So-net無料ブログ作成
検索選択

3.21 CLUB DOCTOR [BC5AM]

ついに来た、復活の日。
ちょうど6ヶ月前、病院のベッドの上で、もう治らないなぁって薄々感じながら、でも、春が来るころには復活したいって考えてた。ステージに立つ自分を想像してた。その時、ぱっと思い浮かんだのは何故かクラブドクターのステージ。

いつもお世話になってる渡辺伸一さんの最高のイベント「カリブの海賊」に出演できる事になって、ほんとに楽しみにしてた。
伸さん、俺の耳の事ちょっと気にしてくれてたんかな?最高としか言いようがないこの企画で復活出来た事が俺はほんとに嬉しい。ココロから感謝します。

目が覚めて、雨が降ってると思いながらブラインドを上げたら、いい天気。BCに雨はつきものっちゅーか、昔から俺のバンドには雨はつきものだったから、ちょっと不安になる。だけどそれはすぐに「リハに間にあわねぇ~!」という焦りに変わった。

業務連絡・・・今後BCのメンバーはライヴ会場入り時間の2時間30分まえに俺にモーニングコールする事。

そんな訳で、いつも通りリハーサル開始時間ギリギリに会場入り。3連休の中日だったのが幸いしたのか道がすいてた。普通の土日だったら間に合ってないな。たぶん。そんな所で「今日はついてる」と確信。

久しぶりにステージのセンターに立つ。

今まで秘密にしてたけどさぁ、3月21日からBCは4人になりました!
去年の11月、俺が出られない時にBCをヘルプしてくれたギタリストTAKEが正式メンバーになりました!いえい!
タケは社会人としてみたらどうか分からんが、音楽家としてみたら好青年なんで、今後ともよろしくお願いします。
これでBCの平均年齢は一気に下がり、平均身長は一気に上がりました。

リハもスムーズに終わり、飯食って、新宿をブラブラしたり、昼寝したりして、いよいよ本番の時間が来た。

セッティングして楽屋に戻って、久しぶりだからちょっとは緊張するかなぁ、なんて思っていたんだけど、やっぱ俺、ぜんぜん緊張しない。それどころかいい感じに力抜けてた。そんな事思ってたら、会場のBGMがフェードアウトして・・・・オープニングSEが鳴り響かない!
そう、今まで「ボレロ」使ってたんだけど、やめた。ちゅーかSE自体やめた。言ってみれば静寂がBCのオープニングSE。カッコイイ。素敵。こんな事誰が考えた?俺です。俺とメンバーです。へへへ。

そんな感じで、タケが加入した新型BCの幕開けさぁ。

set list
①JERRY BEANS ROMEO & THE FINAL WORLD
②革命ロケンロー
③風になる時
④旅之途上
⑤ヘッドライトを夜明けに向けて

いやぁ、よかったよ。ほんとに。観た人にしか分からんだろうが。
そりゃあ、「途上」の部分を途中って歌っちゃったよ、ギター半音ずれちゃったとこもあるよ。けど、そんな事、これっぽちも気にならないライヴになったと思ったよ。

俺は光を感じたよ。照明の光の事じゃないよ。
もう何回も何年もステージに立っているけど、今までたった1度だけ、鎌倉の小さなライヴハウスで、15年前に、たった1度だけ感じた事がある、あの時と同じ光だったよ。
あのわずか30分の間にあそこにいたすべての人に感謝するよ。
もちろんメンバーにも。

そこにいた人たちに、大切な何かが確実に伝わってるって、歌いながら感じていたよ。

ライヴ終わって、荷物積みに駐車場に行ったんだけど、車に乗って、タバコ吸ってたら、ちょっぴりうるうるしちゃったよ。
なんかさぁ、例えて言うなら佐野さんの「約束の橋」って名曲あるでしょ、♪「今までの君は間違いじゃない」ってさ。そんな感じ。

9月から、ほんとにいろいろあったんよ。難聴、入院、失業、ここに書く事は出来ないんだけど本気でウンザリするような事、それから人との別れとか、仕事探しとか、この半年間、精神的にけっこうキツイ事いっぱいあった。
それが全て報われたような、そんな気がした。


まぁ、そんな感じでさ、これで次こけたんじゃしょうがないしさ、いつまでも余韻に浸らず、もう次のライヴに切り替えていかなきゃ。

次は4月10日、四谷アウトブレイク。19時~です。

ニュー・アルバム「7x3」。もうすぐ4月1日、発売です。

BC5AM / 7x3
Poeple's Records PRCD-0346 ¥1.000

それから、6月5日、感謝をこめて、久しぶりに企画やります。お楽しみに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

復活の日 [BC5AM]

もう日付が20日になったから、いよいよ明日っちゅー事になりました。

当日はやっぱり天気悪いんかな?
まぁ、BCのライヴの日の降水確率は90%超えてるだろうから、雨が降らなきゃ逆に不安でもある。

★2010/3/21(日)
新宿Club Doctor
渡辺伸一presents
「カリブの海賊 vol,14」
START/END 16:00/28:00
ADV/atDOOR ¥2500/¥3000
ACT/the69(渡辺伸一&HIS BAND), 鈴木晃二, KING OF PIRATES, カラス, DRIVE MONE\, The Bunny Tail, BC5AM, Angry Penguin Robo, マルキ・ド・サリー(24thDecember), HWM, LET'S ROCK, Araboom
ロカビリー総合ダンス/早稲田ツイスト研究会, SWORD/sumi, ベリーダンス/mayu, poi/ハヤシタカユキ, ラテン社交ダンス/Masaki&Miho, 書・音・舞ユニット/疲弊シ切ル・サーカス団, 踊ってみた/踊ってみたオフ, お笑い/プチ観音&としくに, ボディペイント/都愛ともか, ポールダンサー/kaede&satsuki&anne&makoto, DJ/Z(高円寺UNDERGROUND)&☆LULU★(ROCK'N ROLL TONIGHT)&SHO-HEY, ネイル/まり&飯塚幸子, タロット/サキ&ユマ, フェイスペインティング/都愛ともか, カリブガールズ/ヒナ&愛音&百合&小林ゆか&望月ミキ, 司会/トク, フリーフード/海賊キッチン(CHU-TA), チャリティバザー/渡辺商店

※海賊ルックで、¥1000キャシュバック!主催者スタッフまで。
※ペットボトルキャップ100個持参で¥1000キャッシュバック!主催者スタッフまで。
※キャッシュバックはどちらかのみです。
※各ブースにて「チリ&ハイチ救済~カリブの海賊募金~」あり。

BCの出演時間は18:35からです。

それにしてもすげ~イベントだなぁ。この出演者の数だけでも圧倒的だよね。しかも、すべて本物のアーティスト。チャリティーもあるしさ。
このイベント、何回か出演させてもらったけど、ほんとにすごい企画です。

出演する俺自身、すげ~楽しみだもん。ノブリンも気合入ってるしさ。けど、アイツが気合入るとロクな事ない。どんな時も、平常心、大事ですよ~!まぁ、ガンちゃんはなんも考えてないだろけど・・・。たぶん。
さらに新型BCには秘密兵器があるからね!楽しみにしてな!


そんなこんなで、さっき最終リハから帰ってきたとこ。
なかなかいい感じだよ。あんまりいい感じだったから、ライヴの練習はさっさと切り上げて新曲をちょこっとやった。

「風と共に去りぬ」と「ヤポネシアの片隅から」。
まぁ、部分的にね。ちょこっとずつ。
これもまた、いい感じだったなぁ。

どっちも日本語の曲。長いだけでつまらない洋画と同じタイトルでも、日本人の曲。

もう、もはやロックとかロックンロールとかそんな呼び方に興味はないんだ。
自分の身勝手な精神の上でのロックンロールにはこだわりあるけどさ。でも、それも、最近じゃ何でもかんでも「ロックンロール」とか言っちゃう奴いるからさ、どうでもいいけど。

たとえばさ、真剣に料理人をやってる人もロックンロール。「アイツの姿勢はロックンロールだ」とか言っちゃたりする。おいおい、料理人は料理人だろ!まったくもって失礼な話だ。俺なら彼をロックンロールなどと呼ばない。敬意をこめて料理人と呼ぶ。

たとえばさ、食うものも食えず、それでも役者を目指している人もロックンロール。「アイツの生活はロックンロールな生き方だ」とか言っちゃたりする。まったくもって失礼な話だ。俺なら彼をアクターと呼ぶ。

さらには、子供が生まれたのを機に、愛する家族のために、己のロックンローラーの夢を断ち切ってサラリーマンになった人の事まで「それもまたロックンロール」などと言っちゃった日には、いったい何のことやら。俺には彼は元ロックンローラーのサラリーマン以外の何物にも見えん。

まぁ、上の3つの例の人にロックンロールを感じるっていう事はあるかもしれん。けど、それは自分が勝手に感じる事だから。
だってさぁ、逆にステージの俺を本物の登山家が見たとして、その人が俺のうたに共感したとして、ステージの後に「おまえはクライマーだ」って言われても、「おいおい、おたく頭おかしいんじゃないですか?」って感じじゃん。

そういう訳でさ、なんでもかんでもロックンロールって言っときゃカッコつくみたいなさ、そんな奴ばかりだからさ、どうでもいいや。

って、うっかり話がそれまくってしまいましたが、なんだっけ?

あ、そうそう、日本人の曲っちゅう話。俺は今もっともこだわりたいとこは“日本人”って部分。なんちゅうかな、日本語じゃなくちゃダメな曲っていうかな。そういうところ。
もちろん、洋楽大好きだしさ、俺の自慢のレコード&CDコレクション700枚のうち、3分の2以上が洋楽だしさ。もう最近じゃ邦楽、J-POPっちゅーの?まったく知らないしさ、知りたくもないしさ。

だけど、俺がうたうのは日本人のココロでありたいと。
だから、最近作った曲は日本語ばかりだね。日本語の方が深いし、美しいし、何より毎日しゃべってる言葉だし。だいたい俺、日本人だし。
日本人のココロに響くメロディーって絶対あると思う訳。日本語が響くコード進行とか、きっとあると思う訳。そういうメロディーをつかまえたい。
そういう所にひじょーに興味があるからさ、もう、日々、ギター片手に研究ですよ。

そうそう、1月に亡くなったサリンジャーに関する曲を作りたいと思っているんだけど、それもやっぱ日本人的感覚で作りたいしさ。だってさ、「キャッチャー・イン・ザ・ライ」じゃなくて「ライ麦畑でつかまえて」に、「パーフェクト・デイ・フォー・バナナフィッシュ」じゃなくて「バナナフィッシュにうってつけの日」にココロ動かされた訳だからさ。びみょ~な意味のずれはあるのかもしれないけど、これが直訳で「ライ麦畑の捕まえ役」だったら、なんか違うじゃん、日本人的感覚としては。「捕まえ役」が「つかまえて」、「完璧な」が「うってつけ」に変わったからこそ、俺の青春の1冊になった訳でさ。これ、俺にとってはかなり重要。

まぁ、そういう事。
もう、うまく説明出来んから、これでまとめてしまう事にした。
とにかくさ、ちょっと切なくて、どこか儚くて、とてつもなく優しくて、それでいてメチャクチャ強く響く、そんな“日本語の音楽”を作りたい訳です。そんな日本人の楽団になりたい訳です。

楽団と言えば、10年前に死んだばあちゃんが「ユキヤはまだ楽団やっとるんか?」ってよく言ってたな。あの頃は「楽団って・・・」って思ったけど。

そんな感じで、明日、新宿で会おう。

もちろん、新作「7x3」先行発売するからね~!
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

餅太郎 [Others]

Image260.jpgこれ、懐かしい。

7x3 [BC5AM]

「7x3」。
「セヴン・バイ・スリー」、「なな・かける・さん」、「セヴンスリー」、「ななさん」、「しちさん」、読み方なんてどうでもいいんだけどさ、BC5AMのニュー・アルバム完成しました。

7X3j_edited-1.jpg

BC 5AM 7X3

2010.04.01 発売
People's Records PRCD-0346 1,000(Tax in)


発売日はApril Fool's My Birthday なんだけどさ、まぁ、作った本人の特権っちゅー事で、昨日、CDが届いた。

今回のは新曲4曲にボーナス・トラック3曲っていう変則的なアルバムだけどさ、すべてにおいて満足している。
楽曲、歌詞、音、アレンジ、ミックス。新曲はもちろんの事、ボーナス・トラックとして収録した前作4REAL収録の「In The Velveteen」のニュー・バージョンも「Unchained Melody」のセッションも、新曲「旅之途上」をみんなで歌った三線バージョンも、全部。
「Unchained Melody」のヴォーカルびみょ~なとこも、セッションとはいえレコーディングだから直したり出来るんだけどあえてしなかった。俺のギターのびみょ~な揺れも。三線バージョンのガンちゃんとノブリンの歌も練習なんてしないで1発本番。すべてOK。

それから、特筆すべき点は、ノブリンががんばったアートワーク。
Image258.jpg

ジャケット、裏ジャケ、CD盤面、ブックレット。そりゃあ4REALのジャケットはちゃんぷるだからさ、カワイイに決まってんだけど、7x3は全部いいと思う。ブックレットは曲が少ない分ページ数も少ないけど、曲作りから実際にこのアルバムを作っている時までのBCの雰囲気を表現出来ていると俺は思う。

だからさ、最近はダウンロードの時代とか言ってんでしょ?去年だっけか、RADIO HEADもダウンロードで画期的な発売をしたけどさ(あのアルバム良かったけどね)、やっぱ俺は思う訳。アートワークも含めてアルバムだって。何しろアナログ・レコード世代だからさ。ジャケットとか歌詞カードとか、目で見て、そして音を聴いてっていう、それが重要な訳。

i-Tuneで1曲ずつダウンロードしてくれてももちろん嬉しいんだけどさ。やっぱりCDを手にしてほしいなぁと、ココロから思います。

個人的にはさ、一昨年の10月にギターが抜けてさ、それから試行錯誤しながら3人で曲を作り、ライヴをして、そりゃあ最初の頃はやばかったよ。エレキギターで指先が固くなるまで練習したのも久しぶりだったなぁ。あ~だ~こ~だ言いたい奴もいっぱいいたしさ。けど、俺たちは自分たちを信じてたからね。俺たちのやり方をさ。1年近くたって、やっとまともなライヴが出来るようになったなぁって事で、レコーディングしようって話になって。それで、俺のパートのレコーディングに入ってすぐ今度は耳が聞こえなくなったでしょ。入院、療養、ついでに失業(笑)。ライヴもキャンセル。レコーディングも延期。結局、治らなくてさ、もうベースの音なんかもうマトモに聞こえないし、常に耳鳴りがブ~ンってなってる状態なんだけど、そんな中でレコーディング再開して、ミックスなんか俺がいてもあんまり役に立たないっちゅう感じだったけど。
それでも俺たちはいいアルバムを作った。ぶっちゃけ俺が聴いても、もうみんなが聴く音じゃ聞こえないんだけどさ、ベースはほとんど聴こえないし、でかい音で聴いても割れてるし、ドラムもフロアとか聴こえないし、自分の歌だって場所によっては2人で歌ってるように聞こえたりさ。
でもね、このアルバムはいい音が鳴ってるってことは分かってる。俺には、真実の音がちゃんと聴こえてる。

そんな感じで、BC5AM 「7x3」よろしくね。なんてったて1000円だからね!そしてそれ以上の価値があると思うよ!

ネットでちょこっと検索してみたら、タワー、HMV、新星堂、楽天、アマゾンなど、通販の予約も出来るようになってたね。
まぁ、確実に発売日に届くのはレーベルのPeople's Recordsの通販が1番いいと思うけど。
http://peoplesrecords.net/

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

君はゆく・・・ [Scene]

真夜中にさ。

ノブリンちから、車を飛ばしてたんだよ。

つっても俺はエコドライヴだから首都高でも左車線しか走らないけどさ。

カーステレオで届いたばかりの俺たちの新作「7x3」を聴きながら。

で、不意に、ちょっと遠回りしてベイ・ブリッジを渡りたいなと思って進路変更した。

ベイ・ブリッジはもうライトが消えてて、ただの橋だったけどさ、いい気分だったな。

車も少なかったしさ。

もちろん俺の車のヘッドライトは夜明けに向けてあるのさ。

でね、ふと思ったんよ。

俺の目的地はベイ・サイドじゃないんだよなって。

海辺の街まで・・・。

シー・サイド。

そうだ。

まだ、まだ、ここは旅之途上だったんだってね。

流れ星は、見えなかったけどさ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の終わり [My Life]

オリンピックも終わって、いよいよ3月。

昨夜は録画しておいたフィギュアのエキシビジョンを観賞。
俺にはエキシビジョンこそ演技者の芸術性が見れるところが面白い。

プルシェンコのアグレッシヴなステップはやっぱカッコイイ。どうしてフリーであれが出来なかったんかねぇ。残念。
まぁ、プルシェンコはスポーツにこだわったんだよねぇ、きっと。4回転にさ。けど、俺みたいな素人が見ててもジャンプはグラグラだったし、銀でもしょうがないと思ったけどね。
俺は特にジャンプの難度とかそんな事に興味はないんだけどさ、でも、プルシェンコの言うように4回転には挑戦するべきだと思うけど。
だとしたら、日本の高橋大輔の銅は誇れるものだと思う。4回転にも挑戦して、失敗したけど、何しろステップとかカッコイイもんね。
高橋が金だったらプルシェンコも何の文句もなかったんだろうなぁ。

そう言えば、男子フリーの試合テレビで見てたんだけどさ、採点競技っちゅーのは難しいね。結局点が取れる構成でなければ、どんなにいい演技でも点が伸びないのかな。審判の好みとか感情とか絶対入ってしまうと思うし。

アメリカのジョニー・ウィアーって女の子に大人気の美少年の演技はさ、すげ~良かったと思ったんよ。その時、高橋が3位だったから、やべ~抜かれちゃうかもって思ってたんだけど、ぜんぜん点が伸びなかった。結果6位。
会場は大ブーイングだったねぇ。けど、ジョニー・ウィアーは、まぁおさえておさえてみたいな仕草をしてた。
で、彼がただの美少年ってだけでなく、男前だなぁと思ったのは演技後のインタビューで点が伸びなかった事について聞かれた時「あなたはダイスケの演技を見ていなかったのですか」と答えたっちゅう。
ライサチェックでもプルシェンコでもなく高橋を引き合いに出したところ、彼はアーティストだよねぇ。一流のアスリートで一流のアーティスト。エキシビジョンでも見たかったなぁ。

そんな感じで、俺んちではいまだに、フィギュアの話をしたりしてんだけど、やっぱり安藤美姫は3位でもおかしくないんじゃないかって。
連れは新体操の審判の資格とか持ってるんだけど、連れが言うには、ショートの2日前にお母さんが亡くなった開催国カナダのロシェットの演技にいい点をつけてしまった。ショートはすごく良かったけどフリーは俺が見てもイマイチかなって感じだったのに。で、ロシェットにそんな点を出してしまった以上、次にやったアメリカの長洲未来がいい演技だったから、帳尻合わせで点を出すしかなくなる。結果、安藤は長洲にまで抜かれて5位。

メダルどうのこうのってあんまり関係ないじゃんって、思ってる。昔、柔道のブスが「最高でも金最低でも金」などと言った時は本気でウンザリした。けどね、そんな感じなんだけどね、やっぱ残念なんだよなぁ。エキシビジョンなんか見ちゃうとさ、やっぱりミキティが表現者としては一等賞だと思ってしまう。

ペアも観てたんだけどさ、1位の中国のペアより、2位の中国のペアの方が俺には断然よく見えたんだけどね。
採点競技ってよくわかんないね。

まぁ、ひとつ言える事は日本のマスコミの真央vsヨナの過熱ぶりには少々うんざりって事かなぁ。もうちょっとミキティや鈴木にもスポットを当ててほしいよ。鈴木のフリーのウエストサイドストーリーなんてかなり良かったしね。顔はソウルフラワーユニオンの中川だけどさぁ。

あぁ、またすっかり熱くなってしまった。素人の考えで生意気言ってスミマセン。

今日の帰国後の会見で橋本聖子が言ってたサポート体制、お金の事。俺は賛成。
事業仕分けで、まぁ訳の分からん事業を絞るのは当然なんだけどさ、俺はスポーツや芸術、文化には金出してもいいと思っているんだよね。もしも、そのせいで増税になったとしてもそれは納得出来る。子供手当なんてへんてこりんな政策よりもね。
だってさぁ、スポーツ、芸術、文化っていうものに金をかけてもちゃんと還ってくるじゃん。感動っていう形で。
オリンピックの15日間、毎日盛り上がってたじゃん。多くの人が感動して泣いたりしてたじゃん。そういうのが最終的にココロの豊かさに繋がるんじゃないのかな。そういう政治になんねぇかなぁ。もう政治家のくだらん金の問題にはみんなウンザリしてんだろう。

まぁ、そんな感じで、3月。
去年、病院のベッドの上で春が来る事を考えてた。ただ漠然と春ごろには復活してライヴやりたいって考えてた。ステージに立つ自分を想像してた。生きていれば時は確実に過ぎる。そして過ぎてしまえばあっという間だ。

いよいよ待ちに待った春が来た。寒いのは嫌いだから毎年春が来るのが楽しみだけど、今年ほど春が来るのが待ち遠しかった年はないかもな。

3月21日、BC5AM、復活します。

3.21(sun) 新宿Club Doctor
渡辺伸一presents
「カリブの海賊 vol,14」
START/END 16:00/28:00
ADV/atDOOR ¥2500/¥3000

金メダルじゃなくていいからさ、たった1行、ただ一言でいいから、誰かのココロに残るうたを歌いたいな。


追伸、プルシェンコってファンの間ではプル様って呼ばれてんだね。

じゃ、うちのプル様。
Image243.jpg