現実になりそう。
新年早々、企んだり、頼まれたり。嬉しいよねぇ。俺でよければやりますよ。断る理由がないもん。楽しみだな。
BCはもちろん、PLASTIC ONOchan BANDも企画バンドもコラボも、それにソロも。
もっともっとロックンロール。
世界平和。


「1971年のレコード」

擦り切れかけたレコードが鳴らす
ピアノの音色がとてもきれいで
自然と涙 こぼれそうになる
この世界はまだ震えてるから

行った事のない アスコットの庭
想像しよう そこにいる2人を
池にボートを浮かべて遊んだり
静寂の森でかくれんぼしたり

太陽を浴びてるグレープフルーツ
分け合うためのナイフを探そう

あぁ いつまでもまわり続けろ
’71年の擦り切れたレコード

聞かせてくれないか 君の夢は何?
きっと神様なんてどこにもいないよ
けど見上げる空は どこも同じさ
砂漠の果てでも 壊れたビルの街でも

こんな争いもう終わりにしないか
ロックンロールが今夜も聴こえるよ

あぁ いつまでもまわり続けろ
’71年の擦り切れたレコード

いつかみんながひとつになる(The world will be as one.)
いつかみんながひとつになる(The world will be as one.)
いつかみんながひとつになる(The world will live as one.)

7つの海と 宗教を越えて 民族を越えて

あぁ いつまでもまわり続けろ
’71年の擦り切れたレコード

あぁ いつまでも鳴り響かせろ
揺りかごの中で聴いていたメロディー

Imagine All The People Living Life In Peace.
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

責任 [Others]

自己責任。
なんて言ってしまえるのだろうか。
だったら、登山に行って遭難した奴は助けなくていい。
海水浴で溺れてる奴も助けなくていい。
スピードを出し過ぎて事故を起こし潰れた車に閉じ込められている奴も助けなくていい。
全部、自己責任。
僕たちにどうすることも出来ないのなら、ただひたすら憎むこと。
下劣な行為を憎むこと。
イスラム教徒とイスラム国は違う。
テロリストはただの外道。
卑劣なテロを憎むこと。
徹底的に憎むこと。
僕は人質になってしまったジャーナリストはもちろん、安部首相のことも日本の政府のことも批判する気にはならない。
日本人が日本人を非難してどうする。
一番悪い奴は誰か。
間違えるな。
そんなことしていたら、ますます奴らの思うつぼ。

そして僕は、また、ジョン・レノンの「きれいごと」を歌うことにする。


ONOchan solo acoustic
☆1月24日(土) 農民カフェ 学芸大学店

「アコースティック night in タツミcafe」
open18:00 start 18:30 ¥1.000+order

MC 桜井達海

出演
風鈴+ロンリーパパ
ZUMA
小野ユージ
ONOchan(BC5AM)

*ONOchanは19:50~の出演です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

klimt [ちゃんぷる]

こんばんにゃ。「チョコレート効果CACAO86%」っちゅー高濃度チョコを食べながら「面白くて眠れなくなる社会学」っちゅー本を読んでいたら、うっかり炬燵で寝てしまったONOchanです。


面白くて眠れなくなる社会学

面白くて眠れなくなる社会学

  • 作者: 橋爪 大三郎
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/11/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



眠れちゃったよ。虫歯になるよ。ポリフェノールってなに?

今日はわりと暖かだった。ちゃんくるも張り切って走ってた。

1021.PNG
1222.PNG

年末に買ったミニギター。クリムトの絵なんか貼ってみた。

1020.PNG
1019.PNG

ん~、官能的。
ブリッジのとこ、大変だった。なかなかいい出来。

けど、24日のライヴでは使いません。
だったら、こんなことやってないでライヴの練習しろって感じだけど、まぁ、思いついたらすぐやりたくなっちゃう性質なんで。

ライヴの選曲、ある程度考えているのだけど、もう一度考え直そうか。特に何か思いつた訳じゃないけど。ココロがざわざわする。
ひとつだけ言えることは、FUCK THE TERROR。


ONOchan solo acoustic
☆1月24日(土) 農民カフェ 学芸大学店

「アコースティック night in タツミcafe」
open18:00 start 18:30 ¥1.000+order

MC 桜井達海

出演
風鈴+ロンリーパパ
ZUMA
小野ユージ
ONOchan(BC5AM)

*ONOchanは19:50~の出演です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ざんねん [My Life]

あっちゅー間に正月気分も終わり、すっかり、ただの冬が過ぎてゆきますがお元気ですか。
しかし、1年の24分の1が過ぎたとを考えると、始まったばかりの2015年っていうのも、このボーっと過ごしていた日々の23回分しか残っていない訳で、そう思えばそんなにゆっくりしてられない訳で。

こんばんにゃ、俺は別にボーっとなんかしてないよ。ONOchanです。

なんで桑田は謝ってんの?なんか見つけちゃガタガタ囃したてて難癖つけるしょーもない奴らに謝る必要があるのか。だいたいそんなことで謝るっちゅーのは支持してくれているファンに対する裏切りではないのか。ネットのニュースで見ただけだから詳しいことまで知らんけど、そんな風に思った。

まぁサザンとか別にどーでもいいけど。紅白見たし、なんかニュースになってたからネットで歌詞みたんだけど、あれのどこが政権批判で反日なのか、俺にはさっぱり分からんかった。

それより、残念なのは歌詞そのもの、それ自体。「ピースとハイライト」ってタイトルを見た時は、なかなか面白いタイトルだなぁと思ったのだけど、歌詞みてもタバコとしてのピースとハイライトが1行も出てこない。日本のタバコの名前をふたつ並べたタイトルっちゅーことは当然、タバコと「平和」「陽のあたる場所」のダブル・ミーニングにしてるつもりでしょ?それなのに歌詞にはタバコのピースとハイライトを思わせる部分がない。1か所「燻ぶる火種が燃え上がるだけ」っちゅーのがあるけど、この「燻ぶる火種」がタバコの火種、ピース、ハイライトを指すとなると「平和」「陽のあたる場所」が燻ぶる、燃え上がるとなって、詞の解釈がつながらない気がする。
俺だったら、「ピースに火をつけて明日を思う」とか「ハイライトの煙ながめてた」とか「ピースもハイライトも売り切れでショートホープに小銭払う」(このショートホープもダブル・ミーニング)みたいな、なにかタバコを思わせる1行を入れるけどなぁ。なんか残念な歌詞だな。

けっこう昔、連れが買った桑田のソロアルバム聴いたら「ロックンロールヒーロー」って曲はなかなか面白いなと思ったけどね。

それにしてもなんかいや~な感じだよねぇ。なんかちょっとしたことであげ足取ったり、必要以上に叩いたり。いつからこの国はこんなねじ曲がった奴らばっかりになっちゃったのか。 マックなんか異常に叩かれてたね。ちょっと気味が悪いくらいの報道だった。まぁ、マックなんか嫌いだから行かないんだけど。あ、アップルパイはたま~に食べるけど。

なんかさ、テレビとかネットで大げさに報道されてるものって、「悪意」を感じるものはもちろん、「善意」を押し付けてるようなものも、どっちも気持ち悪いと思いませんか?

そんな感じの年明け2週間。 そういえば、三が日過ぎてから六本木ヒルズ行ったな。ティム・バートン展観に。

0106.JPG

すげー混んでて、入口入ってすぐから展示してある絵に沿って自然と行列になってた。行列好きだね、みんな。 珍しく連れと一緒に行ったんだけど、俺も連れも行列には並ばないでそれぞれ好き勝手にあっちへフラフラこっちへフラフラしながら観てた。行列の後ろから観てたからすべての絵をゆっくり観れなかったのは残念だったけど、まぁ、列に並んで他人のペースに合わせて観るよりかいい。ティム・バートンのあの独特なタッチでジョーイ・ラモーンを描いた絵があったな。

ヒルズの道はライトアップされてて、素直に綺麗だなと思った。

0107.JPG
0108.JPG

で、写真なんか撮ってみたりしたんだけど、はたしてこの人工的な綺麗は本当に必要な綺麗なのか?と考え始めてる自分がいたりして、ほんと俺、残念な性格だなと思った。

あとはまぁ、年末になぜか詩集をたくさん買ったからそれ読んだり、ギター弾いたり、映画観に行ったりしてたな。 今日からBCのリハも始まったし。

それと、もう20年なんだね、阪神大震災から。 1ヶ月後に行った神戸はどのビルがまっすぐ建っているのか分からない状態だった。子供の頃、夏休みになると遊びに行っていた、ばあちゃんの住んでいた家の辺りはただただ瓦礫だった。そこで向かいの家のおばさんが亡くなった。安否を伝えるメッセージで埋め尽くされた商店街のシャッター。公園に張られたテントから聞こえてきた「スターティング・オーバー」。ずっと忘れない。

では来週は5年ぶりにたったひとりで歌います。緊張するなぁ。練習しなきゃ。 俺のうたはともかく、料理は間違いなく美味いんで、飯食いに来てください。


ONOchan solo acoustic
☆1月24日(土) 農民カフェ 学芸大学店

「アコースティック night in タツミcafe」
open18:00 start 18:30 ¥1.000+order

MC 桜井達海

出演
風鈴+ロンリーパパ
ZUMA
小野ユージ
ONOchan(BC5AM)

*ONOchanは19:50~の出演です。

2015 [ちゃんぷる]

HAPPY NEW YEAR!

今年もよろしく。

こんばんにゃ、正月が来るたびに甘酒とお汁粉のせいでおなかがぽっこりしちゃうONOchanです。

大晦日にはそばを食って、例年通りだらだらと年を越した。
ちゃんくるにも年越しそばを買ってあげた。

1231.PNG
1232.PNG

やっぱり、ふたりともそっこうで食べちゃいました。

ふと気がつけば明けていて、いつの間にか炬燵で寝て、元日の夕方に初詣。

0103.JPG
0102.JPG

おみくじ引いたら去年に続いて今年も大吉でした。へっへっへっ。

今年はちゃんくるにだけ御節料理がありました。

0104.JPG
0101.JPG

やっぱり、そっこうで食べちゃいました。

「一年の計は元旦にあり」などという諺もあるけれど、今年も当然、何も考えていない元日でしたね。
けど、年が明けて3時ごろかな、ベランダに出て、ぼーっとタバコを吸っていたら、なんか突然「More」という単語が頭に浮かんだんだよねぇ。
♪もっと~もっと~孤独よ~お~どれ~ (古) は関係ないよ。
何なんだろうねぇ。「もっと」って。
自分自身に「お前、もっと、やれるだろ!」ってことなのかな。よく分かんないけど、きっとこれが俺の今年のキーワード。

元日の夜、友達からメール。実家に帰っていたみたいだけど、「実家はちょっと漁っただけですごいもんが出てくる!」と送ってくれた画像。

0105.JPG

うわ~、これはたぶん1996年に俺が作ったチラシ。その頃やってたTHE BAD NEWSっちゅーバンドの。当時はパソコンなんて無いからさ、まず新聞記事の切り抜きを無造作に並べた部分だけを薄くコピーして、その紙を再びコピー機に入れてモヒカン・アキラのマスコットを濃くコピーしたんだよね。こんなもん、今だったらパソコンで誰でも簡単にできちゃう。しかし、簡単に作ったものと知恵と手間をかけて作ったものでは、そのものに潜んでいる芸術的パワーがぜんぜん違うのです。なかなかセンスいいな、25の俺。
それにしても、こんなもん、よく持っててくれたな。19年も前の紙切れじゃんか!

そんな感じでだらだら過ごしていた元日でしたが、年末にブログに、ソロもやろうかな、なんて書いたら、それを読んでくれたのかたまたまなのか知らないけど、早速、アコースティック・ライヴにお誘いいただきました。
やりますよ。BCのライヴは1月には無いからね、断る理由がなにも無い。
あれ~、この前買ったばかりの安物ミニギター使っちゃおうかなぁ。どーしよーかなぁ。選曲どうすっかなぁ。
正月から楽しみがいっぱいですよ~。それと同じだけ、不安もあるけどね。
もっともっと!ロックンロール!


ONOchan solo acoustic

☆1月24日(土)
農民カフェ 学芸大学店

「タツミカフェ」
open18:00 start 18:30 ¥1.000(ドリンク別)

出演
風鈴+ロンリーパパ
ZUMA
小野ユージ
ONOchan(BC5AM)