So-net無料ブログ作成
検索選択

置き去りのメロディたち [My Life]

この前、古いノートを見つけたせいで、今度は昔やってたバンドが気になって残ってる音源を聴いてみた。

俺は今までちゃんと活動してたバンドは4つ。THE HIGH-NUMBERS、SCRAP GARAGE、THE BAD NEWS、そして今やってるBC5AM。

去年の11月、俺が出演しなかったBCのライヴの後、アコースティック一緒にやってるナガツマと帰ったんだけどその時ナガツマが「ハイ・ナンバーズCDにダビングしたんだけどさ、すごいね」って言ってた。
THE HIGH-NUMBERSは90年から1年間やってた。俺はギターでナガツマはベース。

一応MDで残してたから聴いてみたらさ、すごいね。音楽なんて分かってない奴が4人集まってやってたからさ、ありえない曲ばっかり。初期衝動のかたまりだね。フラストレーション大爆発ですよ。

曲作りなんてなんも分かってないから、信じられないコード進行をする。サビで今じゃ考えられない転調をするどころか、前奏終わっていきなり転調、Bメロで元に戻ったりとか。ほんとならマイナーコードだろって所もメジャーコードでぶっ飛ばす。超パンク!超オリジナル!

そのせいかトンガリまくってて笑っちゃうけどカッコイイ。THE WHOの曲いっぱいカヴァーしてたなぁ。

で、その次にやったSCRAP GARAGEっちゅーのも聴いてみた。
このバンドで俺は初めてヴォーカルになった。

この頃になるとちょっと音楽の知識がついてしまったせいか、もうどの曲もオーソドックスな進行しかしてない。それでアレンジ能力がないもんだから、のっぺりと長い。なんかフォークロックっぽい。ぶっちゃけつまらん。歌詞も当たり前な感じだしさ。所々ポップでいいフレーズはあるんだけどねぇ。ちょっともったいない。

けど、このバンド地元でまぁまぁ人気あった。電車に乗ってたら知らない高校生に声かけられた事も何度かあったなぁ。そんな感じで調子にのってた。

ただ、この時ベースやってた、雷一家のマコトくんのハモリはすばらしいね。きっと俺のヴォーカルには一番合うコーラスだなぁ。今度BCでレコーディングする時はゲストでハモってもらおう。

そんでその次のTHE BAD NEWSっちゅーのは再びナガツマとやった。こんなバンド名だからさ、メッセージ色強いね。アレンジとかけっこう考えてるし、歌詞もなかなかマトモになった。今歌う気はしないけど。
このバンドの曲は何曲かBCでも取り上げてる。
人気ある曲もあったし、今でも友達に「あの曲はもうやらないの?」とか、たまに言われるんだけど、もうやらないねぇ。

特にこのバンドが解散した後で、俺の詞に対する考え方も詞の形態も大きく変わったからさ、もうあんまりやる気しないんだよねぇ。
BCでもやってる「MY PROTEST SONG」ってTHE BAD NEWSの頃からやってたんだけど、もう歌う気ないな。あんまり。まぁ、メンバーがどう言うか分からんけどさ。

BCの曲でさえ、あんまりやる気のない曲はある。ちゅーか、そういう曲はもうやらないと思う。たぶん。
だってさぁ、今作ってる曲の方がいいと思えるしさ。
また、気が変わったり、すげーいいアレンジ思いついたりするかもしれないけどね。

そんな感じで、置き去りのメロディたちは、こうやって時々俺だけで楽しもうと思う。まぁ、作った人の特権って事で。別にみんな聴きたくもないだろ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

捨てられた言葉たち [My Life]

さっき本棚をガサゴソと探ってみたら前に使ってたノートが2冊出てきた。

Image251.jpg

左上の青いやつはガンちゃんとBCを結成したばかりの頃のものだと思う。表紙に当時同棲してた女が落書きした。まぁ、今の奥さんですけど。
それから右の開いてるやつは2nd「4REAL」の曲を作っている頃。
ついでに下のは今使ってるやつ。

俺は基本的にモノをとっておかないタイプなんだけどね。
たとえば本とか。文庫本なんて95%ブックオフに持って行く。
本棚に残るのは置いといたらカッコイイかなぁって思うもの。バロウズの「裸のランチ」なんて面白くないけど置いてある。あとは高いやつとか、なかなか売ってないもの。あと詩集はほとんど置いてあるけどね。
それ以外はそうとう面白かったものでも売ってしまう。いつでも買えるようなものはね。
だから村上龍の「69」とか辻の「音楽が終わった夜に」なんてもう3回買ってる。

そんな感じだから、自分が詞を書くために使ってきたノートもほとんど残ってない。
残しておけば役に立つ事もあるかもしれないし、単に想い出の品になるんだろうけど、なんかさぁ、捨てていかないと前に進めないというかさ。捨てる時の気持ちってそんな感じ。

この前、ミックスダウンの日にエンジニアのカラサワさんに「曲は今まで何曲くらい作った?」なんて聞かれたけど、もう20年以上ですからねぇ、たぶん100くらいにはなってると思う。

そんでさぁ、まぁ、バンドで取り上げられてライヴとかで陽の目をみる事が出来た曲はまだいいんだけど、バンドに持って行く前に、作った俺自身によって葬りさられたかわいそうな言葉やメロディーがいっぱいあるなぁと、発見したノートを読み返して思ったわけさ。

こういう昔の自分が書いたものっていうのは一般的には恥ずかしいって思うのかもしれんが、俺はそんな事にはすっかり慣れてしまったからさ、俺に捨てられた言葉たちにちょっぴり陽の目を見させてやろうかな。


「GOOD-BYE CRUEL WORLD」
Good-Bye Cruel World 竜宮城へ行くんだ / Good-Bye Cruel World もうここには帰らないよ / Good-Bye Cruel World もう2度と生まれないよ

これは、だいぶ昔だけど幼児虐待のニュースを見て作った。曲も歌詞も全部出来上がってたけど、どんなメロディだったかはまったく思いだせない。詞はへヴィだけど曲はポップでパンキッシュだったような・・・?

「再び路上で」
暗い夜 / お前を連れて/ 道なき道の未知の終わりへ / あの日クラッシュしたカーブミラーが / ひん曲がったまま未来映してる / 今夜 / 再び路上で

これもノートを見ると完璧に出来上がってる感じだけど、メロディーはまったく分からん。佐野さんの影響バリだねぇ。

(無題)
情報が氾濫している / 放送が混乱させてる / 暴動を起こす事以外に / 方法が見つけられない / 昨日の出来事のせいで / 機能は停止したまま / 明日が近付いてるのに / はした金しか持っていない

なんかこれだけ書いてある。なかなか面白い言葉遊びじゃん。

じゃあ次は「4REAL」の頃。

(無題)
君を傷つけてしまった / 夜空が壊れた / 教えてよガドルフの百合 / 強く生きる事の意味 / 粉々になっても / きっと消えない / 手を振っているライラック / サヨナラ アイラヴユー 永遠に

これは完璧に「UNCHAINED MELODY」の原型ですねぇ。ダサイですねぇ。

「STRAWBERRY JIVE」
ストロベリーパイ食い散らかして / 至上の愛 / 甘いメロディ / コルトレーン / 部屋中にまき散らすシュガー / 今夜君はミルクの香り / 最後のイチゴをほおばったら / いつもの夜 / 君と二人で / 手をつないで転げ落ちるだけ / Strawberry Jive

これは「IN THE VELVETEEN」の最初の歌詞。メロディもちょっと違ってたような気がしなくもない。

そんな感じで、メロディだけ使われて歌詞はボツっちゅーのはけっこうある。上のふたつはまぁ、所々使われてるけどね。
今回レコーディングした「革命ロケンロー」なんてボツにした言葉全部使ったら7番まで出来るね。

今回ので言えば「風になる時」が出来る前に同じテーマで1曲出来てた。

「華が散る海へ」
華散る海へ翼広げ / 暁の空を / 南へ南へ / きらめく海と空の中で / 僕は今/ 只ひと筋に往く

これはわりと最近だからメロディも大体覚えてる。ミディアムテンポ。これねぇ、相当苦労したんよ。半年かかってやっと出来た。でもねぇ、なんかイマイチと思ってさ。だから全部捨て。それで「風になる時」が出来た。

ライヴとかCDとかで他人が聴いたら俺がどれだけ苦労しようが知った事じゃないじゃん。イマイチはイマイチでしょ。
ライヴのMCで「次の曲は、僕が半年間ずっと考えて、がんばって作った曲なんで、イマイチですけど聴いて下さい」なんて言えないじゃん。
自分がそれに費やした時間とか考えたらかなりの時間を使ってるから、それなりに思い入れも出てきてしまうけど、自分が客のつもりで聴いてイマイチなら思いきって捨てる。これ大事。
だから、逆に、俺はBCの曲の1番のファンともいえる。

ぶっちゃけ、「4REAL」以降に作った曲、全部バンドでやってたら「7x3」はとっくにフル・アルバムになってんだけどねぇ。
けど、そんな事してたら自分で自分の曲のファンでいられなくなっちゃうからねぇ。

そんな感じで、捨てるという事が大事っちゅー話でした。けど、今日見つけたノートはとっとこうかな。だってさぁ、20年やってきて、残ってんのこれだけなんだよ~。

あ~、俺に捨てられた言葉たちの中に、もしかしたら名フレーズがあったかもしれないなぁ。けど、いいや。また作るから。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャケット出来た! [BC5AM]

まぁ俺が作った訳じゃないですけど、カッコイイのが出来ました。
デザイナーは1st、2ndに続いてあの人です。
俺とガンちゃんは録音さえ終われば、デザイナーさんに、あーじゃね、こーじゃね、そーじゃね、どうじゃね?と言ってればいいんで楽なもんです。

7X3j_edited-1.jpg

どう?カッコイイっしょ!

そんな感じで「7X3」いよいよ完成に向かってラストスパートです。俺はなんもしないけど・・・。

そんでさぁ、このアルバム、曲数7曲でフル・アルバムって訳じゃないし、新曲は4曲だけだし、三線弾いてみんなで歌ったりして遊んでるし、何より低価格にしたかったから、レーベル通さないでライヴ会場メインの販売にしようっていう予定だった。

ところがですねぇ、いちおー「こんな感じでミニ・アルバム録ったんで自分たちで発売します」って報告をノブリンから社長にしたわけさ。
そしたらさ、「ウチ使えばいいじゃん」「BCはちゃんとした流通で出した方がいいよ」なんていうありがたいお言葉をいただきましてですね、「俺たちのファンから搾取してはならない」などとジョー・ストラマーみたいにカッコつける間もなく、値段も予定してた価格でOKという事になりましてですね、全国発売される事になっちゃいました!

「捨てる神ありゃ、拾う神ある」と昔の人は言ったもんだ。社長にもいろいろいる訳ですな。

病気以来、まだ復活もしてない、いまだにライヴの予定も確定していないBCにこの待遇、まったくありがたいことです。

こうなると復活ライヴのためにリハーサルをしなくてはいけません。リハーサルをするためにスタジオに入らなくてはいけません。スタジオに入るためには金がいります。そろそろNEAT NEAT NEATのDAMNEDなままじゃいられなくなってきました。
来週、失業給付の列に並ぼうと思います。そう言えば、ジョー・ストラマーも失業者の列に並んでいる時にミック・ジョーンズとポール・シムノンに出会ったのでした。なんかいい事あるかなぁ。
ちゅーか仕事探せって感じですかね。

そんな訳でニュー・アルバム全国発売です。


BC 5AM 7X3

2010.04.01 発売 (俺のバースディじゃん!) 

People's Records PRCD-0344 1,000(Tax in)

①ヘッドライトを夜明けに向けて
②革命ロケンロー
③旅之途上
④風になる時
⑤IN THE VELVETEEN (new version)
⑥UNCHAINED MELODY (acoustic session)
⑦旅之途上 (三線version)


よろしくね!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

台場 [ちゃんぷる]

Image244.jpg

夜のお台場で散歩してきました~!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

15年前 [My Life]

15年前の1月17日、朝、かかってきた親父からの電話で起こされた。
「神戸が大変なことになってるからすぐに来い」
俺は「何を寝ぼけた事を言ってやがる」と思って昼ごろまで寝てた。

当時は鎌倉に住んでいたんだけど、その日は15時から自由が丘のスタジオでリハーサルだった。リハーサルといっても俺とベーシストの2人だけ。いずれ最強のロックンロール・バンドを作るべく、メンバー探しをしながら2人でジョニー・サンダースやクラッシュやなぜかデッド・ボーイズの曲で練習してた。

スタジオの時間に間に合うように食事をするために昼過ぎにセットしていた目覚ましで起きた。起きてからなんとなくテレビをつけた。
そこに映っていたのは信じがたい光景だった。
朝、親父が言っていた事の意味が分かった。

神戸は俺が生まれた街。母親の故郷。親戚のおっちゃんやいとこも住んでいる街。
すぐに実家へ行ったが誰もいなかった。親戚の家に電話してみたけど当然つながらない。大阪にいるいとこの家に電話してもつながらない。

なす術もなく、とりあえずスタジオに向かった。
リハが終わって、いつもなら2人で飯を食いに行き、音楽の話を延々としていたんだけど、その日はそっこう帰った。

自分のアパートにギターを置いて実家に行くと親父も母親も妹もそろってテレビを見ていた。
テレビではおっちゃんが住んでいる長田区の被害がひどいと言っていた。瓦礫の山を必死に掘り返す人たちや避難所に集まった人たちが映されていた。
ちらっとでいいから画面に映ってくれ!そんな気持ちでテレビの画面を見ていた。

親父はひっきりなしに電話をかけていたが、どこにもつながらなかった。
俺はそこである事を思い出した。家の電話より公衆電話の方がつながる。当時、つながりにくいチケットぴあに電話する時は必ず公衆電話だった。
俺は関西の親戚の電話番号を、それこそ今まで会ったこともない遠い親戚のものまですべて書き写して公衆電話へ向かった。

30分くらいダイヤルし続けてやっと1件かかった。今となっては名前さえも思い出せない遠い遠い親戚の家。たぶん神戸よりもっと西にいる人だったと思う。
母親の旧姓と名前を言って自分が何者か分かってもらった。その人はここは無事だという事と心配してくれてありがとうというような事と他の親戚たちの事はまったく分からないという状況だと言っていた。
実家の電話番号を言って、何か分かったら連絡を下さいとお願いした。
その後もしばらくそこで電話をかけたが一切つながらなかった。

家に帰ってからずっとテレビを見ていた。大好きなおばあちゃんは大阪のいとこの家にいるはずだけど、とにかく連絡が取れないのが不安だった。六甲山のふもとにいるいとこの一家、そして何よりテレビでさんざんひどい被害だと報道されている長田区のおっちゃんが心配だった。

その日はそのまま実家に泊まった。

次の日から少しずつ情報が集まってきた。関西圏どうしはなかなか電話がつながらないみたいで電話番の親父が親戚たちの情報の中継所みたいになっていた。
大阪は無事、おばあちゃんも大丈夫、六甲のふもとのいとこのとこも無事、だけど長田区のおっちゃんは最後まで情報がなかった。

やっと夜になって大阪からおっちゃんが無事に避難所にいるという連絡が入った。
幸いなことに俺の親しい親戚も会ったこともない遠い親戚も全員無事という事がわかった。

俺は自分のアパートに帰った。

それから3週間ほどして、神戸の様子を見てきてほしいという母親の希望もあり、大阪のいとこと一緒に長田区のおっちゃんの所にお見舞いに行った。
おっちゃんのマンションは壁が焦げていた。隣の建物は焼けてしまっていた。おっちゃんのマンションはギリギリ火災を免れたらしい。
「日ごろの行いがええからや!」とやーさんヅラで笑っていた。

それにしてもひどい光景だった。おおげさじゃなく、建っているビルのどれがまっすぐなのか、曲がっているのか分からなかった。

昔おばあちゃんが住んでいた家があった六甲道まで歩いた。
途中、大きな公園にも小さな公園にもテントが張られていた。そのうちのひとつからジョン・レノンの「スターティング・オーバー」が流れていた。

潰れかけた商店街のシャッターはメッセージ・ボードになっていた。「OO元気です」とか「☆☆の避難所にいます」とか、たくさんの文字で埋まっていた。

おばあちゃんの家があった所、母親の実家、子供のころ夏休みの度に訪れていた家の一帯は一面瓦礫の山だった。おばあちゃんがここにいなくて、大阪のいとこの家で暮らすようになっていてよかったと思った。
だけど、夏休みにいつも俺と遊んでくれた向かいの家のおばさんはそこで死んだ。手を合わせた。泣いた。今でもまだ顔も名前も覚えている。

バイトなんかやめちまってボランティアをする経済的余裕のない、それより、あと先知ったことかという勇気のない自分が悔しかった。

おっちゃんの家に2泊して帰った。特に何かをした訳でもなく、そこで出会った人たちに、むしろ何かを教えられたような気持だった。みんな明るかったから。ソウル・フラワー・ユニオンには会わなかった。

帰ってから、自分も行きたいという母親に、あまりにもショックだからもうちょっと街が落ち着くまで行かないほうがいいと伝えた。


細かい事はとばしたけど、これが15年前の1月17日の記憶。


今日、1月17日。15年前と同じようにスタジオにいた。

新しいミニ・アルバムのミックス。まぁ、ほぼ予定通り順調に進んで、途中、近くの公園とかで内ジャケット用のメンバー写真も撮ったりして、ついに完成しました。

全部終わってCD-Rに焼いてもらっている間に名エンジニアのカラサワさんに「ストーンズのアルバムでベスト3って何?」と聞かれたんで「12×5」と答えようかと思ったけど、ぜんぜんベスト3に入ると思ってないんで「やっぱベストはメインストリートで、次はブラック&ブルーかなぁ」なんてマジメに答えてしまった。ちなみに3位はスティッキーかベガーズ・バンケットですね、俺の場合。この辺けっこうカラサワさんと同じ感じで、エンジニアと嗜好が似ているとレコーディングがスムーズに進むし、お互いの意見が分かりやすく新しい発見もありでいつもいい感じです。

そんな感じで「7×3」俺の仕事は終わったなぁ。あとはウチのデザイナーがカッコいいジャケットを作ってくれることでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オムライスの次はハンバーグ!? [BC5AM]

ニューアルバム、レコーディング終わりました!
アルバムっていうか、ミニ・アルバムみたいなもんなんだけど。

去年の8月から始めて、サクサクっと秋頃には完成のつもりだったから、前の時みたいに特別ブログに書いたりしてなかったんだけど、病気のせいでずいぶん遅くなっちゃったねぇ。

新曲4曲とニュー・ヴァージョンの曲が1曲、アコースティック・ヴァージョンが1曲、ボーナス・トラック的なのが1曲の計7曲。

今日はなかなかいい感じのが録れた。順調すぎるくらいだったね。あとは今度の日曜日にミックスをして完成。

2008年10月から3人でやってきたBCの記録っちゅう感じかな。そんな感じだから今回のはレーベル通さないで完全自主製作。そんなに作りこんでないからね。

そんな訳でライヴ会場メインの発売になっちゃいます。遠くの方やライヴにはなかなか来れない方でぜひ聴いてみたいっちゅー人がいたら送ります。プレスまですべて終わったら通販開始しようと思いますんで、その時はよろしくお願いします!
ジャケットとかデザインして(俺がやるんじゃないけど・・)商品として完成出来るのは春くらいになってしまうかな?

タイトルは「7×3」。よく分かってるロック・ファンの方はこのタイトルの付け方にニンマリして下さい。
そうじゃない人のために言ってしまうと「7曲を3人で演奏」っちゅー事です。
1stとか2ndみたいに深い意味はないです。記号みたいなもん。バンド名と一緒。深い意味はないよ。アルバムのコンセプトも特にないしさ。ただ3人って事にはこだわりたかったけどね。

まぁ、新曲って言ってもライヴでやってる曲ばっかりっちゅー事で曲目発表しておきます。

☆ ヘッドライトを夜明けに向けて
☆ 旅之途上
☆ 風になる時
☆ 革命ロケンロー
☆ IN THE VELVETEEN (New Version)
☆ UNCHAINED MELODY (Acoustic Version)
☆ 旅之途上 (三線Version)

以上7曲。曲順はまだ決まってないや。

いつもの事だけど、ブログ書く時になって写真撮っとけばよかった、と思う。けど、終始ゴキゲンに楽しんでたり、何かにマジメに取り組んでる時にモバイルカメラの事なんか思いだすかっちゅーの!
いいんだよ。覚えてるから。
耳の病気で予定よりだいぶ遅れちゃったし、何より続けられるかっていう心配もあったんだけど、無事録音終わってよかった。録音最終日がほんと楽しい1日だったんで今日の事もきっと忘れないだろうなぁ。

ミックスはこれからだけど、いいアルバムになると思うよ!

あぁ、あと、今日のブログのタイトル、アルバム聴いたら分かるよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2010 [ちゃんぷる]

A HAPPY NEW YEAR!

2010年始まりました。
宇宙の旅にはほど遠い生活ですが、年明けてすぐに、いつものように近くの神社へ初詣。いつものように俺の家族とBCのメンバーの幸せを願う。
そこの神社、毎年景品付きおみくじっちゅーのがあって、テレビだとかチャリンコだとか米だとか、けっこう豪華な景品があったんだけど、今までガーナチョコしか当たった事がなかった。いつか当ててやると思っていたんだけど、今年はそのおみくじ自体なくなってた。無念。神様も不景気か?
普通のおみくじひいたら、どの項目も「慌てず待て」みたいな感じでした。
まぁ、のんびりやっていきますよ。ニートですから。
新年の決意とか新たなチャレンジとかあんまり好きじゃないしさ、自然の流れでね、それでいいよ。

あ、決意といえばひとつあった。今年こそテレビ買う!もう色がおかしくなっちゃってさぁ、赤系が出ないみたいでさっき観てたら桜が青かったもんなぁ。そんなとこかな。

そんな感じで、正月気分といっても3カ月前から年末年始の休暇に入っていたんで、特別変わった事はないなぁ。

Image238.jpg

ちゃんぷるは今日、連れが行ってきた正月のセールでダウンを買ってもらいました。
ちゃんぷるのサイズは微妙なとこで、ちょうどピッタリなのがなかなかないんだけど、ちょっと大きめでしっぽの付け根まで届くサイズにしたそうです。
もちろんチワワ用ではありません。

それを着て夕方散歩に行ったら、張り切って歩いてたね。帰ってからは寝てばかりだけど。

そんな訳で、2010年。贅沢は言いません、俺と俺の大切な人たちに(犬も)楽しい日々が少しでもたくさんありますように。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット