So-net無料ブログ作成

愛の右側 [BC5AM]

30日はレコーディングの続き。

寝坊しないでちゃんと15時前にスタジオ入りしましたよ。
なにしろ今日は「NATURAL LIFE」の歌入れからだったから。

後半で半音転調が2回続く、俺にとっては難関の曲。まぁ、レコーディングだから出来る事なんだけど。
今日も時間たっぷり使わせてもらって、まぁまぁのテイクが録れたかな。
そんでいろいろ試しているうちにレコーディングでは右耳使わない方がいいって事が分かった。耳栓してヘッドフォンもずらしてやったら比較的聴きやすい。ライヴじゃ昔試してダメだったんだけど。これは次回からかなり有効な発見。

今日はゲストがたくさん来てくれた。

そんな訳で「NATURAL LIFE」のコーラスをガンちゃん、ノブリンと去年BCでギター弾いてたタケの3人でかる~く終了。

その後は「風と共に去りぬ」の録り残してた俺のギターソロ。これもサクッと終了。

で、「ヤポネシアの片隅から」のギターをタケに弾いてもらった。去年タケと一緒に作った曲だからさ、これはやっぱ弾いてもらいたいなと思ってね。
タケは初めてのレコーディングで緊張していたみたいだが、何度か弾いていいテイクになったと思う。
最後にギターソロのいまいちだった所ももう一度弾いてかなりいい感じ。
まぁ、レコーディング中の細かい指示はガンちゃんに任せて、俺はゲストで来てくれたストライダーズのあっちゃんが買ってきてくれた大量のオヤツを寝そべって食っていたんですが……。

オヤツ食べるのに夢中でタケの写真撮るの忘れちゃった。今度もう1曲弾いてもらうからその時は忘れないようにしよう。
しかし、おなかがいっぱいになるほどのオヤツがあるなんて、なんて幸せ。
ごちそうさまでした。

今日は時間があったら次の曲のドラムも録ろうと思っていたが、ちょっと微妙な時間になったから断念。慌てて録るより、ゆっくり録った方がいい。

そんな訳で最後は「ヤポネシアの片隅から」のコーラス。
あっちゃんとスタッフの愛ちゃんと、タケの3人に、オマケで(笑)ガンちゃんとノブリンも入れた5人で。

Image516.jpg

あっちゃんはさすがヴォーカリストっちゅー感じでがっつりカッコイイのを歌ってくれたし、愛ちゃんは重要な囃しを最初は恥ずかしそうでしたが、最後にはいいテイクを決めてくれました。
どうもありがとうです。

これで3曲は録音終了。次のドラムは録れなかったけど、いい感じで終われたな。

そんで打ち上げ。

ノブリンがわりと静かな居酒屋に行こうとしてくれてたようだが、行ってみたら潰れてた。がくっ。
しょーがないから、いかにも大衆居酒屋みたいな店へ。

BC内では俺の席はテーブルの右側の角と決まっているんだけど、それでもガヤガヤうるさい店だとみんなの会話が聞きとれない。ノブリンの声なんて前に座ってても何言ってんだかほとんど分からん。もうちょっとトレブルを効かせてはっきりとしゃべってもらいたいもんです。

けど、隣に座った愛ちゃんがみんなの話をいちいち俺に通訳してくれたんで、時間差ですがうっかり盛り上がってしまいました。おかげでいっぱいしゃべってしまいました。
これからは、BCで打ち上げの時は愛ちゃんの右側に座る事にしよう。ノブリンはどっか行っとけ。
楽しい時間で気が付けば0時だった。

そんな感じで、あっちゃん、タケ、愛ちゃん、今日はお疲れさまでした。ありがとう。そんでまたよろしくです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

地下室のポエトリー [Music]

この前のライヴでデヴィッド・ボウイの「FIVE YEARS」の日本語訳をポエトリーリーディングしてみた。
ポエトリーリーディングって前からやってみたかったんだよね。

まぁ、「限りなく永遠に近いブルー」って曲にはちょびっと入れてるし、「71年のレコード」をジョンレノンのなんたら企画でやる時はエンディングに「イマジン」の日本語訳をリーディングしてみたりとかよくやってたんだけど、1曲まるまるリーディングっちゅーのは初めてかな。

今からもう15年以上前になるのかな、叫ぶ詩人の会っていうバンドがいてさ、それが好きでたまにライヴにも行ってた。ドリアン助川がうっかり時の人になってしまう前、横浜のCLUB24とか何度か観に行った。
助川さんが売れてしまった後にもよみうりホールとか2回くらい行ったかな。


虹喰い

虹喰い

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 1997/10/17
  • メディア: CD



アマゾンで検索したらこの1st出てきたけど、これ、廃番になってるはず。
超名盤なんだけどねぇ。

そうそう、ドリアン助川は川崎で月2回、言葉の講座をやっていて、前から気になっていたが仕事もあるし行けるかなぁと二の足を踏んでいたんだけど、今度無料で公開講座があるみたいだから行ってみようかなぁと思ってる。

話がそれたが、ポエトリーリーディングと言えば、佐野さんもSPOKEN WORDSってやってるし。佐野さんのリーディングもカッコイイ。鎌倉芸術館で観たスポークンワーズはえらい感動した。佐野さんの黒いシャツの下に着てた白いTシャツがびみょ~でしたが。

そんな感じで、ポエトリーリーディングっちゅーのはずっとココロのどこかにあった。

たまたまデヴィッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」聴いててさ。「FIVE YEARS」の対訳みたらなんか思いついて。
そんで、ライヴのちょっと前に急にやってみる事にした。メンバーにはコード進行だけ教えて、あとはユーチューブで聴いとけっちゅって。
個人的には助川さんの叫びと佐野さんのクールな感じの中間あたりでやれたらいいかなぁと。

 FIVE YEARS 目に焼き付いて離れない
 FIVE YEARS なんて悲しい風景なんだ
 FIVE YEARS 僕の頭はいかれちまって
 FIVE YEARS もう5年間しか残されていない

歌詞は歌詞カードの対訳のままの所もあるし、多少変えてる所もある。

ところで、この歌詞、何の事なんだろう?
まぁ、人それぞれいろいろな解釈があると思いますが、俺の場合はこんな感じ。

ある夜、風呂上がりに洗面台の三面鏡の前で、僕は見た。
首をかしげて。つむじのあたりを。

 目に焼き付いて離れない!
 なんて悲しい風景なんだ……
 僕の頭はいかれちまって
 もう5年間しか残されていない……(泣)

ちゅーか5年間もつか?
がんばれ毛根。

ガンちゃんは昔から「ネタにされてるうちは大丈夫。ほんとにヤバイ奴には俺は言わないから」などと言っていたが、最近、奴は俺の頭髪の事をネタにしない。もうヤバイって事か?おい!

あはははは。

そんな感じで、朝だねぇ。
今日はレコーディングの続き。
レコーディングはリズム隊先行だから、リハの時は奴らに付き合って次に録る曲をやっているんだけど、俺はまだ前回の続きな訳で。
ちょこっと今日録るギターを弾いてみたりしたら、ノブリンに「そんな曲はやらねぇよ」などと言われる始末。いや、やるんですよ俺は。とほほ。
まぁ、いいや。早く寝よ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チクショー [Book]

今日、本屋で見かけて買った本。


のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

のこされた動物たち 福島第一原発20キロ圏内の記録

  • 作者: 太田康介
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2011/07/27
  • メディア: 単行本




ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ!

ゴン太ごめんね、もう大丈夫だよ!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



原発圏内に取り残された動物たちの事。

ここに載っているのはごく一部でしかないと思う。それでも、多くの人に伝わればいいと思う。

もう2度とこんな悲劇は起こしてはいけないと思う。

「のこされた動物たち」の中にあった文、「私は無力です。チクショー、チクショー。畜生は人間の方だ」。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

のぞみ [My Life]

Image513.jpg
余裕くれて甲子園歴史館を見たり、バックスクリーンに入ったり、ラーメン食ったりして、電車に乗ったら違う電車に乗っちゃった。
途中までは行きと同じ駅に停まってたのになぁ。

帰りの新幹線は指定席買っといたから、あせった。

ナンバ駅で、とりあえずJR乗ればいいだろ、と思って改札行って路線図みたら新大阪までけっこう遠い。
駅員さんに聞いたら1時間位かかるって言われて、間に合わない、って言ったら地下鉄の方が早いって教えてくれた。
素晴らしいナンバの駅員さん。

そんで地下鉄の改札までけっこう走って、切符買おうとしたらボタンがいっぱいで訳分からん。
仕方がないんで、後ろに並んでたキレイなお姉さんに教えてもらった。
で、俺わりとうっかりなうえにテンパってたからオツリ取るの忘れてた。

そしたらお姉さんが自分の切符を買ってから追いかけてきてくれて、30円渡してくれた。
素晴らしいナンバのキレイなお姉さん。

おかげでのぞみに間に合いました。

そんな感じで今年の夏は終わりました。

来年また行きたいなぁ、甲子園。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり [My Life]

甲子園駅で、来た電車に乗ったら、知らない所に来ちゃったよ~。

ナンバってナンだよ!

間に合うかなぁ、新幹線。

やっぱり迷子。とほほ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甲子園 [Scene]

Image507.jpg来ちゃったよ!

大差ついちゃったけど、やっぱ生で見るのは面白かった!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8.15 Naked Loft [BC5AM]

8.15 来てくれた人たち、主催の渡辺伸一さん、共演者のみなさん、どうもありがとう。ココロから感謝します。

それから、手紙をくれた人、このブログをみているか分からないけど、感謝します。
この1年半、自分が悩んできた内容でした。

set list
①FIVE YEARS (デヴィッド・ボウイのカヴァー、日本語訳リーディング)
②UNCHAINED MELODY
③風になる時
④言乃葉ひらり
⑤海岸線に陽は昇る
⑥ALL THINGS MUST PASS

BC初のジャンベを使ってのアコースティック・バージョンだったけど、何一ついい演奏は出来なかった。

すまん。

エレキセットでもダメ、打開策のアコースティックセットでもダメ、もう打つ手がねぇな。
なんとか、せめて2年前と同じように歌える方法を探そうと、ライヴ終わってから2日間ずっと考えてみたけど、見つからない。
けど、あと少し、悪あがきしてみっかな。ボッコボコになるまでさ。

あれからずっと、覚悟は出来てんだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まためぐりくる夏の日に [ちゃんぷる]

あっ……。
連日、甲子園に夢中になっていたら、モッズのライヴもデュードトーンのライヴも終わってる……。
近所のライヴハウスだから行こうと思ってたのに……。
あぜん。
うっかりしすぎ。

そんな俺でも、絶対に忘れない約束はある。

14日は友達の命日。毎年、鎌倉に墓参りに行く。

今日こそ第1試合観ようと思って10時前に起きたのに試合終わってた。がくっ。
え?能代商の勝ち?観たかった。早く終わりすぎ。

それからちゃんぷるとフィラリアの薬をもらいに動物病院に行って、そのまま鎌倉へ。
ラジオを聴きながら、大興奮。白樺学園大善戦。またしても満塁ホームラン。延長戦、智和歌逆転サヨナラ。

鎌倉の両親の家に着いたらちょうど妹と子供たちが遊びに来ていたから、甥っ子たちと散歩。

Image504.jpg

この子たち、犬が恐い。けどおっかなびっくりリードを持ってちゃんぷるに引っ張られてました。

家でそばを食わせてもらってたら、第3試合もすげー試合になっちゃったんで最後まで観戦。

その間に、ちゃんぷるは下の子にわんわん吠えながら飛びついて泣かせてました。悪い子です。
でも、最後には頭を撫でられるようになりました。

試合が終わってから、墓参り。

そいつとは、ちっちゃな頃から一緒に遊んでた。夏、毎日虫取り網を振り回して鎌倉の山で遊んだ。覚えているのは、なぜか夏の記憶ばかり。
そいつは小学校に入る直前に引っ越してしまい、そして1年生で白血病にかかってしまった。その後は入退院と闘病生活、6年生の夏まで生きた。
俺は小学校に入り新しい友達も出来た。そいつの病気の事は知らされていなかった。6年生の時、葉書がきてビックリした。
小学校に入ってからも夏と正月には毎年、手紙が来ていた。夏の手紙にはいつも、セミやトンボの絵が書いてあった。今でも大切にとってある。
そいつにとっては、きっと、短かった人生の想い出は、俺と鎌倉の山を走り回ったあの夏がすべて。

鎌倉にいた頃は、近くに行ったついでとか、なんとなく寄ったりとか出来たけど、今は命日以外の日にはなかなか行く事が出来ないでいる。

まだ高校生だった頃、一度だけ、ご両親と2つか3つ下の妹さんに墓でばったり会った。その日は雨が降っていた。
お母さんは雨に濡れながら何度も何度も「ゆきやちゃん、ありがとう」と言って泣きながら俺に頭を下げた。
その時、ビリー・アイドルみたいな髪型をしてイキがってた俺はちょっと恥ずかしかった。
それ以来、会った事はない。

今年も家族の人はすでに来ていたようで、しおれた花が差してあった。

夏の夕暮れに、墓の前で空を見た。その時、何を想ったのか。忘れちゃった。

ちゃんぷると20分ほどそこにいた。
そして、また来年来るからなと約束して帰った。

そいつの事があるからさ、骨髄バンクに登録してる。

日本骨髄バンク

4、5年前だったかな、骨髄提供の連絡がきたんだけど、その前の年に十二指腸潰瘍やっちゃってたから、検査までも進まず、最初の段階でダメだった。

採血をちょっとする程度で登録は簡単だから、ほんの少し気になる人がいたら上のリンクでHPみてください。

俺の友達は白血病で12年しか生きられなかった。俺はまだ生きてる。それだけの事。


さーて、15日は久しぶりのBCのライヴ。
いくらうっかりでも、自分のライヴは忘れないよ!

去年、おととし、ソロで参加させてもらった「NO PEACE NO LIFE」。今年はBCで初出場。
8月15日という日がまたやってきました。日本人である以上、この日をココロに刻まなくてはいけないと思う。

毎年、毎年同じ事を、ついこの前も言ったが、夏には人生のすべてがある。


8.15(mon)
新宿Naked Loft

渡辺伸一PRESENTS
「NO PEACE NO LIFE vol,5」

OPEN18:00 / START18:30
前売¥2,000/当日¥2,500

出演
渡辺伸一(the69)
鈴木晃二(MONKEY TRICK)
マルキ・ド・サリー(24th December)
佐伯憲陽(THE BEAT GENERATION)
BC5AM
現場主義者ムラカミ

BCは19時頃の出演。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

逆転 [My Life]

ミラクル!
もうビックリ。思わず「えっ!!」って言った後、言葉も出なかったよ。

ちょうど昼休みで、もうすぐ定年の同僚のおっさんが「おのちゃん、帝京どうなってる?」って聞く訳。
で、俺は「今日はわりと楽勝じゃないですかね~」と言いながら、地下の作業場の中でも電波の入る場所へ行って携帯サイトで試合経過を見た。
8回で3-0。やっぱりね。
そんで仕事に戻った。

1時間くらいして、またそのおっさんが近づいてきて、「もう試合終わったよなぁ」って言うんで、ケータイに届いているはずの速報メールを開いて見た。
ほんとに言葉が出なかった。で、そのおっさんが「え?何?やっぱ帝京?」とか言ってるから、俺は画面を指差したんだけど「読めない」っちゅーから、説明してあげた。
「9回表に逆転満塁ホームランで、5-3で八幡商だって!」って言いながらちょっと鳥肌。
しばらく2人で仕事しないで盛り上がってた。

マジか!今年、俺の予想はことごとく外れる。そこが面白いんだけどさ。

早く帰って高校野球サイトのハイライト動画見たい、と思いつつ、いろいろ考える。
そんで気が付いた。

そー言えば、滋賀の代表はこういう強烈なミラクルをやらかすチームがたまにいる。俺の勝手な滋賀県のイメージだけど。
ひとつは誰も予想しなかった準優勝した近江。
それからやっぱ子供のころに見て強烈な印象が残っている甲西。「ミラクル甲西」って言われてた。
創立3年の公立校が、延長逆転サヨナラ勝ち、大魔神佐々木の東北に逆転サヨナラ勝ちでベスト4。最後はKKのPLにボッコボコ。今でも覚えてる。

そしてさらに気が付いた。

そー言えば、帝京って劇的に負けるよなぁ。
がばい佐賀北にスクイズを2度も阻止された上、延長サヨナラ負け。
智弁和歌山に9回表2アウトから4点差を8点取って大逆転、しかしその裏5点取られてサヨナラ負け。テレビの前で茫然でした。ありえね~。
悪く言えばミラクルサポーター。いや、それもこれも、いつも強いからなんだけどさ。

そこに気づいた俺。このミラクルはある意味起こるべくして起きたのではないか。

滋賀県代表、八幡商、次も楽しみだな。

今ね、ひかりテレビでやってんの、その試合。結果分かってても、もちろん観てるよ~。

今年はなるべくブログ書こうと思っててさ、けどこの時期の俺は、毎年の事だけど他の事に手が回らないんで、今日も甲子園のお話でした。

14日はいろいろ忙しいんだけど、日大三と開星の試合は何かが起こる気がする。まぁ、俺の予想はことごとく外れますが。

15日はBCのライヴです。ミラクルとか起こらないでいいから、ごく普通に出来たらいいと思います。

それにしても逆転満塁ホームラン、カッコイイなぁ。一度でいいから打ってみたいなぁ。
髪型はいっしょなんだけどなぁ。



8.15(mon)
新宿Naked Loft

渡辺伸一PRESENTS
「NO PEACE NO LIFE vol,5」

OPEN18:00 / START18:30
前売¥2,000/当日¥2,500

出演
渡辺伸一(the69)
鈴木晃二(MONKEY TRICK)
マルキ・ド・サリー(24th December)
佐伯憲陽(THE BEAT GENERATION)
BC5AM
現場主義者ムラカミ

BCは19時頃の出演。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

まるがりくん [ちゃんぷる]

今日はリハだった。
スタジオでどういう会話の流れか忘れたが「俺、坊主にすっかなぁ」と言った。

帰って来てから録画しておいた熱闘甲子園、第3、第4試合は2回見て、その後、録音したリハの音をチェックしてたら、スタジオで言った言葉が妙に気になって(歳内くんの額の狭さも気になって)、ためしにやってみた。

ちゅーか、やっちゃった。
ライヴ3日後なのに。どーしよ。
ハサミでチョッキリ。

あ~あ。
けど、やっちゃったもんはしょうがない。

思いつきでうっかりやっちゃうのも考えものだ。
自分でハサミでやってるから、トラ刈りもいいとこ。

まぁ、いいか。ライヴでは帽子かぶっとくか。

これでちゃんぷるとまるがりくんコンビ。

二人でセクシーなまるがりくんを目指そう。
っちゅー事でちゃんぷるのセクシーショット。

Image490.jpg

ちゅーか、丸見えですよ!


BC5AM ライヴ予定

8.15(mon)
新宿Naked Loft

渡辺伸一PRESENTS
「NO PEACE NO LIFE vol,5」

OPEN18:00 / START18:30
前売¥2,000/当日¥2,500

出演
渡辺伸一(the69)
鈴木晃二(MONKEY TRICK)
マルキ・ド・サリー(24th December)
佐伯憲陽(THE BEAT GENERATION)
BC5AM
現場主義者ムラカミ

BCは19時頃の出演。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感