So-net無料ブログ作成

皐月 [ちゃんぷる]

五月の夕暮れを歩く。

Image451.jpg

日産スタジアムに夕日が沈む。

五月の風はなぜかノスタルジック。

オレンジとブルーのコントラスト。

Image452.jpg

 さよならだけが 人生ならば
 めぐりあう日は何だろう
 やさしいやさしい夕焼と
 ふたりの愛は何だろう

五月になると寺山修司の詩を読みたくなる。

Image453.jpg

私は夏が好きなのだけど、
熱い夏が来る前に、
もしも五月がなかったら、
きっと狂ってしまうだろう。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

WEDDING PARTY [My Life]

今日はクレーバーズのコージのウェディング・パーティーに行ってきた。

浅草。まず電車でどーやって行けばいいのか、よくわからん。家を出てすぐ迷子でした。
けど、京急って浅草に行ってたよなぁ、と思って横浜に行き、とりあえず乗ったら運よく特急でラッキー。途中で乗り換えがあったけど、ちゃんと着いた。

たくさん集まってたな。

コージに、ナガツマくんとなんかやってよ、と言われていたんだけど、行ってみたらノブリンもいる訳で、せっかくだから、「少年よ、太鼓を叩け」という事で急遽3人でやる事に。
ナガツマは1年間くらいクレーバーズやってたし、ノブリンは俺がいないBCをコージに助けてもらったからね。

曲は、コージに「モッズはダメだからね(笑)」と言われていたので、それだったらと「バラッドをお前に」。

すっげー懐かしい人たちとも会えたし、約10年ぶりくらいの奴もいたし、コージは断髪式なんかして坊主になるし、楽しい時間だったな。

2人の人生が、幸せでありますように。

しかし、ノブリンくん。ナガツマが持ってたi-podで一回聴いただけでほとんどアドリブだったにもかかわらず、ちゃんとドラムやったのは、認めますよ。
けど、僕の秘密の大作戦はどうなったの?
まったく、役に立たないんだから!次の機会にはお願いしますよ!マジで。
僕の幸せはどこ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

LOVE SONG [My Life]

ぐゎんわぁんわわぁんわぁんわぁん……
ごぉ~~~~~……
うぃんうぃんうぃんうぃんうぃん……
時々、ぴーーーーーーー
それから、がーーーーー

僕にはいつも、誰かのクラクションが……ではなく、いろんな音が聞こえてる。
今日は朝からいつもより耳鳴りがでかい。
おかげであんたらが何言ってるかよく分からん。特に男の声は。あの、別に女の子の声だけ聞こえればいいんですけど。

もう慣れちゃったし。
僕はロックンロールの残響の中で生きていきます。

この前、友達の女の子に「手話覚えとけば?」って言われた。いやいやそれよりあなたが僕の耳になって下さい。一生。
それはいいとして、そーだねぇ、将来きっと聞こえなくなるからねぇ。
手話しながら歌うか?
「ロード」?

昨日の夜、リハで俺、みょ~にハイテンションだった。変な感じ。気持ちワル。
血圧低~い感じがほんとのONOchanです。
けど、まぁ、ノブリンがクリームパンくれたからではないと思うよ。

なんかさ、4月1日に、「あれから20年かぁ」って一瞬思ったんだけど、あの時は原発圏内のわんこの事で頭がいっぱいになってたから、そのまますっかり忘れてて、今頃、ぼちぼち想い出してしまったり。

20年前の4月の夜の事。
今まで誰にも言った事がない、俺のココロにしまっといた、ちょっと恥ずかしい記憶。

その頃、毎日のように一緒にいた友達がいる。当時付き合ってた女の子に「私よりOOさんの方が大事なのね!キーッ!」って怒られるくらい、いつも一緒にいた。
それに俺たちは見かけまで似てた。真夜中に、金がなくて腹が減って、俺の実家に食いものを盗みに行ったら、目を覚ました母親がそいつに向かって「こら!ユキヤ!ユキヤ!」って呼んでた。うける。

俺はTHE HIGH-NUMBERSっていうバンドでギターやってた。そいつはヴォーカリストなんだけどメンバーがベースしかいなくてまともにバンドが出来ない状態だった。
いつも、電車が通る度にグラグラ揺れる線路沿いの俺のアパートで、こんな曲を作ったとか、こんな詞を書いたとか、世界の事とか日本の事とか、女の子の事とか友達の事とか、平和とか戦争とか、生と死とか、愛とか夢とか、いろんな話をした。酒飲みながら。だいたい、いいちこ~日本酒。時々奮発してジャックダニエル。がぶ飲み。俺も当時は飲んでました。
酔っぱらって外に出たら、公園でわーわー歌ったり、交番の前で爆竹ひと箱一気に鳴らして慌ててるおまわり見て笑ったり、夜中の鎌倉駅で遊んだり、喫茶店からコカコーラ山ほど盗んだり、たまにケンカしたり、楽しかったな。あ、当時はね。今は反省してます。真似しちゃダメですよ~。

俺はそいつの作る曲がすごく好きだった。けど、悔しいからそんな事は言わなかったし、もっとすげー曲を作ってやると思ってた。

で、そのうち俺のバンドが解散する事になった。なんかいい感じで上がってきた所だったからけっこうがっくりだった。当然、彼女より先にそいつに報告。そんで、いい加減我慢出来なくなった彼女には解散ライヴより前にフラれた。クリスマスイヴでもリハやってたりしたから、今思えばかわいそうな事しちゃったなぁ。だからそりゃあ仕方ない事なんだけど、さらにがっくりで、俺、ココロ弱いからさぁ、これからどうしようなんて。まだ20歳なのに。

でね、俺はそいつのバンドに入りたいっていう気持ちと、いやいやそいつには絶対負けられんっていう気持ちと両方あって、解散決まってからずっと考えてた。

悩んでるうちに解散ライヴの日が来た。その日、俺のバンドはすげーいいライヴをやった。友達の誰かが8ミリビデオで撮ってくれた映像(失くしちゃった!)観てもすげーカッコよかったから、ほんとにいいライヴだったと思う。その夜、解散する事はもう吹っ切れてたから、打ち上げで俺は馬鹿騒ぎしてた。みんな盛り上がってた。

だいぶ時間が過ぎて、それでもみんな騒いでて、そしたら、そいつが怖い顔して「お前ちょっと来い」って言って、俺を外に連れ出したんよ。
俺はへらへら笑って「なんだよ~」みたいな感じだったんだけど、そいつがマジで言う訳、「お前、俺を殴れ」って。
「は?」みたいなさ。たまに根性試しみたいな事して遊んでて俺が勝ったばかりだったから「おいおい、この前の続きだったら勘弁してくれよ~」なんて言ってたんだけど、それでも「いいから殴れっつってんだよ!」とか言ってケンカ腰な訳。で、俺も頭に来て「訳わかんねぇ事言ってんじゃねぇよ」ってそいつの胸倉つかんで、勢いで殴りそうになったんだけど、それじゃコイツの思う壺じゃんかって、酔っぱらいながらも気がついて、やめた。
そしたらそいつが言う訳さ、「俺はお前のバンドが解散するって聞いて、お前に合わせて残念そうなふりしてたけど、本当は喜んでた。解散したらお前が俺のバンドに入ってくれると思ってた。けど、今日ライヴ見たらそれは違うと思った。お前はお前のバンドやれ。俺はこんなずりー事考えてた。だから殴れ」って。
俺、泣いた。うっかり。そいつにすがりついて。そして、右手で思いっきり殴った。人生の中で一番本気で殴った。
それからそいつ「じゃあな」って言って帰って行った。俺、しばらく道路に座って泣いてた。

♪それはなんて青春~白く震えた旅人に残る絆さ~ う~う~ SO YOUNG!

青いねぇ、青臭いねぇ。恥ずかしいねぇ。
20年間この事は誰にも言わなかった。けどいいかな。これが俺がヴォーカリストになった原点だからさ。
あ?それが失敗だったって?確かに(笑)。
今でもあの時そいつと一緒にバンドやってたらどうなってただろうって思うよ。

その後ね、1週間くらいしてからそいつに会った。左の頬に傷がついてた。そいつ「お前、指輪したまま殴るなんて反則だよ~」だって。ははは。あの時、俺も右手の中指と薬指、血だらけだった。
そんでさ、「一緒にやっちゃったら、最高のバンドは1つだろ。別にやったら2つだろ。やっぱ、もったいないじゃん」とか言って笑った。「せっかく鎌倉からストーンズとビートルズが生まれるのにさ」って言いながら、どっちがストーンズでどっちがビートルズかで口論になった(笑)。二人ともビートルズよりストーンズが好きだけど、ミックよりキースよりジョン・レノンが好きだったから。収集つかず。

ちなみにその1年後の尾崎豊が死んだ4月の夜、俺たちは取調室。はははは。いや、笑い事じゃない。反省してます。
とばっちりで何もしてないガンちゃんまで取調室。あははは。これは笑う。さっさとばっくれないからいけないんです。ウソ、ごめんなさい。反省してます。

そんな感じで、こんな、ちょっぴりダサ~い青春を、僕は20年間ココロにしまって生きてきました。

そしてその後、いろいろな事があった。俺にもそいつにも。いい事も悪い事も。
そいつは抱えきれないくらいの悲しみと苦しみを背負いこんでしまって、どうしようもなくなって、きっといろんな奴らに迷惑かけた。そいつの事を悪く言う奴たくさんいるだろう。
だけど俺には何より大切なダチ公だからさ。

3年前だっけ?何を勘違いしたのかBCでワンマンやった時、ONOchanアコースティックコーナーで20年前のそいつの曲1曲歌った。誰も知らんだろうけど。そいつは地獄にいてライヴに来れなかったから。

地獄から帰ってきてからまだ会っていない。電話で時々話はしてた。なんとか生きてるはず。「死んだらお前の寿命だと思ってあきらめてやる」って言ってある。家は分からん。

震災のあと、何度か連絡してるけど、繋がらない。

まぁ、生きてんだろ。

そいつが歌ってた歌が胸に響く。


今日を生き抜いた人たちと この俺に LOVE SONG
同じ目をしたお前のために この歌を LOVE SONG
気持ちだけしか与えられない あの娘に LOVE SONG
いつまでも 流れ続けろ LOVE SONG

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

5月18日 [My Life]

今日は満月。

1986年5月18日。

15歳。

日比谷野外音楽堂。

あんなふうになりたいと思った。

あれから25年。

あの日、隣にいたタカシくんはどうしてるかな?

連絡をとる術がない。

どこかで、「今日は満月だなぁ」なんて思っているのか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やらなくなった曲 [BC5AM]

14日、レコーディング。
俺は予定通り目覚まし時計を止めて二度寝して、目が覚めたらちゃんぷると散歩して15時半頃にスタジオ入り。

ノブリンは12時からセッティング&ウォーミングアップなんかしていたらしい(すげーやる気)。そんでガンちゃんが13時に来たら早速録り始めたみたいで、俺が行った時には予定していた3曲のうち2曲はもう終わってた。
最後の1曲も3テイクくらい?(俺聴いてなかったから分からん)でさっさと終了。

早めに行ってよかった。ほんとは16時過ぎに行けばいいかと思ってたから。
もうね、ドラムとベースの事は二人に任せとけばいいから。早く行っても退屈じゃんかぁ。
で、残りの時間はギターの録音。バッキングはサクサクっと撮り終えちゃって、さぁ、困った。どうせバッキングくらいしかやる時間ないと思ってたから、リード・パートあんまりまともに考えてなかった。
仕方がないんでいつも弾いてるフレーズの所だけ録音。

そんな感じで、とりあえず順調すぎて煽られてます。7月にも2曲くらいリズム隊録るって?何録るの?アレンジちゃんと考えとかないと。あ~、三線も考えなくちゃいけない。
ノブリンはエンジニアのカラサワさんに「春くらいには出来上がるかなぁ」なんて勝手な事を言ってましたが、どうでしょう?まぁ、のんびりやっていきます。

その前日、リハだったんだけど、たまに変な事言うノブリンがまたまたなんか言ってました。
N「ソング・フォー・ユー、やってみようよ」
O「それは何?」
N「そんなような曲あったでしょ?」
G「それチェッカーズだろ?」
O「それはSONG FOR USA」
N「ファーストの2曲目くらいに入ってるやつ」
G&O「あ~あ~あ~」

そんなような曲ありました。「I ONLY SING THIS SONG FOR YOU」。
何年か前に、もうやらない宣言した曲でした。
その時メンバーだったギターのシャミがちょっぴりがっかりしてました。

けど、まぁ、無理でしょう。ちょっとね、恥ずかしい。
元をただせばこれ、ずいぶん昔に書いた曲。たぶん22歳くらいの時。

19歳の頃から始めた1番最初にやってたバンド、たまに一緒にアコースティックやってるナガツマ君とやってたバンドなんだけど、けっこうパンクっぽいバンドでさ、曲とかメッセージ系ちゅーか、フラストレーション系ちゅーか、そのものずばり「FRUSTRATION」っていう曲もあったし、「I DON'T LIKE WAR」とか「が・ん・じ・が・ら・め」とか「I'M A TERRORIST」なんちゅーのもあったな。
で、そのバンドのヴォーカルが辞めるって(あ、俺はギタリストだったからね)解散になった時、そいつが最後に言ったんよ「俺、もっと普通のラヴソングとか歌いたかった」って。

え~。

そーですかそーですか分かりました、じゃあラヴソング作りましょ、作れますよ、それくらい、作ればいいんでしょ。って感じで次のバンド、今、雷一家のベースのマコト君とやってた時はラヴソングも少々作ったりした。
その頃アコースティックギター買ったから、ちょっとフォーク調の曲とか作ってみようという感じで作ったのが「I ONLY SING THIS SONG FOR YOU」。だからこれ、ぶっちゃけ「なごり雪」みたいな訳さぁ。
ちなみに、マコト君はこの曲やる前に一時引退。

で、BCの初期の頃、みんなへたくそで(今も)出来る曲調が限られてたから、このフォークソングをアップテンポにしてやってみたっていうだけの曲。歌詞とか、多少直したんだけど、ぶっちゃけ寒い。俺には。だからあんまり歌いたくない。
でもこの曲たまに、いいとか言う人がいたりとかした。けど、やらないよ。

それよりかさ、BCの初期の曲だったら「ただ眩しく」とか、まぁ、ラヴソングと言えばラヴソングだけどさ、カッコイイなぁ。シャミがいなくなってからやってないなぁ。「I LOVE YOU BABY!」って昭和のロックか、みたいなコーラスをあんなにカッコよく叫ぶのは、今の3人じゃ無理だからなぁ。

歌詞とかもね、すごく好きな感じ。ちょっと切ない感じ。


TWILIGHT 何が正しく TWILIGHT 何が間違いだろう
TWILIGHT 何が刹那で TWILIGHT 何が永遠だろう

この部分を言いたいがために他の部分の歌詞書いた。22歳の俺には書けなかったな。
今度、リハの時やってみよ。きっとノブリンに「え~」って言われるんだろうけど……。

ちょうど5月だしさぁ。


夢なんて見れるのかな この胸がはりさけそう
ひとつ涙がこぼれ落ちたら 五月の風が ただ 切なく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あ~なた~のも~える~手で~ [My Life]

4月8日、福島県広野町で保護したコイツ。
2011-05-0019_01.jpg

それから、その日、6号線沿いでほんの数分間だけ一緒にいたコイツ。
2011-05-0020_01.jpg

今、福島県で保護されてる。
http://www.pref.fukushima.jp/eisei/saigai/kyuugoindex.htm

とりあえず無事に生きている事がほんとに嬉しい。

が、ここにいるという事は、命の期限が決められたという事でもある。
飼い主さん、または里親さんが見つからなかった場合、1年後には二人ともこの世にはいないという事。
絶対、助ける。

他にもたくさんの犬や猫がいる。圏内に残されている牛や馬は安楽死という方針が決まったみたい。
すべてをどうにかする事は出来ない。残念ながら。それが今の日本。

だけど、この2頭だけは絶対助ける。
「この子たちだけ助ければいいのか?」なんてまた悩んじゃうけど、それでも、いい。
人生の中でほんの少し、同じ時を過ごした。アイツらの体温を知ってる。冷たくはさせない。それだけだ。

地震があった次の日、「出来る事をしよう、無力な人間なんて一人もいない」みたいな事をこのブログに書いたけど、福島に行って、人間がいない町で徹底的に打ちのめされた。どうする事も出来ない自分の小ささに打ちのめされた。あの犬たちの前で俺はただただ無力だった。それまでとスケールが違う無力感だった。
あれからいろんな事を考えた。考えすぎてどっぷり落ち込んだ。歌ってても仕事中でも思い出してメソメソしてた。バカか。

あれから1ヶ月、自分の意志ではなく日々が過ぎてた。けど、そんな日々はもう終わり。
俺、立ち直ったよ。ありがとう。
これからは自分の意志で“明日なき世界”の明日へ向かいます。

この前、Uストリーム(ちゅーの?)でクライメットJのトークライヴの中継を見た。
クライメットJ ―気候的正義を求めて― http://climate-j.org/

俺が原発圏内に行った事を知った友達がこういうのがあるよって教えてくれた。
ライヴに行きたかったけど、仕事だったから家で中継を見た。原発を無くす事なんて簡単だとよくわかった。利権を握っている奴らを倒せばいいだけだ。この国に原発は物理的に必要ない。

理屈や道理なんてほんとはどうでもいい。あの犬たちに出会った時、俺は原発を本気で憎んだし、今まで何もしなかった自分も憎んだ。
だから原発を無くしたい。

それから、去年からBCでもテーマにしてる殺処分の事。もっと出来る事を見つけていきたいと思う。
他にも、俺の大切な友達をボロボロにした薬物の事とか。

今まで、たとえばライヴとかで偉そうにメッセージみたいな事を言ってみた所で何にも形に出来てなかった。ちゃんと形にしたい。
しょせんロックしか出来ないのなら(それもたいして出来てませんが)そんじゃロックでどうするか。現在模索中。
なんとなく基本形は見えてきた所。
あんまり聞こえなくなってから、毎回これが最後かもって思いながらやってるけど、だからって何も新しい事に挑戦しないんだったらさっさとやめた方がいいって話だからね。
足元と未来を見据えてやっていこう。

そんな感じで、今から寝て起きたらレコーディング。さっきリハだったけど、レコーディングの曲やらないで違う曲のアレンジしてみたり、「愛の讃歌」を歌ってみたり。
まぁ、明日がんばるのはノブリンだからいいか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

かすかな光 [Others]

10日、友達のバンド、クレーバーズのライヴ。ギターのアユはこれで最後。
15年前か、よく覚えてないけどなんかのイベントで出たチッタの楽屋で会ってからの付き合い。

久しぶりに聴いた「クロスロード」ちょっと泣けた。
懐かしいなぁ「路地テロ」。

この前、雷一家の方のアユ卒業企画に呼んでもらった時は、個人的にかなり落ち込んでたからMCとか一切しゃべる気なくてちょっと申し訳なかったなぁ。あの時は人と会うのも嫌だったから。許して。
アユは俺とガンちゃんでBCの元になるような事を始めた時、半年ほど手伝ってくれたのにね。「SWEET19」の元ネタだった曲とか「コール・ユー」はアユが弾いてくれたんだった。

たま~に佐野さんの話したけど、アユはきっとこう言うんだろうな。「終わりは始まり」って。

14日、送別会、行けなくて申し訳ない。BC、レコーディングなんよね。
まぁ、またどこかで、同じステージに立てたらいいな。


いろんな事のひとつひとつが終わってゆくんだなぁ。俺はいつ終わるんだろう。
今回のレコーディング、リリースの予定とか、そういうのまったくない。いつ終わってもいいように、出来る時にレコーディングしとこうっちゅー感じ。新曲けっこう出来てるからさ、形にしておきたい。ただ、それだけ。

14日はリズム隊の二人がメインだから、俺は寝坊してゆっくり行けばいいから気が楽。ギターちょこっと録ればいいでしょ。日程も二人で決めてたし。
うたは、まぁ、ちょっとでも調子がいい時にやれればいいかな。

なんか終わりの事考えてばかりみたいだけど、でもね、始める事もちゃんと考えてる。まだどうなるか分かんないけど。それもなんとか形にしたい。
もちろんBCを持続していく事もちゃんと考えてる。だってさぁ、BC無くなったら大好きな俺の曲、誰が演奏すんの?だから、しょーがない、自分で歌うよ(笑)

そんな感じで、最近、会う奴会う奴みんなに「大丈夫?やせた?具合悪いの?」って言われるけど、大丈夫ですよ~。けっこう元気ですよ~。心配してくれてありがとう。

それにさ、いい事もあった。
また、わんこの話だけど、保護したアイツ、やっと相双保健所のホームページに載ってた。

http://www4.pref.fukushima.jp/saisiyou/sousou/uproadfile/html/html/stray/dog/list.html (検索ページ)
http://www4.pref.fukushima.jp/saisiyou/sousou/uproadfile/html/html/stray/dog/2011-05-0019.html (情報ページ)

元気そうだし、保護した時より穏やかなカワイイ顔になってる。足の怪我も大丈夫みたいだし。

繋がるといいな。

それからね、検索ページで次に載ってるビーグル。4月8日に行った時、国道で俺の車を通せんぼした奴だよ!15日に保護されていわきにいる事が分かった。無事でいてくれてほんとに嬉しい。

他の子たちもきっと元気でいてくれると信じたい。

小さな事かもしれないけど、かすかな光。

なぁ、ちゃんぷる。

Image448.jpg

いい笑顔です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

僕はいつでもここにいるから [Music]

この前、6日、カレンダーを見たら立夏で、気がつけば夏がすぐそこまで来てて、「何か言わなくちゃ」って思って、ブログ書いたんだよ。
ほら、書く事って癒しになるって言うじゃん。俺の場合まさにそういう所あるからさ。
この1ヶ月ちょっとの間に考えていた事を、だらだらと書いてみた。
いろんな事を考えて、答えはやっぱり見つからなくて。そんな事をたくさん書いたんだけど、結局消しちゃった。ぜんぜん癒されませんでした(笑)。

だいたいさぁ、昔から、本当に伝えたい事とか伝えなくちゃいけない事なんちゅーのは、ちゃんと言えなかったりする訳で。そんな人生40年な訳で。
まぁそれでも、この人生はこれで悪くないかって思うけど。

輪廻転生を信じる俺は、次に生まれ変わるのなら犬になりたいと最近思ってた。誰もいなくなっても、お腹がすいても、信じて待ってる犬になりたい。絶対に「裏切らない」そういうココロって、人間より美しいんじゃないかって気がしてさ。ちゃんぷるが飼い主だったらいいなぁ。なんて。

けどこの前、やっぱ次も人間がいいって思った。

そんで、今日、夕方、「何か言いたい」って思ってパソコン開いたんだけど、結局何を書いたらいいか分かんなくてさ。
そしたら、ふと「永遠の胸」聴きたいと思ってCDプレーヤー開けたんよ。中にモッズの「プラウド・ワンズ」入ってました。3月の終わり、キング・オブ・パイレーツでやった「ロンドン・ナイト」練習した時に聴いてたやつ。もう1ヶ月以上、音楽を聴く気にならなかったって事だねぇ。びっくり。

「永遠の胸」、尾崎豊の曲の中で1番好きな曲なんだけどさ、響いたな。すごく。3回もリピートしちゃった。
BCは奇跡的に3人とも尾崎ファンなんだけど、友達のバンドマンは尾崎豊嫌いな人ってたくさんいる。やっぱロックンロールとかパンクの人には人気ないかもね。うっとおしいもんね。カッコ悪いもんね。けど、自分の感性を信じててよかったよ、今日、この曲を聴けたから。

自分の言葉が見つけられないけど、この曲、今の俺の気持ち。

「永遠の胸」You Tubeに歌詞付きで発見。
http://www.youtube.com/watch?v=4lDJZGc8TRk

僕はいつでもここにいるから

涙溢れて何も見えなくても

僕はいつでもここにいるから


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽