So-net無料ブログ作成
検索選択

険悪報道 [BC5AM]

10月のBCライヴの映像、ユーチューブにアップしました。

10.12 CLUB DOCTOR

「CALL YOU」「風と共に去りぬ」「SWEET19」


「海岸線に陽は昇る」


「明日」


「UNCHAINED MELODY」「JERRY BEANS ROMEO & THE FINAL WORLD」「今日ですべてが」



10.5 音小屋

「明日」



けっこうたくさんあるんで、興味があったら観てちょーだい。
BCのHPに一覧作ったからそっちからでもリンクできます。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=bc5am&P=8


あ~、最近どうも、悪いニュースが多くていけねぇなぁ。


たま~にね、昔からの友達に会ったりすると言われることがあるんだよねぇ、「ハイビスカス、またやってよ」とか。
昔のバンドの曲はね、これでもけっこうやってると思うんだよね。けど、そのバンドの代表曲的なものって、そのバンドのイメージが強すぎてBCでやってもな~、あんまりやる気しないなぁ。
で、「いやぁ、やらないと思うよ」なんて言うと、「じゃあユーチューブにのっけてよ」なんて言われたり。

嬉しいですよ、そう言ってもらえるのは、そりゃあ、かなり。
けど、昔の自分って恥ずかしいじゃん。俺は今の自分が一番好きだから。たとえ生え際が上がっていても。
だから、「ユーチューブのやり方なんて分かんないし~」とか言ってたんだけど、まぁ、そう言ってもらえるのなら、まぁいいかなぁ、と最近思った訳。

そんで、昔の映像ちょこっと観たりして。結局、バンドの終わりの方の映像ばかりで俺が好きな曲を選んじゃったからBCでもやってる曲が多いけど、限定公開でアップしました~。

1997年、ちょうど15年前だね~。解散決めたのは10月だった。ラストライヴは12月だった。
いやぁ、若い、当たり前だけど。髪がちゃんとある。

「ハイビスカス」って曲は俺にとって大切な曲だから、あの曲で歌詞の書き方が変わったから。今使ってるギターとかエフェクターとかにもハイビスカスシールがどっかに貼ってある。

残念なのはオープニングSE。あれ、自分でもすげ~カッコイイと思ってたんだけど、ユーチューブにアップしてみたらクラッシュの「レベルワルツ」BGMに使ってるもんだから著作権の問題があるらしく、よく分からんがダメみたい。仕方ないから最後の銃声と「ハローハロー~」だけ。

そんな訳で、このブログを見てくれている人だけに、リンク教えます。


THE BAD NEWS

「ハイビスカス」「KICK THE SYSTEM」
http://youtu.be/STaQWiRS3xE

「CRAZY SUMMER ~夏が終わる前に」
http://youtu.be/6GQnQVfekk4

「春夏秋冬」「I WANNA・・・・」
http://youtu.be/7sZ-z59woNw

「RADICAL NEWS PAPERS」
http://youtu.be/xc199AfGz4g

「銀行強盗」
http://youtu.be/plgS3TU-oKk

「DEAD ROSES」
http://youtu.be/1a7HZGCAIbc


追伸。THE BAD NEWSよりもっと前の映像はほとんどない。「I Don't Know」はありませんでした。すみません。ちゅーか、俺も残念。20年前の湘南ボーイの方、誰か持ってませんか~?

WINDS2012 [Others]

今日は観劇。
今年も行ってきました。「THE WINDS OF GOD 2012」。新宿の紀伊国屋ホール。新宿で迷子になることも計算の上で、ちゃんと早めに家を出たから余裕でした。

今年のキンタ役はなだぎ武。去年出演した陣内智則が多忙のため出演出来ないという事でオファーがきたとか。

開演前ロビーでいつも松嶋少尉役をやっている俳優さんが座っていて、「あ、今日は松嶋少尉この人じゃないんだなぁ」(ダブルキャストのため)なんて思っていたら、その隣に座って会話していたのが陣内智則だった。ちゃんと観に来てんじゃん。

さてさて、なだぎ武。最初の方は今井さんのアドリブで「なに緊張してんねん」なんて突っ込まれたりしてたけど、なだぎキンタなかなか良かった。ぶっちゃけ去年の陣内より良かったかも。
自転車が出てくるシーンではあの変な外国人とか登場するし、キンタのコント的な場面ではアドリブも多かったと思うけど、いきいきと演技していて、面白かった。かなり笑った。
今までのキンタの中で、客席も一番うけてたんじゃないのかなぁ。
キンタが福本少尉として特攻を決意するシーンは笑った分の反動で重みがあった。

ただ一つ難を言えば、キンタって漫才のネタも覚えられない、どうしようもないおバカさんっていう設定なのに、特に前半部、なだぎキンタはちょっと知的に見えてしまった。コントの切れがよかった(お笑いのことは分からないのに偉そうなこと言ってスミマセン)っていうせいもあると思うけど。

今日は分隊長と松嶋少尉が初めて観る俳優さんだったけど、ん~、松嶋少尉はやっぱロビーに座っていた重松さんの方がいいなぁ。まぁ、若い俳優さんだったから、これからの人なんだろうけど。

今回、俺の座席は前から5列目。演劇は近くで観ると迫力あるね。初めて観た時は一番後ろの席だった。もちろん、その時の感動は忘れられないけどね。

THE WINDS OF GOD、DVDも含めてもう何度も観ているけど、毎回思うことは、67年前、家族、故郷、日本を守るために死んでいった若者がいるということ。彼らが命をかけて守ろうとした未来に今自分たちは生きているということ。
特攻は非人道的な作戦かもしれない。劇中アニキの台詞にも「これはれっきとした殺人なんだぞ」って言葉がある。それでも、知覧や靖国で読んだ彼らが残した遺書、そのココロは美しかった。
この前のライヴで「71年のレコード」を歌う前に「日本人として守りたいものも、ある」と言った。それを言わずに「71年のレコード」を今歌うのは嫌だった。
知らねぇなら知らねぇでいいよ、カンケーねぇならカンケーねぇでもいいよ。でも俺は20代初めにたまたまテレビの演劇放送で観たウインズをきっかけに彼らのことを知った。知って、俺のココロに引っ掛かった以上大切にしたいだけだ。
戦争はどうであれ悪だ。たとえ戦勝国だろうとそこに正義なんてあるはずがない。この国はもう二度と繰り返してはいけない。
だけど、その戦争を戦った、戦うことになってしまった彼らの、俺のじいちゃんの、ココロを尊重することなく、先の戦争を軽々しく「日本の侵略戦争」などと口にする世界市民キドリの文化人モドキにはなりたくない。(そもそも当時アジアの各地を侵略、植民地化していたのは米英仏蘭欧米諸国じゃねぇか。)

おっと、話が別の方向へ行ってしまいそうだけど、改めて、今自分がいる時代、日本、そして未来、考えて生活していきたいと思う。

来年1月に追加公演あるみたいだね~。

それから、去年、俺が観に行った次の回から発売になった、2006年にアメリカ公開に向けて全編英語でリメイクした映画版「THE WINDS OF GOD~KAMIKAZE~」のDVD、ついに手に入れました。

Image773.jpg

BCの3rdアルバム「7x3」に特攻隊員の物語を歌った歌がある。知覧に行った後に作った。特攻を美化するつもりはない。けど、彼らの美しいココロは伝えたいと思った。


「風になる時」 BC5AM

もう何も悲しい事はない 
ただ君の幸せだけを願う

片道だけのこの空を 
君の写真と爆弾抱えてゆくよ

翼を広げて 南の海まで
どこまでも続く 綺麗な青空
照り返す波の 光の中で

翼を広げて 翼を広げて
雲の切れ間から 僕は一筋の
青い風になる 君のために

愛しき人よ 愛しき人よ


もし頬に優しい南風が 
いつかそっと吹いたら思い出して

最後の朝は穏やかで 
遠く美しい故郷の匂いがしたよ

翼を広げて 南の海まで
どこまでも続く 綺麗な青空
照り返す波の 光の中で

翼を広げて 翼を広げて
雲の切れ間から 見えるあの戦艦(ふね)へ
僕は一筋の 今 風になる


どれだけ時が流れても 答えは誰も解らないよ
戦争 平和 祖国 民族 思想 信仰 希望 未来

どれだけ時が流れても 決して消えない想いがある
それは憎しみなんかじゃなくて それはきっと君への愛

守りたかった君の未来 守りたかった君の未来
守りたかった君の未来 それが最後の僕の願い


翼を広げて 翼を広げて

翼を広げて 翼を広げて
光る波間から 僕は風になり
いつの日か帰る 君のもとへ

愛しき人よ 愛しき人よ


何も悲しい事はない
君の幸せだけを願う
頬に優しい南風が
そっと吹いたら思い出して

さようなら

摩天楼ブルース [My Life]

おい!この薄汚ねぇシンデレラ!

Image773.jpg

ひかりテレビのTBSチャンネルで放送中。
素晴らしき80年代。大爆笑。

中学2年、13歳の時、このドラマで柳沢慎吾がフォークギターをジャカジャカかき鳴らしているシーンを見て、ウチにもギターがあったはず、と思い、物置からばあちゃんのガットギターを出してきたのが、自分で演奏するようになった始まり。

「明日」の中に俺のロックンロール・ライフの始まりと言える「激しい雨が」と「LONDON CALLING」を織り込んだんだけど、さすがに「紙の鍵盤じゃ指が沈まない!」って名セリフは入れられなかった。

キョンキョン、バリかわいい。


10.12 CLUB DOCTOR [BC5AM]

あらためて12日クラブドクター、どうもありがとう。

昼過ぎに起きてちゃんくると散歩。
BCはいつもライヴの時は現地集合が基本。どこかで待ち合わせなんてすると誰かさんの遅刻のせいで1時間以上も路上に待ちぼうけする奴が出てくるから。
だけど今回、荻窪はガンちゃんちから遠いってことで、俺んちに来ていっしょに車に乗って行くことにした。

ちゃんぷるは何度もガンちゃんと会っているけど、くるみは初対面。まぁ誰にでも甘える性格だから大丈夫だろと思っていたら、やっぱりね。
最初はちゃんぷるがガンちゃんの膝の上に乗っていたんだけど、シャワーを浴びて出てきたらくるみが乗ってた。

Image771.jpg

俺が出掛ける準備をしている1時間ほどの間、ちゃんくるはガンちゃんとまったり。

そんで出掛けたのはいいけど、前日の通しリハを録音したICレコーダーを家に忘れた訳で、そーなると俺とガンちゃんで今聴きたい音楽というのは尾崎な訳で。
照らすよ~セブンティーンズマーップ YOH! と、うっかり熱唱している間に荻窪通り過ぎそうになった。
パーキングに入れても、「傷つけた人々へ」聴きたい、とか言って車を降りないガンちゃんには困った困った。

さてさて肝心のライヴの話。

the69の3か月連続マンスリーツーマン企画「live with ROCK AND ROLL 2012」の2回目に出演しました。
伸さんにはイベント「カリブの海賊」や「NO PEACE NO LIFE」に度々呼んでもらっているし、キング・オブ・パイレーツにも参加させてもらってるし、いつもお世話になっているんだけど、そんなことは関係なく、the69 とガチ2マンだってこと。
the69 は友達とかそういうことじゃなくて、たとえ友達じゃなかったとしても金払って観に行きたいと思える好きなバンド。

俺はこの日のために日々走り込みをしてきた。っちゅーのはたまたまそうなっただけど、1時間のステージすべてに全力を注ぐのは当たり前。
ほらよく、胸を借りるとか言うけど、そんなつもりは毛頭ない。前座じゃねぇんだ。ツーマンで同じ1時間のステージをやる以上、最高にハッピーな飛び蹴りをかましてやるっていう気持だった。それがツーマンの相手にBCを選んでくれたthe69 に対する礼儀だろ。
最初の「I CALL YOU !」のシャウトから全力です。

がっつり詰め込んだ12曲。
言いたい事を言って、歌いたい事を歌う。前回と同様、歌や演奏がどうだったかなんて知ったことじゃないけど、気持ちよかった。楽しかった。

1350043374-picsay.jpg
タカハシくんまたまた写真ありがとう。

「明日」は、もちろんレコーディングで歌ってくれた伸さんにも参加してもらって(ギターも弾いてもらった)よりパワーアップ。それに、モッズのカヴァー「LOOSE GAME」も続けて参加してもらった。
「明日」を作った時点でどうしても「LOOSE GAME」カヴァーしたいと思っていたんだよね。やるなら今しかないと。

1350043422-picsay.jpg

「1971年のレコード」は、10月9日ジョンの誕生日の近くだからやろうかって軽い気持ちで決めたんだけど、尖閣や竹島が問題になっている今、「イマジン」をモチーフに分け合うこと、ひとつになることを歌うのは、ある意味、世界市民とか言ってりゃカッコイイと勘違いしてる幼稚な日本のサヨクキドリと間違えられたら困るなぁと悩んだんだけど、やってよかったと思う。平和は大切。

ラストは5日も12日も「今日ですべてが」。別名、春夏秋冬。ずっとずっと昔から自分にとって転機となる場面では必ず歌ってきた。
アルバム「明日なき世界の明日へ」が完成して、自分の中で一区切りついたっていうか、何かがひとつ終わった。だから、始まりのうたを歌いたかった。

そこにいてくれた人たちに、BCのライヴで、何か、なんでもいいけど、感じてもらえてたらいいなぁ。

それから、the69のステージ。
BCの1stに入ってる曲「I ONLY SING THIS SONG FOR YOU」をカヴァーしてくれたんだけど、これがまた、すげーカッコイイじゃないの~!
これちょっと、裏話があって、本番前、楽屋でみんなで話してた時、伸さんに「BCはけっこう曲あるよね~、その中で封印してる曲とかあるの?」って聞かれて「I ONLY ~」って答えたんだよねぇ。で、なんでってことで、歌詞がちょっと恥ずかしい、よくないって、そんな話をしてたんだよ。
あとで伸さんに聞いたら「まさかその曲が出てくると思わなかったから笑いこらえるの必死だった」って。
前にこのブログにも「I ONLY~」はもうやらないなみたいなことは書いたことがあるんだけど、the69 のアレンジで聴いたら、言葉がすげー入ってきて、なんだよ~、ぜんぜん恥ずかしくないじゃんか~、カッコイイじゃんか~って。

BCではアップテンポでやっていたんだけど、実はこの曲、かなり昔20年近く前、初めてアコースティック・ギターを買った時に作ったミディアム・テンポの曲だった。タイミング悪く当時のメンバーが抜けたりしてバンドでやる機会がなかったのをBC初期のミディアムでなんかやれる技術がない頃にメロディのポップさだけを活かしてアップテンポにアレンジしたから、俺の中で歌詞とアレンジの調和が出来てなかったのかもしれないなぁ。
で、ミディアム・テンポのアレンジで69はやってた訳で、「最初に作った時の雰囲気と似てました」って伸さんに言ったら「そうでしょ~、この曲はシンプルに出した方が絶対にいいと思って」って。

く~。この前書いたばっかりの「どんなに上手なヴォーカリストでも俺の歌は俺以上には歌えない」っちゅーのカッコ悪いけど、取り消し。あんなにカッコよく歌われちゃしょーがない。またひとつ教えられた。
今度、the69 バージョンのカヴァーしようかなぁ。

封印と言えば、5日のライヴでは4年間封印していた「MY PROTEST SONG」やったね。これも今こそ歌いたいと思う曲だったからね。

さてさて、11月は横浜反町NO BORDERでアコースティックでのライヴ。5日の企画バンドだったSOLID BLACKのベーシスト、タツミさんのシリーズ企画「アコーギーズ」です。
もちろん、俺の頭ん中はそれに向かって動き始めてますよ~。

今年はBC史上もっともライヴが少ない年になるのは確実だけど、中身は濃いライヴになってんじゃないかなぁ。

それと最後に、なんだぁ、みんなみんなみんな、尾崎が好きだったのね~(笑)。

set list [BC5AM]

10.12 荻窪CLUB DOCTOR。
来てくれたみんな、どうもありがとう。ココロから感謝します。
スタッフ愛ちゃん、それにいろいろ手伝ってくれたマサヤさん、ありがとう。
それからthe69、伸さん、ほんとにどうもありがとう。

とりあえず今日は、5日の分と合わせてセットリストだけ書いときます。


set list

10.5 寿町 音小屋

① CALL YOU
② 風と共に去りぬ
③ 灼熱の夏と冬の心
④ 残響
⑤ 海岸線に陽は昇る
⑥ 明日
⑦ MY PROTEST SONG
⑧ JERRY BEANS ROMEO & THE FINAL WORLD
⑨ 今日ですべてが


10.12 荻窪CLUB DOCTOR

① CALL YOU
② 風と共に去りぬ
③ SWEET19
④ 革命ロケンロー
⑤ 残響
⑥ 海岸線に陽は昇る
⑦ 明日 with 渡辺伸一 from the69
⑧ LOOSE GAME with 渡辺伸一 from the69 (THE MODS のカヴァー)
⑨ 1971年のレコード
⑩ UNCHAINED MELODY
⑪ JERRY BEANS ROMEO & THE FINAL WORLD
⑫ 今日ですべてが


LIVE WITH ROCK'N'ROLL !!

もしも明日…… [My Life]

明日じゃなくて、日が変わったからもう今日。
BC今年3本目のライヴ。
the 69のマンスリー企画に出演です。

そんで、69の伸さんの日記みたらエレファントカシマシのヴォーカルが難聴で活動休止ってことが書いてあった。
で、検索してみたら突発性感音難聴と診断され手術をして経過はいいみたいなことが書いてあった。
え~!?手術?突発性感音難聴は治療法っていっても点滴でステロイド注入くらいしかないはずなのに。手術って!やっぱ有名人だからか?金があるなら手術する方法があるのか?と思ってもうちょっと調べたら、外リンパ婁とかって、なんだ、突発難聴じゃなかったのね。
さらに検索してみたら、14日に中止になった野音でほんのちょっとだけ歌うって。どーでもいいけど、がんばってほしいよね。

俺ももうこの耳になって丸3年が経つ。
慣れた。慣れたふりかもしれんが。慣れた。
常に少なくても3種類以上の耳鳴りが鳴り響いてる。ブ~ンとかウィンウィンとかピーとかゴーとかガー。

俺は低音が特に聴こえないから、ガンちゃんのベースがなに弾いてるのかなんて分からない。曲作りの時とかは、気になる所はベースだけで弾いて聴かせてもらう。他の音がなければなんとか聴こえる。
右と左の聴力に差があるから、音程が時々分からない。半音の違いは聴き取れない。ギターのフレーズはスケールで考える。半音違いでどっちでもいい場合はメンバーに聴いてもらってどっちがいいか決めてもらう。
ちょっと騒がしい場所や、逆に小声で話さなきゃいけない場所ではノブリンの声は言葉が聴きとりづらいからガンちゃんに通訳してもらう。

テレビは文字放送。BGM的な使われ方のコマーシャルソングのほとんどが分からない。
仕事で接客をしなきゃいけない時とかドリアンさんの講座の時は安物だけど補聴器をつける。電話は苦手、相手が男の人だと話にならないことがよくある。
去年の秋に検査を受けた時は医者に「もうちゃんとした補聴器をした方がいい」と言われた。そんで、あと5年もすれば加齢のせいで高音の聴力も落ちてくるから障害者の認定を受けることになる可能性が高いって。

何度もくじけそうになって、ちゅーかくじけちゃって、たまにアコースティックいっしょにやるナガツマくんに「俺は別に、俺の歌を俺の思うように歌ってくれるヴォーカルがいるなら、俺はギターやるから、もう別にそれでいいんだよ」なんて泣きごとを聞いてもらったこともある。

去年の夏、伸さんのイベント「No Peace No Life」に出演した時はもう最悪の状況で、ステージでも「ちゃんと歌う自信がない」なんて自分で言っちゃったし、それに、お客さんに手紙をもらったんだよ。
もうやめろって。あまりの歌の下手さにびっくりしたって。それで客から金を取るなんて客をなめないでくださいって。
そりゃあ、落ち込みました。

そんでも、俺はやめらんなかった。やめなかったんじゃなくてやめられなかった。やめる勇気がなかった。

「明日なき世界の明日へ」のレコーディングは、俺の歌のせいで、それまでのレコーディングの倍の時間がかかった。2枚組の「4REAL」よりかかった。
倍の時間がかかるっちゅーことは倍の金がかかってるってことなんだけど、メンバーは文句言わずにスタジオ代を割り勘で払ってくれた。

たまたま5日のライヴは調子よかったかもしれない。今日はわかんねぇ。
けどね、これが俺ならそれを見せるしかねぇじゃん。少なくとも、俺にはこんなヴォーカルに付き合うアホなメンバーが2人いるし。そして、ライヴを観に来てくれる人だっている。

こんな事をずらずら書くのって、ちょーカッコわり~。難聴なんか隠しておいて、ちゃんと歌って、そんでほんとに辞める日が来た時、実は難聴でした~、っていうのがカッコイイと思う。そんなことは分かってる。

でもね、難聴の人ってけっこういるんだよ。実際、そのせいでバンドを辞めた人だって知ってるし。最近、俺の知り合いの女の子も程度は軽いけど俺と同じ低音障害型って診断されて、かなり落ち込んでるし。
そういう人がさ、このブログ見るかもしれないからさ、こんなしょーもないブログでも、たま~にアクセス解析なんか見ると1日に200件のアクセスがある日だってあったりして。
俺と同じように難聴で悩んでたり泣き事言ってる人がさ、たまたまこのブログを見て、こんな奴がいるんだって、やめろって言われても歌ってるバカがいるんだって、ほんのちょっと、その人がたった数センチでも前に進む気持ちになればいいと思ってさ。カッコ悪くていいの。

あれから3年間、ずっと音符を探しながら歌ってた。結局、見つけられなかった。
もうそんな歌い方はやめたの。
俺のうたを俺がうたう。どんなに上手なヴォーカリストでも俺の歌は俺以上には歌えない。
今年311のライヴの時、いつものように途中で音が分かんなくなってアンプに耳を近付けた時、なんとなく分かったんだよ。
それはきっと、俺が聴かなきゃいけないのはこんなちっぽけな箱から出てる音じゃないってことなんだよ。

今日のライヴは荻窪の地下室で、空と一緒に歌ってみようか。

ライヴが終わって、俺になめられたと思った人がいたら金返してやるから、みんな19:30にクラブ・ドクターに来てちょーだい。

んで、来れないって人は、それぞれの場所でハッピーでいよう。
そうだな、そんで今度、沖縄の話でもしようか。


もしも明日 俺が音を失くしても ロックンロールが響き続けるだろう
もしも明日 俺が言葉なくしても ロックンロールが語り続けるだろう
もしも明日 俺が光失くしても ロックンロールが照らし続けるだろう
もしも明日 俺が空を失くしても ロックンロールが羽ばたき続けるだろう
――――――BC5AM 「明日」 


☆10月12日(金)

荻窪club Doctor

the69 Monthly two man
「live with ROCK AND ROLL 2012」

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/atDOOR ¥2000/¥2500

出演
the69
BC5AM
DJ/z(高円寺海賊放送)

BCは19:30~の出演です。

幸せの情景 [Scene]

くるみを引き取った時に前に通っていた動物病院で情報をもらったんだけど、去年の9月にワクチンを接種していたみたいで、それから1年が経ったから、昨日動物病院に行ってきた。

どんなことにもめげないくるみは注射を打たれるその瞬間だけ嫌そうな感じだったけど、その後は別にいつもと変わらずのオキャンピー。
ちゃんぷるだったら注射が終わったらすぐに飛びついてきてしがみついてくるのに。

そんで、注射してもらって待合室で会計を待っていたんだよ。
そしたら、老犬を抱えた老夫婦が入って来て俺の隣に座った。
おばあさんに抱えられたその犬は、プードルかなぁ?毛並みももうボロボロで、きっともう立つことも出来ない、吠えることも出来ない、それに白内障と思うんだけどおそらく目も見えていない感じだった。

一見すると、寂しく見えてしまうんだけど、でも、それは本当はとてもとても幸せなことなんだと思った。

なんちゅーの?キルティング?でいいのかな、昔、俺が中学生の頃に流行った巾着袋の生地のやつ。その生地で犬のサイズに合わせて、たぶん手作りだと思われる赤いチェックのマットに包まれて、大切に抱えられて、時々、おばあさんは耳元で何か声をかけながら背中のあたりをぽんぽんと優しくたたいたり撫でたりしている。

そのうち名前を呼ばれて、今度はおじいさんが抱きかかえて診察室に入って行った。

あのワンコが何歳なのかは見当つかないけど、その歳まで生きて今も大切にされている。こんなに幸せなことはないと思う。
あの3人にはきっとたくさんの想い出があると思うし、今はもう歩くことも、おじいさんとおばあさんの顔を見ることも出来なくても、あのワンコは毎日幸せを感じて生きていると思う。

ああいうの見ちゃうと、俺はなんとしてもちゃんぷるとくるみより長生きしなくてはならないと思ってしまうよね。

だから、ライヴは死ぬ気じゃやらない(笑)、7メートルの照明塔から飛び降りるのもやめた(笑)。
生きるために歌う。

それと、もうひとつ。

本当なら、福島のあの場所にいたワンコたちとその家族にもそういう未来があったはずなんだ。
それを奪った原発は、もういらない。
俺が原発をいらないと思う理由はただそれだけ。自分の頭がいいと思っている奴らはそんな理由を笑うんだろうけどな。
経済がなんだっちゅーんだ。
すべてはかけがえない。それに気付かなくちゃ。

かけがえのない君のために叫ぶ。

NO NUKES!



☆10月12日(金)

荻窪club Doctor

the69 Monthly two man
「live with ROCK AND ROLL 2012」

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/atDOOR ¥2000/¥2500

出演
the69
BC5AM
DJ/z(高円寺海賊放送)

BCは19:30~の出演です。

夢叶う [My Life]

昨日のブログに大切なことを書くの忘れた。

昨夜、俺のほんとにささやかな夢がひとつ叶いました。

やっと、やっと、やっと、ノブリンの許可が下りて、ついに、ついに、ついに、言うことが出来ました。

「こんばんにゃ、BCです」

あれは言いまつがいではありません。噛んだ訳でもありません。俺ははっきりと「こんばんにゃ」と言いました。

普段から「こんばんにゃ」と言い続けて早10年。ライヴのためのリハの時とかに言ってたら、ノブリンに「本番では絶対に言ったらダメだ!」とかなりきつく言われていたので、ずっと「こんばんは、BCです」としか言うことが出来ませんでした。

しかし、昨夜のライヴ直前、ステージ袖で俺は涙ながらに訴えたのです。
「俺は、これが最後のライヴになるかもしれないっていう覚悟でステージに上がるんだ。そして、もし、本当にこれが最後のステージになったとしたら、俺は『こんばんにゃ』と言わなかったことを一生後悔することになる。だから、今日は『こんばんにゃ』って言わせて下さい」と。

そしてついに、バンマスの許しをいただけたのでした。

そこで一句。

こんばんにゃ途上の秋に夢叶う

やっぱ俳句はダメだな。

ちゅーか、めちゃくちゃ眠い。
ライヴの後って、体は疲れてるけど頭冴えちゃっててぜんぜん眠れない。酔っぱらってしまったらいいのだろうけど、俺は飲まないからなぁ。
そんでも今日は仕事に行かなきゃいけなかったから、明け方4時過ぎには寝たの。

そしたらさ、校庭のスプリンクラーが回り始めて、それがハンパない水量でさ、俺は泥だらけになって遊んでたんだけど、セーラー服のLittle Girl 三人がそのハンパない水量に打たれてキャーキャーはしゃいでてさ、俺はそれを見ていたんだけど、そのうち一人のLittle Girl が横倒しにされて、残りの二人がそれぞれ横倒しのLittle Girl の両手と両足を持って左右に振り、勢いをつけて水源であるスプリンクラーに投げ込んだんだよ~。そんで「女って恐いな~」と思いながら泥だらけのまま教室に戻ったら、俺の席になぜか校長先生(年輩の女)が座っていて、隣の席の不良娘といっしょに担任の先生に怒られてたの。で、「校長の方が教頭より印象いいよなぁ」って、それは金八先生のイメージのせいだろって思ってたら、俺はいつのまにかチャリンコに乗っていたんだけど、そのチャリンコっていうのは度々他人の家から勝手に拝借しているチャリンコで、拝借している以上きちんと返すのが仁義ってもんで、いつものようにコソッと鉄の黒い門を少しだけ開けて、もう一台置いてあるママチャリの隣に返したんだけど、その時「おーい、ちょっと待ってろ!」って家の中からオッサンの声がする訳。やべ~見つかった~って思っていたら、サッシが開いてオッサンが俺に青いスリッパを二足投げてよこしたんだけど、そのスリッパっちゅーのが、いかにもスリッパっていう、グループ魂が頭をひっぱたいてるのと同じやつで、しかも、一足には中学生の上履きばりに意味の分からん落書きがマジックで書いてある訳で、俺はなんでこんなもの渡されたのかまったく分からなくて、そしたらオッサンが、「お前、あそこの2階まだ片付け残ってんだろ。床汚ねぇからそれ使え」って言って家の中にさっさと入ってしまったんだけど、俺はどうしてもお礼が言いたくて、その家の周りをうろうろしてたら、ウチの親父が歩いて来て「東戸塚の~」だとか「バレーボールが~」だとか話しかけてくるんだけど、俺はとにかくオッサンにお礼が言いたくて家の中をうかがっている訳だから、親父のことはシカトしていたら「おい!聞いてんのか!」って言うんで「今それどころじゃねぇんだ」って言ったら歩いて行ってしまった。そして、オッサンが再び現れた時は立派な警備員の服装をしている頭はバーコードだったんだけど「どうもありがとうございます」って言ったら「おー、がんばれよ」なんて片手を挙げて答えたからやっと気が済んで歩き始めたのだけど、その、「あそこの2階」っちゅーのは俺が高校生の時に住んでいたボロっちぃアパートのことなんだけど、「あそこは引っ越しの時全部片付けたはずだぞ」なんて思いながらとりあえずアパートへ行ってみるかと歩いて行くと、踏切を渡りすぐに左折した所でサイレンが聞こえたのだけれど、その時俺を走って追い抜いたワンコが道路に寝そべっていた2匹のニャンコに「巻き込まれたら大変だから早く逃げた方がいい」と言ってニャンコも慌てて走って行ってしまったから、「何があったんだ?」と思って振り返ったら、ワンコが7、8頭ガウガウ、ワンワン何かに必死に飛びかかったりしていて、それはもう尋常じゃない状況で、俺はとっさに「動物虐待は絶対に許さねぇ!スリッパでひっぱたいてやる!」と思ったら手に持っていたのはごくごく普通のタオルだったのだけど、とにかく動物虐待は許さないので、急いで現場に行ってみるとちょっと離れた場所で様子を見ているオバサン2人以外に人間の姿はなく、ただワンコたちの大乱闘だった訳で、それでもまぁ、俺はタオルを振り回し仲裁をしたのだけれど、茶色と白の柴犬がタオルに噛みついていつまでも離れなくて手こずっていると、様子を見ていたオバサンの一人が「そいつは野良だから大変だよ」なんて言うのであって、それでもまぁタオルを振り回し、やっとの思いでその野良を振りほどくと、再び校庭のハンパない水量のスプリンクラーが回り始めた訳で、今度はその水をかいくぐってスプリンクラーの反対側に行ってみると、そこでは陸上競技のユニフォームを着た美脚セクシーアスリートが水浴びをしていたのであり、「なんだよ~セーラー服のLittle Girl よりこっちの方がいいじゃんかよ~」というシーンで時計をみたら5:59。

2時間しか寝てない訳。もう一度、寝ようと思って横になっていたんだけど、ぜんぜん寝れなくて、そのうちライヴの改善点なんか思いついたりして、次のライヴはこうしようとか、そんな感じで寝不足ですよ。

では、12日、「こんばんにゃ」は一番最初だから、19:30に来てね。


☆10月12日(金)

荻窪club Doctor

the69 Monthly two man
「live with ROCK AND ROLL 2012」

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/atDOOR ¥2000/¥2500

出演
the69
BC5AM
DJ/z(高円寺海賊放送)

BCは19:30~の出演です。

10.5 音小屋 [BC5AM]

5日、音小屋、ありがとう。

久しぶりの横浜。久しぶりのライヴ。

いつもの都内でのライヴと違って、今日は俺の地元横浜。
時間に余裕があったのですが、やっぱりね~、迷子になって遅刻。店の周りをぐ~るぐる。と思っていたら、店の周りじゃなかった。いくら探してもある訳がない。とほほ。

1349439451-picsay.jpg
タカハシくん、いつも写真ありがとね。

来週もあるから、セットリストは書かないよ~。けど、もちろん今日とは違う曲をやりますからね。

1曲でぶっ倒れるつもりだったのに、全9曲、最後までやってしまった。なんだ俺けっこう体力あるじゃん。

最後はギターぶん投げたんじゃありません。落ちてしまったのでそのままになっちゃっただけです。僕はギターを粗末に扱ったりしません。ウチに帰って最初にしたことは、ギターを磨きました。当たり前です。

演奏とか歌がどうだったかなんて知ったことじゃないけど、久しぶりにぶっ放したんで気持ちよかった~。

来週こそ1曲目でぶっ倒れるかもしれないので、BCを観たい人は19:30にクラブ・ドクターに来ること。
倒れなかったとしても7メートルの照明塔から飛び降りて両足骨折するかもしれないので、遅れないように(BCはいまだに尾崎ブームですみません)。

ちなみに24th Decemberと対バンでしたが、今日はサリーちゃんとちゅーはしてません!


☆10月12日(金)

荻窪club Doctor

the69 Monthly two man
「live with ROCK AND ROLL 2012」

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/atDOOR ¥2000/¥2500

出演
the69
BC5AM
DJ/z(高円寺海賊放送)

BCは19:30~の出演です。

ノル [ちゃんぷる]

Image767.jpg

Image768.jpg

昨夜、はしゃいで図に乗りすぎたくるみは、うっかりちゃんぷるの背中に乗ってしまい、ちゃんぷるに怒られて、恐怖のあまりさっさとひっくり返っていました。
公園で見かけたバッタのようにはいかなかった。残念。

さて、今日5日はBCのライヴです。久しぶり7か月ぶりです。久しぶりの横浜です。
図に乗らず、背中に乗らず、ロックンロールにノルだけです。