So-net無料ブログ作成

9.28 CLUB DOCTOR [BC5AM]

28日、新宿クラブ・ドクター、来てくれた皆さん、どうもありがとう。

23日に突然決まったライヴだったんだけど、23日から本番までリハの予定もなかったから、セットリストも当日、出番30分前の楽屋で決めました。

あははは~、久しぶりにやっちゃったね、「LET'S GO GARAGE」。23日と同じじゃつまらんと思ってさ、ちょうど25日にAXでモッズ観てきたばっかだったし、遊んじゃおうと。楽しかったね。

set list
①ヘッドライトを夜明けに向けて
②残響
③LET'S GO GARAGE (The Modsのカヴァー)
④革命ロケンロー
⑤ヤポネシアの片隅から
⑥旅之途上

あ、「革命~」は1番も2番も歌詞忘れちゃったね~。俺、ライヴで歌詞忘れる事って滅多にないのに。少し間違う事はあるけどさ。ある意味貴重です。

さて、これから10月9日まではPLASTIC ONOchan BANDモードに切り替えです。そして「カリブの海賊」のスペシャル・バンド KING OF PIRATES にもサイド・ギターで参加することになったんで、PLASTIC ONOchan BAND の曲の他に、さらに6曲も覚えなければいけません。まぁ、ジョン・レノンの曲だからだいたいは分かってるけど。今回はドラムが元ブルー・ハーツの梶くんこと梶原徹也さんという事で、楽しみだなぁ。

そんな感じで、28日のライヴ前日に新兵器を買った。
Image330.jpg

なんてことないただのチューナーです。今まではライヴ中にチューナーなんてあんまり使わなかったんだけど、やっぱ耳イカレちゃってからね、自分で合わせるのが難しくて。そんでいつも念のためにアンプのとこにチューナーつなげてあるんだけど、この前の23日はけっこう盛り上がってたから、お客さんにケツ向けるのが嫌でね。結局バッド・チューニングのまま押し通してしまったけど、これからは大丈夫。足もとでチューニング出来ますから。

今月、お金ないんだけどさ、やっぱ、よりよいロックにするために必要なものは我慢出来ない訳さ。メシ削ってでもね。今までずっとそうやってやってきた。だから誰か俺にオヤツちょうだい。

それから、犬猫の殺処分についても、少しずつだけど勉強し始めた。やっぱ、誰かに伝えるためには自分がある程度知らなくてはと思ってさ。義務的な感情じゃなくて、自分がもっともっと知りたいと思ったからなんだけど。
で、とりあえずDVDと本を買った。メシ代削って。だからみなさん僕にオヤツ下さい。


犬と猫と人間と [DVD]

犬と猫と人間と [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD




犬と、いのち

犬と、いのち

  • 作者: 渡辺 眞子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2010/02/05
  • メディア: 単行本



DVD「犬と猫と人間と」はドキュメンタリー映画なんだけど、家に届いてから3日くらい置いといた。そんで「よし」と思って覚悟を決めて観たんだけど、もちろんつらい現実を知らされる訳だけど、そんなに重たい覚悟がいる訳じゃないっていうか。最後には何か希望みたいなものが見えてくるというか。とにかく、この重いテーマを、伝えるべき事はちゃんと伝え、それでいて、時に微笑ましいシーンもあり、何かあたたかい気持ちになれるという映画に仕上げた監督さんの力量にスタンディング・オベーション!
特典映像の杉本彩も「決して勇気が必要な映画じゃありませんから」って言ってた。

犬や猫を救おうとしているたくさんの人が出てくる。
印象に残ったのはボランティアのおばちゃんの「1を救いたいがために100を殺す事になったら仕方がない」みたいな話と、センターの所長の「どうせなら自分がやってあげたい。嫌いな人がやったら最期までモノとして扱われてしまうから」っていうような言葉。どっちもつらく重い言葉だけど、これが日本の現状であり、今日もどこかで犠牲になっている犬と猫がいる。
ボランティアとか出来る余裕はないけど、俺はこの事を伝えていこう。出来る事をしよう。
この映画「犬と猫と人間と」ぜひ見てください。なんなら俺んちに観に来れば?

それから本の方。「犬と、いのち」。
こっちは殺処分という現実を写した写真に優しい詩のような文章がつけられている。
この中で俺のココロに焼き付いてしまった写真に出会った。処分機に入れられた子犬の写真。
昔みた17歳の特攻兵たちの写真と同じ位のショックだった。
この本に載っているたくさんのカワイイわんこ達のほとんどがもうこの世にはいないという事実。
そしてそれは、人間によって引き起こされた現実という事。

巻末にある「あなたができる、犬たちを救う11の方法」のまず1番目の事、「現状を広める」。
これくらいは俺でも出来る。じゃ、やろう。

BCは行動します。
以前、ノブリンとフリマをやった時、たまたま隣りで犬猫の殺処分を防ぐ活動に寄付するためのラバーバンドを販売していた女の子に連絡を取り、その活動「Natural Action」のお手伝いさせてもらう事にしました。

ライヴ会場でラバーバンド(500円)の販売を始めます。BCのライヴ会場で購入してもらった方には、BC5AMから独自のプレゼントとしてシングルCDを差し上げます。

PLASTIC ONOchan BANDで出演する10月9日から始めます。ロック・バンドがこういう事をやる事には賛否両論あるかと思いますが、否の方は「ロックバンドはロックだけやっとけよ」とかね。それでも、「賛」の方、お待ちしてます。

そして、俺はうたいます。

Natural Action → http://n-act.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9.23 CLUB DOCTOR & 9.28緊急告知 [BC5AM]

23日、新宿クラブ・ドクター、来てくれた人たち、そしてそこにいた人たちどうもありがとう。

ぶっちゃけ、こんな事ぶっちゃけていいのか分からんが、ライヴでも言っちゃったからいいや、23日はあんまり気分が乗ってなかったんよねぇ、やる前は。ちょっと、めんどくせぇなぁって。
それじゃいかんっちゅーのは分かってるけど、ちょっとマンネリな選曲だったし、俺ほら、新しい事とかイレギュラーな事好きじゃん。考えるのはPLASTIC ONOchan BANDのことばっかだったし。だから、MCとかぜんぜん考えてなかったし。

そうは言っても、当然、ステージに上がる時は、100パーセントの気持ちで歌ってやるって思っていたけど。だって俺のうた大好きだから。

そしたらね、すげ~よかった。

よく50/50とかいうじゃない?俺そういうの嫌いなの。何?半分ずつって?100/100でいこうぜ。
いいライヴ出来なかったら俺の分は俺が100パーセント責任取るよ。そして、いいライヴ観れなかったら、そんなもんアンタらで責任取れよ。玉置浩二に文句言ってもしょーがない。てめえの運が悪かったとあきらめな。だけど、玉置浩二はいいライヴを出来なかった事実をアーティストとして背負っていないのなら、ただのバカ。テレビで謝罪したらもっとバカだったけど。

俺はちゃんと歌ったよ、伝えたい事をさ。そしたら、ちゃんと届いたよ。ただ騒ぎたいだけのお客さんたちじゃなかったのは、初めてBCを観たはずなのに1番2番で覚えてくれたのか、最後のリフレインで一緒に歌ってくれてんだよ。ららら~とかじゃなくて歌詞をさ。言葉が確実に伝わったと思ったよ。

俺のギターはさ、途中でチューニング狂っちゃって、ガンちゃんにMC任せて直そうと思ったらさ、対バンだった24th Decemberのサリーに「チューニングなんて客の方で合わせてもらわないと」って昔言われた事思い出して、まぁいいか、みたいな。そしたらね、昨日のお客さんたちは俺の狂ったギターのチューニングをちゃんと合わせてくれてたもんね。ほんと、100/100でしたね!

久しぶりに「ロッケンロ~!」って叫びたい気分だったぜ。けど、猫も杓子もJ-POPもそんな事叫んだりするから、俺はしないけどね。

set list
①革命ロケンロー
②ヤポネシアの片隅から
③残響
④ヘッドライトを夜明けに向けて
⑤旅之途上
⑥風と共に去りぬ

あと、対バンだったthe第2レースっちゅうバンドが若いのに曲も内容もステージングもカッコよくて俺は好きだなぁ。またどっかで対バンしたいな。

そんな感じで、緊急告知です。
9月28日(火)新宿クラブドクター、出演します。出番は21:00です。

もうあと3日後くらいか?
時間があったら来てくれ。
よろしく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

できること [ちゃんぷる]

人にはそれぞれ出来る事もあれば出来ない事もたくさんある。

ちゃんぷるにもきっと出来る事と出来ない事がある。

Image326.jpg

いくらこんな格好でウルトラマンのまねをしてみても、ちゃんぷるが空を飛ぶ事は出来ないだろう。

知らない方が幸せだったという事もあるかもしれない。
けれど、知ってしまった。

殺処分の現実。

北方ジャーナル

↑ リンク先の記事の中で「殺処分のその時」が動画で紹介されています。

この国では、年間30万匹以上の犬猫がこういう死を迎えている。今日、俺とちゃんぷるが楽しく公園を散歩していた間にもこの国のどこかで、こういう死を迎えた犬猫がいたのかもしれない。

だからって、何が出来る? すべてを救う事なんて出来やしない。政治を動かす事なんて出来やしない。
それでも、この現実を知ってしまった以上、何もしないではいたくない。

殺処分がゼロになるように、出来る事をやろうと思います。
以前のブログにも書いたが「殺処分」なんていう冷たい言葉は、なくなった方がいい。

‘きれいごと’だと言う奴もいるかもしれない。でも、そんな奴らは気にしない。

こんな、こ汚ねぇやり取りの世の中だから、俺は‘きれいごと’の一つくらい堂々と言ってやる。

“すべての生命が平等でありますように・・・・・・”

BCはささやかな行動を始めます。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

記録力より記憶力を、創造力より想像力を [ちゃんぷる]

連れに聞いた話。昨日の夜、俺はギターを弾きながら床で寝てしまってそのまま朝まで寝てたんだけど、寝言で「なんでライオンがニキビできんだよ~!」と叫んだ後、英語で何かしゃべっていたらしい。ライオンもニキビも覚えてないし、もちろん英語なんて話せません。もはや何かに取り憑かれてるとしか思えません。
今度は録画しといてもらいたいものです。

ところで、なんか最近は手軽に便利ですごいよね。

この前、連れがユーチューブにのっていた新体操の演技で使われていた曲を探していたんだけど、友達のiフォンにそのユーチューブの音を聞かせたら、ちゃんと曲名と演奏者が分かっちゃった。

すげ~けど、それはやりすぎだろ~と思った。
簡単すぎる。つまらない。感動が足りないよ。

音楽との出会いとかって、すべて縁だと思う訳。どこかで聴いた曲が忘れられなくて、探してみたけど分からなくて、何年後かにふとまた出会ったり。そういう事ってよくあった。その時がその音楽と自分との運命の時だと思うんだよ。

幼稚園に行ってた頃、ひらけポンキッキ見ててさ、♪カモンカモンとか覚えてさ、そんで中学生になってロックに興味持って、図書館のレコード・コーナーで「ビートルズって有名だよなぁ」とか思いながら試聴してみたら、プリーズ・プリーズ・ミーが「これポンキッキの曲じゃんか!」とか。なんだ俺、幼稚園の頃からビートルズ歌ってたぜ!みたいなさ。その時の図書館の試聴コーナーの空気っていうか匂いっていうか、音楽だけじゃなくてさ、そういう事も含めてまだ覚えてる。幼稚園の頃からビートルズのプリーズプリーズミーって分かってたら、特に何の感動もなかったよな。

ストーンズなんかさ、中学生の時聴いたらぜんぜんピンとこなくて、ミックなんて気持ち悪いオッサンと思ったんだけど、高校生になって、俺が住んでたボロっちいアパートで友達がダビングしてくれたカセットテープで聴いたらすっかりはまっちゃたり。夏の日の蒸し暑い部屋で聴いたアズ・ティアーズ・ゴー・バイに涙したり。そういうタイミングってあるじゃない?

その時の自分の感情とリンクして運命の1曲になる訳じゃん。

逆にあんまり縁がなかったバンドもいる。たとえばキンクス。キンクスがカッコイイのは知ってる。CDも何枚か持ってる。セルロイド・ヒーローズなんて名曲だと思う。だけど、キンクスはその時の俺の感情とあんまりリンクしなかった。だからそれほど思い入れがない。

あ、そうそう、CD屋でバイトしてた時、この曲知りませんかってお客さんが歌い出す訳。なんだったかな?オールディーズの曲だったような気がするけど、いまいち覚えてない。で、そのお客さん、歌詞とかテキトーな訳。けどなんとなくそれかなぁと思ってCD渡したら、とりあえず買ってみますって。そしたら数日後お礼言いに来たよ。「どこに行っても分からなかったのがやっと見つける事が出来ました」って。
そのお客さん、そのメロディーを忘れないように何度も何度も自分の中で歌って記憶してたんだろうな。

音楽ってきっと、あんまり簡単に出会っちゃいけないような気がする。簡単に出会うと簡単に忘れる。俺の場合はね。

今はもうなんでも記録でしょ。デジカメ、ハンディカム、携帯で写真も動画も撮れちゃう。事実をそのまま残せる。
俺もデジカメもハンディカムも携帯カメラももちろん使う。けど、すべてを記録に頼っちゃつまらないよね。

夏に、ドキュメンタリーで「幻の甲子園」だったかな、そんなタイトルの番組やってたんよ。そしたらおじいさんが言う訳よ。「今みたいにスピードガンなんてなかったけど彼の球は160キロは出てた」って。そんな訳ねぇじゃんって思ったよ。でももしかしたら160キロ出てたかもしれん。すべてはそのじいさんの記憶次第。そこにロマンを感じたんだよ。
記憶って時と共に変わっていくから、それはそれでロマンティックだと思うんだよ。どうかね。

地デジとか画面のきれいさにビックリしたけど、何もかも見せてくれなくてもいいよ。女優さんの肌までさ、見えなくていいよ。次は3Dでしょ。いいよもう。
やっぱさ、想像して楽しむ部分って残ってなくちゃ。

ちっちゃい頃、ビデオデッキなんてなかった頃、子供向けのヒーロー番組見ててさ、途中で歯医者に行かなきゃいけない時間になっちゃって、そんで、俺、おばあちゃんに頼んだんだよ。「続き覚えといて」って。で、帰ってきてからおばあちゃんに話聞いてさ。それでも楽しかったもんね。
今のガキンチョはそういう想像力持ってないんだろうな。

あんまり便利になりすぎて人間の機能はもとより、そのココロまで低下しなきゃいいんだけど。

と言いつつ、今日はハンディカムを持って散歩に行ってきました。
日産スタジアム前で走り回るちゃんぷるを連れが録画しました。
あんまり全力で走ったんで帰ってきてからはぐったりです。
100915_221953.jpg

PLASTIC ONOchan BAND [Others]

知る人ぞ知るPLASTIC ONOchan BAND、もう何年振りか忘れたが久しぶりに復活します!

☆10月9日(土)
新宿club Doctor

渡辺伸一presents
「カリブの海賊 vol,15 ~HAPPY BIRTHDAY JOHN!~」

OPEN/END 15:00/28:00
ADV/atDOOR ¥2500/¥3000

タイトルにあるように10月9日はジョン・レノン70回目の誕生日。

PLASTIC ONOchan BANDは実はBCより歴史が古い。昔々、10年くらいまえかな?最近じゃアコースティック・ユニットをたまにやってるナガツマくんと「ジョン・レノンやりたいね」っちゅー感じで考えたバンド。バンド名は当然ジョン・レノンのバンドPLASTIC ONO BANDからいただき!この時ほど俺がONOchanでよかったと思ったことはない。

1番最初はクリスマスが近かったんかな、ハッピークリスマスやった記憶がある。俺とナガツマにドラムを加えたトリオ・バンド。
それから、バックに打ち込みを使ったり、ピアノが入ったり、アコースティック・ユニットになったり、ナガツマがいない時もあったけど、何年かに1度、復活してきた。

そんで今回はというと1回目と同じトリオ編成。メンバーは常に流動的なんでその時のメンバーが正式メンバーなんだけど、今回は俺とナガツマと、アイツですよ。松戸の・・・。名前はいうのやめとこ。
まぁ、奴は2回ほどPLASTIC ONOchan BANDにも参加してますから。ある意味ベテラン・メンバーですね。

楽しみですねぇ。うっかりコーフンして眠れません。最近ぜんぜん弾いてなかった335、ケースから出して弾きまくりです。ジョンと言えばリッケン、カジノかもしれませんがそれは持ってないんで俺の場合は335です。
2年近くライヴで使ってなかったからグレてなければいいんだけど。

あ、その前にBCは9月23日(木)これも新宿CLUB DOCTORに出演するからね!

忙しいなぁ。今、個人的にやっている事もあるしさ(ナイショ)。寝てる場合じゃないなぁ。
俺はボンクラの何倍も生きてるね。グータラだけどボンクラじゃないね。ざまあみやがれ!

楽しみだなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガブリ! [ちゃんぷる]

100903_140017.jpg

あ!パンダに噛みついたらだめだよ~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット