So-net無料ブログ作成

文字力 [BC5AM]

昨夜、15日の撮影から約2週間ぶりにメンバーで集まってジャケット、ブックレットを作った。
まだレコーディング終了してないけど。いつも録音が終わってから写真撮ったりしてバタバタと作るから、今回は余裕を持って早めに作成を開始した。

4枚目にして初めてメンバーの写真をジャケットにする事にした。1stもまぁ、俺なんですけどね。
カッコイイっすよ~。俺が。

a manana01.jpg

夏に発売なのに春爛漫です。
どう?カッコイイっしょ。ちなみに裏ジャケもかなりカッコイイです。

今回のは前3作と違ってタイトルが日本語で言葉そのものに意味がある。前の3枚のタイトルは記号みたいなものだったでしょ。「Nothin' but love」は響きがいいからってだけでそれほど深い意味は無くつけたし、「4REAL」「7x3」はもうほんとに記号でしょ。まぁ、ちょっとは意味あるんだけどね。それほど言葉が主張してないっていう、そんな感じだった。

今回のは「明日なき世界の明日へ」。前3作とは重みが違うよね。
そこでですよ。よりこの言葉を生かすためにタイトル文字、がっつり書いてもらいました。

高校の時の同級生の女の子が書家?書道家?習字の先生?なんて呼んだらいいのかよく分からないけど、そういう感じで、去年の秋ごろに展覧会があるっていうんで行ってきた。

「言葉の力」っていうのは当然分かっているつもりだったけど、展覧会に行って「文字の力」に圧倒された。うわ~、すげ~カッコイイって。俺の同級生、雅号で石川祥宝さんっていうんだけど、その展覧会で「鳳」というたったひと文字の作品を出展してて、なんか文字そのものが生きているっていうか、そこに何か魂のようなものが宿っているような、そんな感じでメチャクチャカッコよかった。すっかり圧倒されて、他の人の作品も大人から子供までほんとに面白いものばかりで、会場の隅から隅までじっくり見入ってしまった。

で、3月になってジャケットとかどうする?って話になった時に、思い切って頼んでみたって訳。

そして出来上がったのがこれ。
もうぜんぜん違うよね。文字の力。それって人間の生の力。俺はそういう力を信じるから。
もしコンピューターで作ったとしても、そういうパワーってまったく感じる事出来ないもんねぇ。

「言葉の力」と「文字の力」のケミカル・ミクスチャー。ほんとにいいジャケットが出来たと思うよ。
石川祥宝さん、どうもありがとう。

そんな感じで、レコーディング残りわずか、がんばろう。
けど、風邪っぽいんだよなぁ……。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いじけ虫くん [ちゃんぷる]

今日ちゃんぷるは狂犬病の予防接種を受けてきたらしく、俺が家に帰ったら、右前脚に止血のためのテープを巻かれてた。

それを剥がしてやろうとしたんだけど、暴れて逃げる。

仕方がないからそのままにして、しばらくたってからもう一度つかまえて「おりこうさん、おりこうさん」等となだめつつ、ゆっくり剥がしてやろうとしたんだけど、テープに毛がくっついて剥がすとちょっと痛いみたいで、噛みつく真似なんてして(ちゃんぷるは噛みついたりはしない)逃げる。

あと一回りで取れるという所まで剥がしたんだけど、逃げるから、剥がれかけのテープは右前脚からダラ~
っとぶら下がったまま。

そしたら突然「わ゛あー」と叫んだから、何かと思って見たら、右後脚にテープがくっついてた。

自分の後ろ足でぶら下がったままだったテープを踏んづけて、そのまま歩こうとしたから一気にテープが剥がれたみたい。

かわいそうだけど、笑っちゃう。間抜けですね~。
せっかく、ゆっくりなるべく痛くないように剥がしてやろうとしてたのに、自分で一番痛い剥がし方しちゃうなんて。

それからしばらく、いじけてました。

Image647.jpg

そんな顔されたって、俺のせいじゃないよ~。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

当たる [ちゃんぷる]

先週末はかなり充実した2日間だったのに、今週はちょっとうんざりするような事ばかり。

ONOchan、センチメンタル体質ですがトラブル体質でもある。
なぜか知らんがそういう事に当たる。すっかり慣れてはいるが面倒くせぇ。

私、「欲は無く 決して怒らず いつも静かに笑って」いようと心がけているので、おとなしくしてると、アホどもがすっかり調子にのる訳で。仕方ないからその分はきっちりお返しさせて頂いた訳で、かわいそうに、今さら謝ったって遅いよ。
あぁ、なんて悲しい人たち。

だからさ、誠実に生きなきゃいかんっちゅー話さ。誠意を持って人に接しなきゃいかんっちゅー話さ。

まぁ、そんなアホどもにいちいち頭にきたり、思い煩ったり、そういう無駄な事はほとんどしないで、それ以外の時間はいろいろ楽しんだりしてんだけど。

友達が店長やってるバーがさぁ、実はちゃんぷるも一緒に入れる店だったと今さら知って、この前、深夜に行ってきた。店長は休みでいなかったけど。

Image643.jpg

ちゃんぷる、深夜にカクテル。

この店、料理も旨いから、お酒は飲まない俺でもたまにメシ食いに行く。ちゃんぷるも一緒に行けるって分かったから、今まで以上に行くようになるだろうなぁ。

そんな感じで、不運やトラブルにも当たる事がありますが、懸賞に当たる事もある。今日帰ったらポストにこんなものが入ってた。

Image646.jpg

お父さんトートバッグ。
いつ何の懸賞に応募したのかぜんぜん記憶にないけど。
たぶんケータイに毎週送られてくるソフトバンクのギフトメールに、とりあえず応募のボタンをクリックしておいたんだろうな。

ラッキー!
まぁ、だいたい俺はラッキーな人生だと思うよ。

あ、話ぜんぜん違うけど今度映画で「グスコーブドリの伝記」やるんだね。「銀河鉄道の夜」と同じ猫のキャラクターで。声は小栗旬だって。

楽しみだなぁ。

グスコーブドリの伝記
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

希望の詩 [BC5AM]

11日にレコーディングあったっしょ、それから3日間で合計10時間ちょっとしか寝てなかった。何してたかっちゅーと14日のレコーディングと15日の撮影に向けて準備。もっと楽に出来る予定だったんだけど、もっといい事思いついちゃったんだよねぇ。そしたらやるしかないじゃん。

そんな訳で14日も早朝6時までコツコツ作業を続けたが終わらず、とりあえず寝た。

12時からレコーディングだから、俺の遅刻を心配したガンちゃんから10時半にモーニングコール。あぁ、なんて不愉快な目覚め。

俺は当然遅刻で13時前にスタジオ入り。リズム隊の事は2人に任せておいて、スタジオのソファでテレキャスターの弦を張り替えた。

去年の5月から始めたレコーディングもとうとう最後の1曲「明日」の録音に入った。
22年前の4月から始まった俺のバンド人生もとうとう最後の1曲「明日」の録音に入った。って事はないけど、この曲はそれくらいの覚悟で書いた。

14時前にドラムとベースの録音終了。NOBU&GUNNchanのNGコンビはこれで、ドラム、ベースすべて終了。あとはコーラスやジャンベとか。とりあえずお疲れさん。

続いてメインのギターを、レゲエマスター、マーシャルで。いい音がする。してるはず。
連日の睡眠不足で、俺の耳はヘッドフォンを使った状態ではほとんど使い物にならず、コントロールルームでガンちゃんにちゃんとチェックしてもらっておいた。
2テイク目を採用してちょこっと直し。

次にアコースティックギター。この曲には無くてもいいパートかもしれないけどどうしても入れたかった。
「明日」には俺とロックンロール・ライフを共にした3本のギターを入れる事に決めてた。
14年前に買ったヤイリのアコギは、もうフレットを打ち直さないといけない位になっているんだけど、このアルバムのレコーディングはボロボロのままやりとおした。よく聴けば、所々ビリってるはず。それが俺のアコギの音。俺とこのアコースティック・ギターの14年間の音。

そしてそして、この日もゲストが来てくれました。
わざわざ福島からバスに乗って来てくれた、サチ丸の登場です。

まずは「愛の讃歌」のヴォーカル。このカヴァーはサチ丸が歌ってくれなければレコーディングはしなかった。最初っからツインヴォーカルにする予定でレコーディングを始めた。ライヴでやってるよりキーを上げてる。

1テイク目、歌いだしてすぐサチ丸の歌の素晴らしさにガンちゃんは驚愕し、ノブリンは「おのちゃんの歌いらねぇなぁ」と。
お願いです。薄っすらでいいんで僕の歌も採用して下さい。そんで、もし新しいバンドを結成する計画を立てるなら、僕もギターで誘ってください。言う事聞くから~。

そんな感じで2テイクくらいで終了。ちょっとだけ手こずった所はきっと渡してあったCDに入れてあった俺の仮歌がいけなかったんじゃないか?
予想をはるかに上回る出来栄え。ミックスが楽しみ。

ところでカラサワさん、今日は助手がいるんですか?

Image635.jpg

続いて「海岸線に陽は昇る」にサチ丸のヴォーカル。
エンディングのコーラスを入れてもらうつもりでCDを渡しておいたんだけど、「歌いたいとこ歌ってもいい?」と言ってくれて、そりゃあもうもちろんOKって事でお願いした。

「想いは届く ココロは伝わる」「遠い空 同じ月」

1年前のいろいろな事、想い出しちゃうんだよ。
サチ丸は福島のあのワンコの家族探しにも協力してくれたんだ。
もうやばかった。鳥肌立つし、泣きそうだし。コーラスで参加してくれる子供たちも来てるし、我慢しました。

前にガンちゃんがアイデアを出してたコーラスもやってくれて、ガンちゃんも大絶賛でした。
あの~、もし新しいバンドを……。

エンディングのコーラス、ちゃんぷると声の共演楽しんでくれたかなぁ?

そしてそのままエンディングのコーラス。本日2組目のゲスト。
知り合いの女性の子供3兄弟が来てくれました。
とも君、なお君、ひろ君の3人とサチ丸、スタッフ愛ちゃんで。

Image636.jpg

子供の力って無限大だね。大人には出来ないミラクルが起こる。
6年生、4年生、1年生の3人。元気なコーラスを2本歌ってくれた。
この曲の意味をどれだけ分かっているか、いや分かってなくてぜんぜんかまわないんだけど、いつか成長した時、「そういえばあの時の歌って……」ってほんの少し思い出してくれたら、それがこの曲の意味。
それが「いつか君と奏でる 希望の詩」。
音楽はきっと鳴りやまない。誰かのココロの中で。それが俺の希望。

とも君、なお君、ひろ君、それからサチ丸、お疲れ様。本当にありがとう。

予定していた分は録り終わったんだけど、まだ40分ほど時間があったから「明日」にサイドギターを。
テレキャスター。このギターはもう22年間共にロックンロールしてきた。俺のすべてを知ってる奴。
1番最初のバンドを結成する時に当時のヴォーカリストが横浜で手に入れたフェンダーの国産。そんなに高くない。そういえばそいつがこのギターを買った時、その場に俺とガンちゃんもいた。
そしてそのヴォーカリストがバンドを辞めた時、俺はこのギターを受け継ぎ、あろう事かヴォーカルまでやる事になってしまった。

曲の事を考えたらアンプはマーシャルの方がいいような気がしたんだけど、このギターは長年JCで鳴らしてきた。だからもちろんレコーディングでもJC。当時で7万円くらいの安物だけど、どんなギターにも、50万、100万するギターにも負けない、真実の音を出す。

1テイクでOK。モニターしながら数か所だけ直し。時間がなくなって最後までモニターしなかったけど、大丈夫だろう。

これで俺のギター・パートはすべて終了。
お疲れ様、3本のギターたち。お前らのおかげで俺の人生はこんなにも豊かになった。

あと残っている俺のパートは「明日」のヴォーカルと「海岸線~」のウクレレ。あと少しだなぁ。

打ち上げは子供たちも参加で盛り上がった。
俺は終始ひろ君に絡まれまくりで、楽しかったよ。くすぐられたり、ふーふーされたり、足引っ張られたり、指相撲したり。
みんな「もっとレコーディングやりたい、次いつやるの?」なんて言ってくれて、楽しかったならよかったなぁと。
もしも将来バンドマンになったりしたら、嬉しいよね。けど、そうなったらお母さんゴメンネ。

みんなと別れてBCチームは翌日の撮影のためノブリン宅へ。
一息ついてすぐ、前日に終わりきれなかった作業の続き。NGコンビはそばを食いに行った。どんだけ食うんだよ。
画用紙、糊、鋏、もくもくと作業を続けて3時前。アートに妥協は出来ません。その間にNGコンビで旗に棒をくっつけてた。
シャワーを浴びて3時半ごろ寝た。

15日はおまわりさんに起こされた。
ノブリンとインターフォンのおまわりさんの会話が聞こえる。「車を停めてませんか?」とか「いたずらされてるんでお知らせに」とか。
ブランケットにもぐって寝ぼけ半分だった俺でもさすがにとび起きました。
車の中には撮影で使うつもりの楽器が積んである。まさか車上荒らし……?!

慌てて玄関に行ったら、やっぱり楽器の事が心配で先に外に出ていたガンちゃんが「ミラー折れてる」って。
外に出たら俺のも愛ちゃんのもミラー折られてた。
楽器は無事。

なんだぁ、ミラーかよぉ。軽く笑っちゃう。あとで言ってたけどガンちゃんも「俺の車じゃないけど、何だ、ミラーかって思った」って。
おまわりさんがワイパーの所にのせてある折れたミラーを指して「そっちに落ちてました」と。近くでも同じような被害が出ているらしい。さすが松戸。

被害届出しますか?って言うんで、ついでだから出しといた。
しかしミラーないと撮影に行くのに高速道路が危険。って事でノブリンがガムテープでくっつけた。

Image638.jpg

理想の桜を探して出発。途中ノブリンがこっそり一眼レフカメラなんかレンタルする事にしていたらしく、そこに寄ってから、愛ちゃんの案内で筑波山のふもとへ。
最初は福島に行くつもりだったけど、今年は桜の開花が遅かったからそこまで北上しなくてもまだ大丈夫だろうという事で筑波山。個人的には1年後の福島に行きたかったのだけど、それはまた別の機会に行く事にしよう。

なんか遠足みたいで楽しいね。現地についてとりあえず飯を食ったんだけど、その頃から俺の頭の中ではブランキーの「15才」が鳴ってた。

♪いつか今の事が懐かしく感じるのかもしれないね

15才なんてとっくの昔に過ぎ去った41歳でもロックンロールのせいで、特別な経験をさせてもらってる。

車で走りまわってみたけど、なかなか理想の桜が見つからず、駐車場に停めて探検。こりゃあ来る途中の農道にあった桜の所まで戻らないとだめかなぁと思っていた矢先、高台の上から見下ろすとまわりに人がいなそうな桜の木が。階段を駆け下りてそこまで行ってみると、まさに理想的なシチュエーション。おまけに木の下に石がごろごろ置いてあって、時々薄紅色の花弁が音もなく降り、俺にとっては奇跡の桜。

車を移動して、着替えたり準備をして撮影。向きを変えたり試行錯誤しながら何本か撮った。
さて、どんな映像が撮れたでしょう?そのうち公開します。

晴れて暖かかったのに、15時過ぎてから急に風が出てきて寒くなった。
16時頃に、来る途中で見つけた桜並木の道に移動。これがまた人がほとんど歩いてない素晴らしい道。
日が暮れるまで延々とジャケ写の撮影。ギター担いでポーズをとったり、歩いたり、ふざけたり。
メチャクチャ寒かったけど、楽しかったなぁ。

愛ちゃん、撮影お疲れ様。

夜、ノブリンの家に戻って撮った写真を見てみると、さすが一眼レフ、すげー!ノブリン、ナイス。
かなりいい写真が撮れた。

大量の写真の中から、さっそくどれを使うか3人で決めた。あーでもない、こーでもないと、この作業がまた楽しいね。

そして家に帰ったのは1時半ごろ。あ~疲れた。
ちゃんぷる、いい子にしてたか?そーかしてなかったか。

サチ丸がくれたちゃんぷるへのお土産。

Image640.jpg

ありがとわん。

あんまり寝てないし、疲れたけど、楽しい2日間だったな。

全てにおいて今回のアルバム最高の出来になるに違いない。
「明日なき世界の明日へ」初夏ごろ出来上がると思うよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

路地テロ仲間 [BC5AM]

満開の桜も散ってしまうかな?
朝起きて(と言っても昼過ぎ)ちゃんぷると散歩をしたかったのだけど、雨が降っていて行けず。残念。

11日は、またまたレコーディング。

15時に一人でスタジオ入り。
さっそく、この前ドラムとベースを録音した「残響」にアコースティック・ギターを。

まずカポを使って後半の半音転調する前まで。3番はちょっとだけ指弾きを入れた。
その後カポを外して転調以降を。
あれれ~、あれれ~、と思っているうちに順調に終了。

そしてそのまま「残響」の歌入れ。
そーなんよ、あれれ~なんよ、アコギを録っている時から思っていたんだけど、なんか分かんないけど今日は音がよく聴こえる。変なクスリはやってませんよ!

2テイク目を数か所直し。それもサクッと終わって終了。
調子悪いと半音の違いとか判別出来ないから、転調の所とかきっと何回もやり直す事になるだろうって思っていたんだけど、歌詞を間違えたっていうくらいでほぼOK。
ウォーミングアップも含めて1時間足らずで録り終わっちゃった。
エンジニアのカラサワさんも「なんか昔のおのださんの感じですねぇ」なんて言ってた。

そのまま、この前何度やってもおかしかった「ALL THINGS MUST PASS」の一か所を直し。これもさっさと終了。この前あんだけやって出来なかったのに、何なんですかねぇ。
さらに「言乃葉ひらり」の一か所、気になっていた所も修正。

「残響」の歌入れと「ALL~」「言乃葉~」の直しで2時間の計算をしていたんだけど、1時間で終わり。耳が聞こえると楽ですね~。

そんな感じで次は「言乃葉~」にエレキ・ギター。効果音的なものだから数か所だけ。

そして「残響」のエレキ・ギター。レゲエ・マスターでエフェクター使わずマーシャル直。
1テイクで終了。らくしょー。

今日はゲストが2人来てくれるんだったんだけど、2人が来るまでにまだかなりの時間がある。
で、時間がある時にやろうと思っていた、前にICレコーダーに録音しておいたちゃんぷるの声を「海岸線に陽は昇る」のエンディングのコーラスの所に録音。
やってみたら、録音しておいたちゃんぷるの声全部でちょうどいいくらいの長さ。かなりいい感じ。
あの曲はみんなで歌えるメロディをと思って作ったから。ワンコもニャンコも。だからちゃんぷるはワンニャン代表。

さて、時間余った、何しようか。
大切な時間を無駄にはしませんよ~。
って事で、「海岸線~」と「言乃葉~」の三線の音の調整を。これはほとんどカラサワさんにおまかせ。
それから「限りなく永遠に近いブルー」のピアノの調整。
これでミックスの時に時間をだいぶ短縮出来る。
そうこうしてるうちにガンちゃんと本日のゲスト、シューヘイ到着。

シューヘイは俺がBCの前にやっていたバンドTHE BAD NEWSの最後に手伝ってもらった。
ドラマーが抜けてしまって、残った3人でアコースティックでライヴしたりしてたんだけど、その後メンバーの都合で解散する事になって、最後はちゃんとした形で終わりたいねっちゅー感じで知り合いのシューヘイに声をかけたらヘルプしてくれた。
その最後の2本のライヴはほんとにすごくいいライヴが出来て、今でもその2本のライヴの事は忘れてないし、セットリストだって覚えているくらい。
その頃「路地裏のテロリスト」っちゅーシリーズイベントを友達のバンドと企画していたんだけど、シューヘイのおかげでそのイベントで俺たちは盛大に解散する事が出来た。
その後はGRUM&CLUCHっていうバンドでBCの企画したライヴに何度か出演してくれた。

そんで、去年の秋、友達のライヴに行ったら、すっげー久しぶりにシューヘイに会って、「今レコーディングしてるんだけどドラム以外でなんか出来るか」って聞いたら「オカリナ出来ますよ」なんて言う訳。
俺はちょうどその頃、オモチャみたいなプラスティックのオカリナを買ったばかりで、これ「言乃葉~」に使ったらいいんじゃないかなぁ、なんて考えていた所でなんて奇跡的なタイミング。その場でやってもらう事をお願いした。こういう巡りあわせ、大切だよね。

シューヘイがオカリナを録り始める頃、もう一人のゲストTHE CLEVERSのコージとノブリン到着。

やっぱ、ちゃんとしたオカリナっていい音出るね~。俺が持ってるオモチャとは違うね~。
フレーズを確認しながら、ピッチを合わせていく。吹き方の強弱だけでも微妙な違いが出てくるのかな。オカリナってちゃんとやったらきっと奥が深いんだろうなぁ。
コントロール・ルームでカラサワさんも、俺たちを指して「この雰囲気にはない清らかな音が流れてますね~」なんか言っちゃって。
オカリナの繊細な音でより「言乃葉~」の世界が深まった。

続いてコージ。仕事が長引いて終わっていないのに現場を抜け出して作業着のまま来てくれた。大丈夫か~?
コージともTHE BAD NEWSの頃友達になったから、もうずいぶん長い付き合いになるなぁ。なんかのイベントで1回だけ出演したチッタの楽屋で初めて会った。俺たちのリハーサル見て、「ねぇねぇ、モッズ好きでしょ~」なんて話しかけてきて。あれ、もう15年くらい前か?
なにより2年半前、俺が難聴で入院、療養で音楽が出来ない時、すでに予定が入っていた2本のライヴに俺の代役でヴォーカルを引き受けてくれて、BCはライヴをキャンセルせずに済んだ。ちゃんとBCの曲覚えてギターも弾いてくれたんだよねぇ。

「ALL THINGS MUST PASS」まずはガンちゃんと二人でエンディングの長~いコーラス。ガンちゃん息継ぎ大丈夫か?
コージは歌のうまいヴォーカリストだから心配いりませんよ。1発でOK。
コージは1回聴いただけで高音のファルセットもいけそうな感じだったから今度はONOchan&KOJIのOKコンビで。これも1テイクで終了。
予定してなかったファルセットのコーラスも入れてくれてかなり厚みが出た。いい感じ。
そして最後に「残響」の後半、ROCK'N'ROOOOL!のシャウトを1発。このシャウトかなり重要。

これでちょうど終了時間。今日はまったく無駄のない進行でした。

Image634.jpg

ほんとにありがとう。
あ、後ろでのぞいてる奴には言ってないから!

終わって、コージはすぐに現場へ。今度必ず奢るからね~。

今日は、ノブリンが沖縄料理の店行ってみない、って言うんで4人で行ったらこれがまたメチャクチャ旨かった。
名前忘れたけど、ちっちゃいカワイイ魚いいね。なんだっけ?

さぁ、まだウクレレとか残っているけど、ヴォーカルで残っている曲はあと1曲。
いよいよ本当に終わりが近づいたなぁ。完成させなきゃいけないんだけど、なんかちょっと寂しい感じだね。ほんと毎回楽しんでレコーディング出来てるから。

3日後、14日もあるからね。俺はギターだけの予定だからけっこう気楽なんだけど。この日もゲストが来てくれる。楽しみだなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蔵出し2 [BC5AM]

リーゼント野郎と派手な男。

15.jpg

これ、カッコイイねぇ。
ガンちゃんのリーゼント、貴重です。BCになってからほとんどしてないもんね。
なぜならガンちゃんはハゲるのが恐いからです。守りに入ってます。
はげもしねぇで男と言えるか!

16.jpg

いやぁ、派手ですねぇ。
こんなシャツどこで買ったんですかねぇ。
ヴォーカルより目立たないでくれる?ただでさえでかいんだから!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蔵出し [BC5AM]

アルバムのレコーディングもそろそろ終わりに近づいた。

そんな訳でブックレットの作成にちょっとずつ入っている。
まぁ、作るのはノブリンががんばるんだけど。

俺、あんまり自分たちの写真ベタベタ貼りまくってるブックレットってあんまり好きじゃないからさ、今までの3枚は自分たちの写真は少なめに作ってきた。

けど、今回のは俺たちのラスト・アルバムだから(だからって解散する訳じゃないけどね、金かけてアルバム作る事はもうないと思うっていう話、その話はまた今度)今までの写真を大量に使おうかと。

BC5AMっていう名前のバンドが誕生して実は今年で10年なんだよね。気にしてなかったし、別に特別な事をする気もないけど、ふと気づけば節目の年だし、今回のアルバムのコンセプト的にも、ケリをつける意味でも過去もちゃんと映そうと。俺は後ろ見ながらで前に歩くアマノジャクだから。
アルバムのコンセプトは「明日なき世界の明日へ」ってタイトルで分かるっしょ。

そんで、今まで自分たちで撮ったものやいろんな人に撮ってもらった写真を昨日から見直して面白そうなのとかカッコイイやつとかピックアップしてたの。

かなりの枚数があるんだけど、この作業がなかなか楽しい。気付けば100枚近く選んじゃってた。
いくらなんでもそれは載せきれないと思って30枚ほど削ったけど。

けっこうプライベートな写真もありで、今回のブックレットなかなか楽しめるんじゃないかな。俺が。

今回レーベル通さないから、プレス枚数かなり少ないと思う。売り切れ必至。
完成の目処が立ったらホームページで予約受付するからね、きっと。ノブリンが。
みんな必ずゲットしてね~。

そんな感じで、ちょっとだけ。
びみょ~に若い俺。今から5年くらい前の写真かな?
5年経つとびみょ~に違うね。毛の勢いが……。

001.jpg

それからメイク濃い俺。

002.jpg

俺は今の自分の方が好きだけどね。たとえ薄くなっていても……。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

また春が…… [ちゃんぷる]

ちゃんぷると桜を見に公園に行ってきた。

Image630.jpg

まだ五分咲きくらいかな?
花曇りの午後。ちょっと寒かった。

早く暖かくならないかなぁと思うんだけど、暖かくなると寂しい事がひとつ。
冬、寝る時、ちゃんぷるはふとんの中にもぐり込んで俺の左わき腹のとこで丸くなり、二の腕あたりにあごをのっけて寝る。俺は左腕でちゃんぷるを抱えるようにして寝る。
けど最近はちょっと暖かくなってきたから、もぐり込まずに掛け布団の上で寝てる。ちょっと寂しい。
もっと暖かくなると床で寝るようになる。けっこう寂しい。
夏が来て暑くなると玄関で寝るようになる。だいぶ寂しい。
俺はうっかり床で寝る事はたまにあるけど、玄関じゃ寝ないからなぁ。

今はこんな感じ。
Image633.jpg

公園から帰って来て、ウクレレ弾きまくってた。
ウクレレの教則本に載っているコード表を見ていて、ギターで今までやった事ない押さえ方を発見。ギターのコードブックには載っていないようなやつ。ビートルズのバンドスコアにも載ってなかったようなやつ。
ギターで弾いてみたらいい感じ。当然、響きが違う。Bm7とC#mとG#m。

早速、夜、リハの時にその押さえ方で弾いていたらガンちゃんが「G#mの所なんか違う」って。よく気がついた。やるなぁ。伊達に20年以上やってきた訳じゃない。コーラスで息継ぎ出来なくても。

楽器って奥が深い。
違う楽器を弾いてみたりすると気がつく事がまだまだある。

ロックンロールに終わりは、ない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

4.1 41 [ちゃんぷる]

エイプリル・フールズ・デイ。
41歳になりました。マジで。

メッセージをくれた人たち、プレゼントをくれた人たち、どうもありがとう。ちょー嬉しい。
その言葉、エイプリル・フールのウソじゃないよね?
信じてますから!

そんな訳で、この世に存在するすべてのジョン・レノンが年下になりました。

歳をとる事って、やっぱ素晴らしい事と思うんだ。いくつになっても。

子供の頃、俺の誕生日は春休み中な訳で、学校がある時期に誕生日の奴は放課後にお誕生会とかあったり、そういうのがちょっと羨ましかった。
4月1日って学年で1番最後の誕生日だから、幼稚園で毎月その月の誕生日の子をお祝いする会では、俺は3月の子と一緒にされてしまう訳で「いや~俺ほんとは4月生まれなんだけどなぁ」って子供ながらに思ってた。
大きくなったら春休みとか無いからね、宣伝しまくり。「俺もうすぐ誕生日」「俺明日誕生日」とかって。
歳をとるのが楽しいから誕生日嬉しい。

だから本当は仕事に行って「俺、今日、誕生日だから!」と言って、事務所に置いてあるオヤツをいつもよりたくさんぶん取ってやろうと思っていたのだけれど、シフト表を見たら休み入れられてました。

そんで、連れのお母さんに前から「もし休みなら来なさい」と言われていたので鎌倉へ。
小坪漁港で旨い魚料理を食べた後、和菓子屋へ行って和菓子を買ってもらった。いっしっし。

その和菓子屋のおじさんが、昔々もう20年以上前、俺がまだ鎌倉にいた頃、スタジオでよく会って知り合いになった人で、その人のバンドのつてで鎌倉FMの開局記念パーティーに出演させてもらったりした事もあるんだけど、話したら、今夜もライヴやるんだ、なんて言ってた。
当時ですでに40代半ばくらいと思うから今は60をとうに過ぎているはず。いまだにテレキャスター弾いて「君はファンキーモンキーベイベー!」とか「き~み~を見つけた~こ~の~渚に~」なんてやってんのかな。いいなぁ。そういうおっさん。

やっぱ歳をとるのは楽しい事だ。

それから、連れの実家に行った。

いただきました!(戸田恵梨香風)

Image628.jpg

連れのお母さんが持ってたウクレレ。ハードケース&初心者用教則本付き。
前にブログに書いたハワイで買ったってやつじゃなく、国内産のだけどなかなかの代物。
半ば強引にもらった感じでしたが……。うっしっし。
ハワイの方は「そっちはあげないわよ!」って言われました。

4月後半に予定してるウクレレのレコーディングの日までにがっつり弾きまくって仲良くなっておこう。

帰って来て、夜はちゃんぷるとCDを買いに行った。スプリングスティーンの新作。


レッキング・ボール(初回生産限定盤)

レッキング・ボール(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2012/03/21
  • メディア: CD



前2作がかなり良かっただけに期待大。
ブックレットの最後のページ、ブルースがギターを、隣でクラレンスがサックスを掲げているライヴステージの後方からの写真、そこに書かれているブルースの追悼文。

“クラレンスは死んでもEストリート・バンドを去りません。
彼がバンドを去るのは僕らが死ぬときです。”

泣かせる。

前々作の「マジック」は俺の中ではほんとにロックンロール・アルバムの超名盤だったんだけど、今回のはフォークとかカントリーをベースにしてる曲が多い感じ。ゴスペルとかトラッドとかも。
だけど、重い。まだ1回しか聴いてないけど。ズシンとくる感じ。
リーマンショック以降のアメリカの不況を見据えてきた歌詞。ブルースの歌詞はアウトサイダーや敗残者の素晴らしい物語が多いけど、今回のはより広い人々へのメッセージに重点が置かれているのかな。
1回聴いた限りでは、クラレンスのサックスも聴ける「LAND OF HOPE AND DREAMS」がやっぱ秀逸。
まぁ、どのアルバムもそうだけど、対訳を見ながら、真剣に聴き入ってしまうアルバムだね。

今年はワールド・ツアーも始まるらしいんだけど、頼む、日本にも来てくれ!

あとさ、ふと思ったんだけど、最近って邦題っちゅーのは無くなったの?
「涙のサンダーロード」とかってまぁやたらと「涙の~」っていう邦題は置いといて、「明日なき暴走」なんて最高にカッコイイと思うんだけど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感