So-net無料ブログ作成

JLM [My Life]

オリンピックもいよいよ終わりに近づいたね。

残念だったなぁ、カーリング。けどイギリス戦はすごかったよねぇ。イギリスのスキップの19歳の子、カワイイし、スーパーショットするし、試合も接戦で最後の日本のミラクルショットには大興奮でした。

今日は昼前から女子フィギュアをテレビで観戦というかフィギュアの場合は観賞と言いたいとこなんだけど。
やっぱりキム・ヨナはすごかったな。

けど、俺はやっぱ安藤美姫の演技が一等賞。もっと点が伸びてもいいと思うんだけど。
芸術スポーツが専門の連れが言うには、今日こそ最終滑走だったらもっと点が出てたんじゃないかっちゅー事でした。カナダのロシェットより良かったと思うもんね。
けど、やっぱりスポーツな訳だから点が取れなきゃ負けてしまう訳で。

テレビや街中では浅田真央の銀メダルで盛り上がろうっちゅー所だろうけど、ぶっちゃけ俺は真央ちゃんの演技には興味ない。俺の個人的な視点で見るとあの曲の何を表現してるのかさっぱり分からん。ぜんぜん合ってない。言ってしまえば曲なんかなんでもいいんじゃねぇの?くらいの感じ。だったらもっとテンポのいい明るい曲の方が真央ちゃんに似合ってるんじゃないかな。って素人の考えだけどさ。コーチがセンスないのか?
その点、ミキティのクレオパトラはキム・ヨナよりも芸術的には上だと思ってしまう。キム・ヨナはショートの007はかなりいいけどね。

シンガーにたとえて言うと浅田真央は音符通りに歌う子。言葉がなんだろうが関係ない。安藤美姫は多少シャープしたりフラットしたりしても言葉通りに歌う子。って感じ。
俺にとって魅力的なシンガーはやっぱ後者だからね。ただ上手いだけの歌なんて聴いてもココロが動かないからなぁ。
とは言ってもフィギュアはスポーツだからねぇ、難しいとこだろうな。

鈴木も8位に入賞してなかなかいい演技だったと思うし、アメリカの日本人も良かったし、日本人がんばってるね。
それから、直前にお母さんが亡くなったカナダのロシェットのショートの演技は感動的だった。

男子もかなり面白かったけど、女子も面白い試合が観れてよかったなぁ。


で、前置きが長すぎだけど、タイトルのJLMの話。
フィギュアが終わってから、BUZZ DOGSのイトちゃんに誘われてジョン・レノン・ミュージアムへ行ってきました。

Image255.jpg

9月30日で閉館してしまう事になっちゃたからさ。残念だよなぁ。まぁ、もともと10年間の契約だったみたいだけど、もっともっと客が多かったら契約更新になったかもしれないのになぁ。

そういう俺も10年間で5回しか行ってないんだけど・・・。

今日は平日だったし、スーパーアリーナでコンサートもなかったせいか、ほんとに客がいなかった。自分たちの他に一人しか見かけなかったような気がする。

やっぱりねぇ、毎回そうだけど、最後の部屋でグッとくるよね。その前のダコタの主夫時代のなんとも生活感のある遺品の数々。それから「スターティング・オヴァー」と来て1980.12.8でしょ。
ショーンが生まれてからの3人の暮らしが幸福感にあふれてるだけにね。

そして、ファイナル・ルームの真っ白な壁に書かれたジョンのたくさんの言葉。あの部屋には何か言葉で説明しがたいパワーというか霊気というか、そういう不思議な力があるよね。
胸がいっぱいになってしまうよ。

せめてさぁ、スーパーアリーナのどこかに、あの白い壁だけでも残せないのかね。出来れば誰でも見れる場所に。

閉館までにもう1回ぐらいは行きたいなぁ。

帰りは高速が渋滞してて8時からのリハにちょっと遅れてしまいました・・・。

しかし、イトちゃんとドライヴっちゅーのも考えたら10年ぶりくらいってもんで、すっかり2人して健康とか生活の話なんかしちゃって、着実に歳をとっているんだなぁ、なんて。
10年前は「将来はロックスターって約束されてんだけど、何しろ明日が約束されてないんだよなぁ」なんてイトちゃんは言ってたんだけどね。いや、でも、お互いカッコイイ大人になれてると思うから、ぜんぜんいい事なんだけどさ。

今日はいい1日だったな。

(・_・、) [Others]

もう、中村主水に会えないなんて、ココロの整理がまだ出来ません・・・。

Image254.jpg

オリンピック [Others]

いよいよ始まったねぇ。
バンクーバー・オリンピックをハンバーグ・オリンピックと読み間違える奴もいるみたいですが・・・。

開会式にはブライアン・アダムスが出てたねぇ。永遠の18歳!懐かしいなぁ。高校生の時、横浜の文体に観に行ったなぁ。

まぁ、ブライアンはいいとして、おしかったねぇ、上村愛子。う~残念。今度こそメダル取ってほしかったなぁ。けど、自分でもいい滑りが出来たって言ってたから良かったか。引退しないで次のオリンピックも目指してほしいなぁ。美人ではオリンピック一等賞間違いなしなんだけどなぁ。

冬のオリンピックと言えば楽しみはやっぱりフィギュアかな。日本は中野友加里が出れなかったのがひじょ~に残念ではあるが、ミキティがんばってほしいな。
キム・ヨナもかなり好きだけどさ。あれ見てるととても勝てないなって思っちゃうけどさ、やっぱミキティの演技が一番好きだなぁ。ぜひ金メダルを取ってもらいたい。
それから男子はロシアのプルシェンコ復帰したでしょ。楽しみだなぁ。カッコイイよ。

そして、なんと言ってもカーリング。俺は長野オリンピックの男子カーリングの日本対アメリカの試合をたまたまテレビで見て、その面白さにすっかり引き込まれてしまった。その試合、すげ~試合だったんよ。メチャクチャ感動した。
日本のたしかツルガ君っていう名前だったと思うけど、奇跡のようなラストショットをさ、アメリカのもっと奇跡のようなラストショットがはじいてさ、日本惜しくも負けちゃったんだけど。あまりの劇的な幕切れに泣いたね。

そんでこの前のトリノでチーム青森の人気ですっかり盛り上がっちゃって、日本の試合は全試合放送されるし、うれしい限り。
そうそう4年前はBCも4人いたからさぁ、メンバーに「もうバンドなんかやっててもどうせたいして売れないし、一か八かカーリングやってオリンピック目指そう、チームBCで」って言ったんだけどさ、誰にも相手にされなかった。
けっこうマジだったんだけどなぁ。ちゃんとカーリング出来る施設まで調べたのに。完全シカトだったな、アイツら。
カーリングってけっこうオッサン、オバサンの選手いるからねぇ。まだ遅すぎる事はない。って、カーリングをなめてる訳じゃないですからね。マジで、やりたいなぁカーリング。

あとは、スケートの岡崎とか、ジャンプの葛西とか、やっぱ俺と同年代でがんばってる選手に注目しちゃうな。

そんな感じでこれから2週間楽しみだねぇ。

品格 [Others]

朝青龍が引退した。
俺は別に相撲に興味はないし、朝青龍のファンでもないからどうでもいい。
ただ思った事は最後まで悪態ついてでも自分から辞めてほしくはなかったなぁって事。

朝青龍に関する報道でいつも出ていた言葉が「横綱の品格」という言葉。朝青龍には日本の国技である相撲の頂点でもある横綱の品格というものが足りなかったのかもしれん。それは分からなくもない。

しかし、連日、朝青龍を叩いていたワイドショー、報道番組などが引退を発表したとたんに、朝青龍擁護派みたいなゲーノー人、著名人をゲストに迎え、引退は残念だ、こうなる前になんとかならなかったのか、朝青龍がかわいそう等と言っているのを見て、とことんウンザリした。
マスコミ、メディアが引退に追い込んだ一因である事は誰の目にも明らかだというのに。
そんな番組を作っている奴らに、品格などない。まったく気持ちの悪い奴らだ。

それから、相撲協会?っちゅーの?あれの理事選。貴乃花がカッコよかったやつ。
無記名投票だっちゅーのに、貴乃花が当選したら造反者探しなんかやってるお偉いさん方。俺はあいつらにも品格なんか感じられない。

そんな奴らが都合よく品格などという言葉を使うもんだから、日本人の品格も落ちるってもんだ。
品格っていったい何なのかね?

朝青龍の今後に望む事があるとしたら、断髪式なんかシカトして、さっさとチョンマゲなんか切り落として、好きな髪形にしちゃえば面白いのに。
そしたらまた馬鹿どもが品格がどーのって言い始めるんだろうか?

懐かしの味 [My Life]

今から10年以上前、運送屋で働いていた頃、毎日のように食べていた弁当がある。

肉屋さんがお弁当も作っていて、簡単に言えばポークソテー丼なんだけど、焼き肉のたれじゃなくて、ウナギのたれで焼いてある。

それにすっかりはまってしまって、いつもそれを食ってた。

その運送屋を辞めてから、ずっと、また食いたいと思っていたんだけど、車なら家からそんなに遠くもないが、たかが弁当を買いに行くような近さでもない。
ついでの時に行こうと思いつつ、10年以上が過ぎてしまっていた。

だけど昨日の夜、連れと食べ物の話になって、この弁当を思い出して、じゃあ買いに行ってみようという事になった。

おじさんとおばさん夫婦でやっていたんだけど、あれから10年経ってるし、店がまだあるのか心配したが、ちゃんとやっていた。

店に行くとおばさんしかいなかった。あの頃はほとんど毎日行っていたからいつも「よう、お兄ちゃんおかえり!」っちゅう感じで迎えてくれたんだけど、さすがに覚えていないようだった。まぁ、あの頃はフサフサでしたから・・・・。

カウンターの横の壁の上に弁当のメニューが書いてある紙が貼ってあってそれを見たんだけど、名前が思いだせない。ポークソテー丼っていうのがあって「これだったかなぁ?なんか違う気がするなぁ」と思って視線を落とすとカウンターの台の上にひとつだけ見本がありました。「当店自慢!小焼弁当」。これだ~!一気に記憶が蘇ったね。その見本が置いてある位置、ポップの紙と文字、昔とまったく変わっていなかった。

念のため、おばさんに「うなぎのたれで焼いてあるやつ、これですよね~?」と聞いてから注文した。

弁当が出来上がって、会計をしてから、おじさんがいないのが気になって「10年くらい前いつもここ来てたんだけど、おじさんは元気ですか」って聞いてみた。
そしたら、最近病気しちゃって大変だったけど、今日は弁当を路上販売しに出かけてるという事だった。
で、ちゃんぷるを連れてたから、「お散歩に来たの?」って言うんで、「いや、この弁当また食べたくなって・・・」と答えると「え!わざわざ来てくれたの!」とお茶を2本オマケしてくれた。
そう言えば、昔もしょっちゅうコロッケだとかメンチカツだとかジュースだとかオマケしてくれてた。変わんないなぁ。

「また来てね」と言われて、店を出た。

家に帰ってさっそく食べた。やっぱりウマイ。すげ~懐かしい。いつも、荷が出るまでの時間に、倉庫の前の駐車場でトラックの中で食べていたのを想い出してしまった。

また、買いに行きたいなぁ。

Image253.jpg

ちゃんぷるくん、そこでおすわりしても、君にはあげられないんだよ~。残念。

雪が降った [ちゃんぷる]

寒いねえ。昨日は雪が降ったねぇ。

ちゃんぷるはこたつでまるくなってました。犬なのに。

この写真はこの前、ソファの上にあるクマさんの抱き枕の上で居眠りしているちゃんぷるの上にパンダのぬいぐるみを置いたら、寝ぼけた顔してこっちをじ~っと見ていた時に撮った写真。

Image250.jpg

そしてそのまま、ぱったりとまた寝ました。