So-net無料ブログ作成
検索選択

夏の終わり [My Life]

今年もまたひとつ夏が終わった。

すごい試合だったね。甲子園。

今年の夏、新潟に気になる選手がいた。去年の代表校、県央工の古村投手。報徳戦で2-0とリードしてる所で3年生エースをリリーフした背番号10の2年生。ところが同点に追いつかれ、9回裏サヨナラホームランを打たれてしまった。その時の打たれた瞬間、ガクッとなった古村君の表情がすごく印象的だった(今年の熱闘甲子園のCMにもその映像が使われてた)。がっくり肩を落とす2年生を3年生が励ます姿。高校野球にはありの敗者の美だった。
去年、彼は2年生だったから今年はエースとして甲子園にまたやってきてほしいなと思っていた。

今年は各都道府県の代表が決まるとお知らせメールが届くっちゅう携帯サイトの会員に登録してたんで、ある日の夕方、新潟県代表決定のメールが届いた。新潟代表「日本文理」。あれっ?古村君負けちゃったんだ。と思ってネットで調べたら、準々決勝で日本文理に10-0、5回コールド負け。ちょっと残念だったけど、高校野球は特定のチームを応援しない主義だから、これもまた人生と勝手なことを思い、それにしても去年の代表校にコールド勝ちする日本文理にちょっと驚いた。

そして始まった甲子園。最後まで勝ち上がっての今日の決勝戦。「くじ運がよかった」などと言っている人もいたらしいが、全試合2ケタ安打、史上初の2試合連続毎回安打、チーム打率4割越えの打線、そしてピッチャーの伊藤君は本物だった。

10-4と6点差の9回、簡単に2アウト取られてからの反撃。いやいや9回2アウト2ストライクからの反撃。あとひとつのストライクで試合が終わる場面。その後にあんな素晴らしいドラマが生まれるなんて誰が想像できただろう。いったい何度2アウト2ストライクになったのか。ファウルで粘って、振らせようとするボール球を見極めて、ヒットでつないで5点。最後のサードライナーもあと15センチずれていたらどうなっていたか分からないようなすごい当たりだったよね。

高校野球の真髄だったね。興奮したよ。ドキドキしたよ。感動したよ。すごかった。
ファウルフライを3塁手が捕れなかった時は、子供のころに見た“神様が作った試合”と言われている簑島対星稜の試合を思いだした。

結果10-9で中京大中京の優勝だったけど、なんか優勝した中京より日本文理の方が間違いなく印象に残ってしまうという試合だった。

ゲームセットの時、いつもならマウンド付近で優勝チームの歓喜の輪が出来上がるんだけど、中京はもう、やっと終わったって感じで、なんかグダグダだったし。まぁそれだけあの最後の攻防に全神経を注いでたってことだけど。負けた日本文理の方が優勝したみたいに溌剌と笑顔だった。
優勝に貢献したエースで4番の堂林君なんてインタビューで泣きながら「最後情けなくってすみません」なんてあやまっちゃてるしさ。

来年の熱闘甲子園のCMは歓喜の輪がなくてどうすんのかなぁ、なんて余計な心配してしまったり。

この試合、俺は、打撃戦の7点勝負、ゲームのカギは中京の堂林君って予想してたんだけど。まぁ、みんなに適当に聞き流されてたけどさ。だいたい当たってたでしょ。まぁ、妥当な予想だけど。堂林君はホームランも含む4打点、打たれたのも含めてゲームの中心にいたと思うし。10点までいくと思わなかったんだけどさ。

とにかく歴史的な試合だったと思うよ。

大会が始まって全49校の1試合目が終わった時点での俺の予想は帝京と花巻東が強いかなぁと思ってたんだけど。
帝京は出場するたびに熱戦を見せてくれるよねぇ。九州国際大付属とのサヨナラゲームは仕事中の車のラジオで聞いてて、ドキドキしたし。
花巻東は春の準優勝からピッチャーの菊池君がかなり注目されてたけど、チームがほんとにいいチームだった。アウトになっても拍手とハイタッチで迎えるチームワークのよさ、菊池君の怪我は不運だったけど、見ていて気持ちのいいチームだったな。

今年は近年には珍しく打力より投手力の大会だったような気がするが。どのチームにも勝機のある均衡した試合が多かったんじゃないかな。
まぁ、毎年、夏の甲子園には感動させられるんだけどさ。

この14日間(今年は雨で延びたから16日間)が俺にとっては夏の条件がすべてそろった本当の夏なわけで。夏が終わったなぁ。


そうそう、この前仕事で、今から約30年前、俺が甲子園を夢見て白球を追いかけてたグラウンドの近くに行ったんよ。ちょっと寄り道して、車を停めてグラウンドにおりてみた。

Image184.jpg
これがそのグラウンド。
何も変わってなかった。懐かしかったなぁ。今でも俺が入ってたリトルリーグはここで練習したりしてるのかなぁ?
夢の跡って感じだな。

そんな感じで、何年か前の熱闘甲子園のテーマソングだった森山直太郎の「夏の終わり」が聴きたくなった。
「夏の終わり」は俺がイメージする熱闘甲子園にぴったりだったな。
まだまだ興奮冷めやらぬだけど、直太郎BGMで寝よう。


あ!すっかり甲子園に気を取られて忘れてたけど、今日レコーディングじゃん!ギター練習してないじゃん!フレーズの整理もしてないし、書き直したかった歌詞も考えてない。
それにアコースティック・ユニットのリハのためのスタジオも予約すんの忘れてる!
やばい、俺。

リズム録り手こずらねぇかな。そしたら俺の出番は明日まで延長される。失敗しろ、ノブリン。
あ~、もう夜が明けちゃってるよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カレー [ちゃんぷる]

カレー屋さんに行きました。

Image179.jpg

ちゃんぷるに狙われる前に全部食っちゃったよ~。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

8.15 Naked Loft [Acoustic]

8月15日、Naked Loft「NO PEACE NO LIFE」来てくれたみなさんどうもありがとう。

昼前に起床。ちゃんぷると熱い太陽が照りつける中をちょっとだけ散歩。青空を見上げ、ほんの少し平和を感じる。それはきっとちゃんぷるのおかげかな。

2時半に家を出て4時前に会場入り。すぐにカラスのリハ。少しあいて俺のソロのリハ。この頃には会場にたくさんの写真が貼られていて、少し異様な空気。と思っていたのは俺だけか?

Image178.jpg
これはステージ。

リハが終わってから、壁に貼られた残酷な写真を1枚1枚見ていたら、だんだん頭が痛くなってきて、涙が溢れてきてしまった。で、人に見られると恥ずかしいから、軽く食事をしに行った。

戻ってきて、客席に座っていたんだけど、また涙が出そう。もう、しょうがないからさ、楽屋に行ってちょっと早めだけどメイクしてた。

そこにこのイベントの主催者の渡辺伸一さんが来たんで、少し話をした。壁に貼られている写真のこと。戦争を伝えていくということ。平和のこと。
伸さんは言っていた。「空爆っていうのは痛みがない。爆弾落として終わり。その下にいる人の痛みがわからない。今はもっと簡単になってボタン押してミサイル飛ばして終わり。だから俺は残酷すぎるかもしれないけど、あの写真を見せなきゃと思った」って。

去年、14日、俺はこのイベントを観に行った。同じように会場に写真が貼られていた。ビデオも流されていた。主催者の意思をはっきりと感じられた。平和とか終戦記念日とかそんな名目だけのイベントじゃないと思った。俺もいつか出演したいなぁ、なんて思ってた。

ぶっちゃけ言っちゃうと、伸さんに出演オファーもらうより先にNapの方から出演依頼があった。もちろん終戦記念日=PEACE LIVEってことなんだけど、断った。Napはチャリティーでその日の売上を日本赤十字社に寄付する所は全面的に賛同するけど、はっきり言ってしまうと平和の名をかぶせてあるだけで、出演者にどれだけの意思があるのか、去年の13日(終戦イベント3Days初日)に出演した時にまったく分からなかった。だから「平和、平和というけれど、そんなもん、平和がいいってことぐらい誰だって分かってんだよ」みたいなMCを言っちゃったんだと思う。終戦記念日に平和イベントやるなら、中途半端なことはやりたくない。

そんなこんなでNapを蹴ってからだいぶたって伸さんからメールが届いた。「よかったら歌いに来ない?」って。メチャクチャ嬉しかった。けど、緊張した。ハンパはできねぇなって。

俺、ライヴの時ぜんぜん緊張とかしなくて、自分でもテンションあげるのに苦労するぐらい緊張しないんだけど、今回は久しぶりに緊張したね。
もう出演決まってから、選曲にしても、MCにしても、どうしようかって相当考えてたんだけど。まぁ、曲は軽い内容の歌はこの際いっさいなしにして、ラヴソングと命についての歌のみにしようと思った。MCは当日もずっと考えてたんだけど、結局答えは出せなかった。で、選んだ曲がこれ。

set list
①UNCHAINED MELODY
②La Vida Bonita
③麻のスカート
④風になる時
⑤このすばらしきせかい

もし俺が客席にいたら、ほんとうっとおしい選曲なんだけどさ、この5曲にしてよかったと思ってる。MCももう思いつくままにしゃべちゃったけど、何か伝わったかなぁと思う。
戦争と平和、愛と平和、このことについて考えるたびに、必ずぶち当たる矛盾は矛盾のまま、全部だせたかなぁ。
俺はまぁ、満足だけど。うたとかギターとかはずしてるのも全て。
そんな感じ。

今回は、もう日ごろから対バンしたいなぁと思ってる人たちばかりだったからさ。伸さん、サリー、そしてまぁ俺もメンバーなんだけどカラス。
いい1日だったな。いい1日っていうか、意味のある1日だったと思うよ。俺自身受け取るものが多かった。お客さんにも何かが伝わってればいいな。



そんな訳で、次の休みの日には友達の墓参りに行こう。命日が14日で必ずその前後には行ってるんだけど、今年はまだ行けてないから。
それから靖国神社にも行かなきゃな。15日は、ばあちゃんの誕生日だったからさ、じいちゃんに報告してやらなきゃ。「あなたが守った人は94歳になりました」って。

俺はちゃんと参拝するよ。バリバリ公式参拝。

80年代、俺たちはスリムのジーンズにシャツをインしてさ、彼女に作ってもらったフェルトの生地で出来た巾着袋を肩にぶら下げて闊歩してたじゃない。今、考えたら大変な間違いを犯しているんだけどさ、その当時はそれがナウなヤングのイカしたファッションだと信じてた。そういう時代だった。

40年代、男子は家族のため、日本のために戦場で命をを落とすのが美徳とされていた。今、考えたらそれは絶対に間違っていると思う。だけど、その時代の若者のほとんどが、それを信じていたんじゃないかなと思うんだ。俺たちがスリムのジーンズを信じてたみたいに。

よく、本当は戦場になんて行きたくなかったはずだとか、志願もほぼ強制されたようなものだとか、そういう意見もあるけど、確かにみんな死にたくなんてなかったはず。だけど、戦死した人たちは自分の意思ではなく他人に強制されて死んだって事になってしまうと、彼らの死がひどく軽く扱われているような気がしてしまう。
知覧で見てきた特攻兵の遺書には、多くの人が、家族を守りたい、故郷を守りたい、日本を守りたい、というようなことを書いていた。それが嘘だというのか。彼らが最後に残した想いを否定するのか。それじゃ、あまりにも淋しくはないかい?

「靖国神社で待ってます」これもたくさんの人が書き残している言葉だ。靖国神社は軍国主義の象徴だとかいう奴もいるけど、俺はそんなことは知ったことじゃないんだ。正しいとか間違ってるとか、そんなことじゃなくて、家族の未来、日本の未来のためになると信じて死んでいった人たちの“想い”を尊重したいだけだ。

だから俺はバリバリ公式参拝するぜ!

みんな、ほんの少しだけ、64年前の事を考えてみよう。参拝なんてしなくてもさ、靖国にある遊就館っていう資料館とかは行ってみる価値あると思うけどね。あとは自分で決めたらいいじゃん。i-podでお気に入りのロックンロールを聴きながらでいいんだよ。そこで何かを感じたらそれが君の答えだよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

熱闘再開 [My Life]

台風のせいで甲子園は2日間延期。
せっかく決勝戦の予定だった22日に休みを取っていたのにあっさりずれてしまった。残念。
決勝戦見たかったよ~!

大会第2日目の1回戦広島の如水館と高知の試合は、2度、途中降雨のためノーゲームに。2回とも如水館が勝っていた。
こうなると思い出すのは6年前、初全国制覇する前の年、甲子園初勝利を目指す駒苫。4回表まで8対0で大量リードが激しい雨のためノーゲーム。翌日の再試合で5対2で倉敷工に負けたのでした。
なんか今回もそんな展開かぁ、と思っていたらやっぱりね。9対3で高知が勝ちました。
かわいそうだけどしょうがない。これが甲子園っちゅーもの。

さてさて、今年はどんな試合が見れるのか。初出場が13校とここ数年の中じゃかなり多い大会になったんじゃない?
やっぱり注目は岩手の花巻東かな。春の準優勝、ピッチャーの菊地くんは大リーグも注目してるようで。
だがしかし、1人の力では勝てないのが夏の甲子園、春準優勝のチーム力はどうだろう。東北勢は優勝してないからなぁ。しかも岩手なんてだいたい1回戦か2回戦で敗退してしまうのが多いけど。そろそろ優勝チームが出てもいい頃なのかも。がんばれイーハトーヴの子供たち。
ちゅーか、みんな頑張ってるし。俺は今年もいい試合を見て楽しませてもらうよ。


Image176.jpg

今年も当然、熱闘甲子園は全日録画予約。
熱い夏に期待。


そんな感じで、ライヴ告知。

8.15(土)
新宿Naked Loft

渡辺伸一Presents
「NO PEACE NO LIFE vol,3」

OPEN/START 18:00/19:00
ADV/DOOR 2000/2500

出演
渡辺 伸一(the69)
鈴木晃二(MONKEY TRICK)
カラス
マルキ・ド・サリー(24thDecember)
ONOchan(BC5AM)
タクオ(しょうたく)
DJ/Z、etc...

ソロ・アコースティックとカラスのメンバーで2ステージやります。
ONOchanソロは19:35~
カラスは20:45~

終戦記念日のイベント。何かを伝えたいと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

夏が来た・・・? [ちゃんぷる]

いよいよ俺の1番好きな月、8月に入りました。
しかし、この気候は何?梅雨はあけてなかったのか?

8月はさぁ、もうメチャクチャ暑くなってもらいたいんだよ。歳とって暑いの辛いんだけどさ。それでも灼熱の太陽が照りつけてもらいたいんだよ。じゃないと俺が好きな夏にならないじゃんか。

わりと夏は暑くて嫌いっていう人多いけどさ、そういう人に何で夏が好きなの?とか聞かれるけどさ。“夏には人生のすべてがある”と思わない?生と死、出会いと別れ、成長、挫折、恋、青春、冒険、そういうもの全て短い夏の間に経験しなかった?灼熱の下でさ。

そんな訳でさ、早く熱い夏が来ないかなぁと思う訳さ。
とりあえず8月8日の甲子園開幕には間に合ってほしいなぁ。
今年は初出場校がけっこう多いね。神奈川も横浜隼人が初出場。横浜に勝ち桐光に勝ち決勝もいい試合して桐蔭に勝ち、甲子園でも頑張ってほしいなぁ。まぁ毎年言ってる事だけど高校野球はどのチームが勝ってもいい。強豪校も初出場校も地元も関係なく、ただいい試合を見たいだけだから。

ちゅー事で、夏よ来い。

Image171.jpg

31日に散歩した時の写真。青空にサルスベリがいい感じ。ちゃんぷるは公園で走りまわってちょっと疲れてます。