So-net無料ブログ作成

ロック・ドキュメント映画 [Music]

そう言えばさ、1週間くらい前にマイケル・ジャクソン「THIS IS IT」観に行ったんよ。連れが観たいっちゅーからさ。
いやぁ、まぁ、面白かったよ。
そりゃあ、俺たちのバンドとは規模がぜんぜん違うけどさ、雲泥の差だけどさ、勉強になるとこたくさんあったよ。何しろあっちはそこにかかわる全員がプロ中のプロな訳でさ、ひとつのステージを作り上げていく過程を見れたのは興味深かった。

けどね、なんかある意味予想通りっちゅーか。ストイックでマジメで優しいマイケル。一切の妥協を許さない完璧主義。すべて予想してたマイケル像の範疇でこれといって特別な事ってなかったなぁ。
リハーサル中の映像がほとんどで、それ以外の部分がもっと見れたらよかったんだけどなぁ。

しかしあそこまで出来上がっていて本番のステージに立てなかったのは無念だろう。完成したコンサートの映像を見てみたくなってしまうな。まぁ、それが叶わなかったからこの映画が公開されたんだろうけどね。

俺は特にマイケルのファンではないけど、それなりに楽しめた。ファンにとっては幻となってしまったコンサートのリハが観れるっていうのはきっと涙ものなんだろうけどね。

ロック系じゃない超スーパースターのドキュメント映画だったらマドンナの「IN BED WITH MADONNA」とか面白かったな。

まぁ、そんなこんなで、今日は俺のお勧めのロック・ドキュメント映画を紹介しようかな。

もちろん俺の好きなアーティストのものばかり観ているんだけど、U2「魂の叫び」、JOE STRUMMER「ロンドン・コーリング」とかね。THE WHO「キッズ・アー・オールライト」(「アメイジング・ジャーニー」まだ観てないんよ)、BOB DYLAN「ノー・ディレクション・ホーム」、THE ROLLING STONES「ギミー・シェルター」、JOHN LENNON「イマジン」、あ、ジョンだったら「ギミ・サム・トゥルース」の方が面白いか。まぁ、あげれば名作はたくさんあるんだけど、今日俺が紹介したいのは違うんだなぁ。

主人公はネクタイをした地味なただのおっさん。こんな言い方は好きじゃないけど言ってしまえば“負け組”ってやつ。ロスの郊外の図書館にバスで通勤している55歳。しかし、その人は・・・。


ニューヨーク・ドール [DVD]

ニューヨーク・ドール [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



って事で、これ。「New York Doll」。元NEW YORK DOLLSのベーシスト、アーサー・ケインのドキュメンタリー。
この映画の監督が、いくら元ロック・スターとはいえ、なんでこんなただのオッサンを記録しようと思いたったのか疑問ではあるが、結果、感動的な人間ドラマの記録になった。

後のパンク、ニューウェーヴ、あるいはメタルなどに大きな影響を与えたNEW YORK DOLLSの華々しく毒々しい時代の後、アーサー・ケインは徹底的に落ちぶれ、活躍する他のメンバーを嫉み、特にヴォーカルのデヴィット・ヨハンセンには恨みにも近い感情を持っていた。そして自殺未遂。その後モルモン教へ入信。心に平静を取り戻し平凡な日々を送っていたアーサーに突然30年ぶりのNEW YORK DOLLS再結成の話が届く。

ちゅー話なんだけどさ、NEW YORK DOLLSなんて知らないって人でも見応えのあるドキュメンタリーだと思うよ。モルモン教がどうとか関係なくてさ、元ロック・スターの再生への話でもなくてさ、、このドキュメンタリーは人間のドラマなんよね。ぶっちゃけ俺自身NEW YORK DOLLSってそれほど思い入れの強いバンドじゃないし、アルバムも売っちゃって今はベスト盤しか持ってないし、HEARTBREAKERSの方が好きだしさ。

けどね、この落ちぶれた敗残者の人生のドラマには胸を撃たれたよ。
ステージ本番前にアーサーが祈りを捧げるシーン「ジョニー、ビリー、ジェリー、彼らの魂が我らと共にありますように」とか、ステージ後のはしゃぐデヴィッドと対照的に静かに微笑むアーサーとか、ラストのハーモニカとか。

俺はこの映画はDVDを買って観たんだけど、その時はもちろん結末は分かってた上で観たんだけどさ、それでも泣いたね。まるでフィクションのような結末だよ。
このロック・ドキュメンタリーの感想は他のロック・ドキュメンタリーと違ってさ、「やっぱり音楽って素晴らしい」じゃないんだよ「やっぱり人間って素晴らしい」なんだよね。

静かな感動がずっしりと心に残る名作だと思います。ロック・ファンはもちろんそうじゃない人にもお勧めです。

とは言ってもこんなマイナーな映画がツタヤに置いてあるはずもなく、DVD買うしかないと思うが、アマゾンで見たら中古で2000円~あったね。新品で買ってもぜんぜん損はしない映画だと思うけどさ。上の画像クリックしてみて。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

冬がくるねぇ [ちゃんぷる]

Image220.jpg

この前のちゃんぷるの写真とほとんど同じシチュエーションだけど違う日です。
ちゃんぷるはいちおーチワワなんで寒いのは嫌いなはずだけど、今のとこ元気に散歩に出かけます。
普通のチワワのようにプルプルふるえたりしません。
けど、やっぱ寒い日は早めに帰りたがります。

冬がくるなぁ。やだなぁ。南国で暮らしたいなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

11.10 OUT BREAK [BC5AM]

10日はアウトブレイクでBCのライヴ。

今回も俺はお休みです。

1日よりも全体的にはよかった気がするなぁ。

自分のバンドを客席で観るというのはなかなか楽しかった。まぁ、曲もメンバーも半々なんだけど、それでもBC5AMというバンドのライヴを観るのは貴重な経験だったな。ほんと楽しかったよ。

Image219.jpg

ヘルプでがんばってくれた2人。コージとタケ。ほんとにありがとう。感謝します。

set list
①JERRY BEANS ROMEO & THE FINAL WORLD
②GANG ROCKER(The Modsのカヴァー)
③Brand New Caddilac(The Clashヴァージョンのカヴァー)
④今日ですべてが
⑤このすばらしきせかい
⑥CALL YOU

これでBCの予定はすべてなくなってしまいました。あとは俺次第か。まぁ、とりあえずチベチベで忘年会かな?
のんびり、だけど全力で行こう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パン食われた [ちゃんぷる]

今日はちゃんぷると散歩。ちゅーか昨日も一昨日もだけど。

昨日公園で走り回ったから今日はあんまり歩かないかと思ったら、張り切って歩いてましたね。

Image217.jpg

よく行くスタジアムの前では人があまり通らないのをいいことに走り回ってました。

それで夜ちょこっと出かけたんだけど、当然ちゃんぷるは疲れて寝てんだろうと思ったのが甘かった。
帰ってきたら、買い物バッグの中から夕方買ってきた食パンがはみ出してる。

袋に穴をあけてかじられてました。
で、よく見たら8枚入なのに6枚しかない!

ちきしょー、2枚も食いやがった。

ちゃんぷるはすっかりおなか一杯で、もう寝てます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

希望 [BC5AM]

1日はクラブドクターでBCのライヴ。

まぁ、俺は出演しなかったけどね。

代わりに3人の助っ人ががんばってくれました。どうもありがとう。ほんとに感謝します。

今日は俺も観に行った。聴力自体はあまり回復していないんだけど、体が慣れてきたせいか最近はだいぶ楽になってきたから、一応持って行った耳栓をしないでも聴くことが出来た。まぁ、ガンちゃんのベースは相変わらず割れた音に聞こえてしまうんだけど。もう20年もガンちゃんのベースは聴いてきたから別にいいか(笑)。それでも前は音程なんて分からないくらい雑音にしか聴こえなかったのが、割れていながらも音程が分かるようになっていた。少しは回復してるってことか。

客席で初めて観るBC5AM。カッコよかったね~。そりゃあ急に集まったメンバーだからかなり荒削りなとこはあるに決まってるんだけど、それも含めていいライヴだったと思うよ。
俺はかなり楽しめたね。30分がアッという間だった。
このメンバーでバンドやればいいのに・・・。ってそしたら俺はどうすんの?

コージ、アッちゃん、タケ、どうもありがとう。アッちゃんは10日は出演できないからお疲れ様でした。ほんとに助かりました。

set list
①Gang Rocker(The Modsのカヴァー)
②Jerry Beans Romeo & The Final World
③Let's Go Garage(The Modsのカヴァー)
④今日ですべてが
⑤このすばらしきせかい
⑥Call You

そしてそして、BCはまた次のアクションを起こそうと思います。
まぁ、俺の耳の状況を見つつになってしまうけど、レコーディングを再開したいなぁ。
そのあとは、まぁ、楽しみにしといてよ。
ちゅーか俺が一番楽しみにしてるんだけどね。

音楽っていいよね~、やっぱり。最近クソみたいな事がいろいろあったけど、なんか急に気分が晴れちゃった。
BC5AMサイコーっす!
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感