So-net無料ブログ作成

4.11 club Doctor [Acoustic]

11日、ドクター、ONOchan ソロ、どうもありがとう!
対バンのみなさん、ドクタースタッフのみなさん、ありがとうございました。

4月なのに寒い日だった。でも、ドクターへ向かう途中の信号待ちで、桜と雨がとても美しく、写真なんか撮ってみたり。

0411.JPG

ところが写真の出来栄えがいまいちだったり。

ライヴの方は、前回よりはいい感じで出来たような……。
何回かスタジオ入ったし。前回、家練しかしてなくてモニター作りがいまいちだったから。
そんでも、まだまだですけどね。まだまだというよりぜんぜんですかね。まだやれると思うから。

今日の対バンの3人、みんなソロだったのだけど、ほんといいライヴで刺激になった。
なんちゅーかなぁ、俺、どうしても自分のロック・スタイルっちゅーか、そういうのあるし、バンドあってのヴォーカルONOchanっていうプロデュース(出来てるか分からんが)してしまうし。
今日の3人観てて思ったんだよね、ソロは「個」がすべてだって。濃いんだよね、いい意味で。
たまにバンドでもいるじゃん。どん引きする奴。寒い奴。分かりやすく言うと尾崎。尾崎豊、俺、大好きだけど、あれはソロ・アーティストだから成り立ってる。万が一BCみたいなスタイルのバンドのメンバーとしてのヴォーカルだったら、メチャクチャ寒い。そんなバンドはあんまり好きじゃない。だから、BCでも今度やるGood Noir でもバンドっていう中でのONOchanをどう見せるかって考えるし、出来てるかどうかは別として、俺が思うカッコよさでありたい訳で。
けど、ソロっていうのは、「BCのONOchan」じゃなくて「ONOchan」じゃないとだめだなぁって。「ロックンロール」じゃなくて「ONOchan」じゃないとなぁって。それが結果ロックンロールならいいってことなんだろうなぁって。
まだまだやれることがいっぱいあると思う。

それに、打ち上げまで楽しかった。また対バンしたい人たちだったなぁ。

set list
① I Only Sing This Song For You
② SWEET19
③ ただ眩しく
④ 落陽(吉田拓郎のカヴァー)
⑤ このすばらしきせかい

今回の曲はBCバージョンとはだいぶアレンジが違うものばかり。そりゃあ、バンドと引き語りじゃぜんぜん違うんだけど、ただバンドの曲をアコでやってますって程度のアレンジではないっていう意味で。根本のリズムから違ってる。

そんで、やっぱり1曲はカヴァー。今回は「落陽」。
これずっとやってみたかったんだよね~。ちゅーか20代後半くらいだったかな?Good Noir のベーシスト、ナガツマと2人でリハやってた時にちょっとアレンジしたことがある。サビをスカのリズムにするのはその時思いついた。結局ライヴでやる機会がなくて。20年越しでやっと出来た。
カッコイイよなぁ、この曲。

それから久しぶりに「このすばらしきせかい」。
この曲、自分の中で好きな曲っちゅーか、出来のいい曲(特に歌詞)ランキング上位なんだけど、BCの最近のライヴではぜんぜんやってない。
わりとヘヴィな内容だし、なかなかリストに入れづらい曲。持ち時間30分とかだとねぇ、むつかしい。加えて震災からの5年間は「海岸線~」が出来て必ずやってたから、同じハチロクのリズムだからね。なかなかリストに入れられなかった。
それに、自分で歌ってて泣きそうになるから、あんまり人前で歌わない方がいい(笑)
ほんと名曲なんですけどね(笑)

5日前くらいまではラスト「花火」をやろうと思ってたんだ。そのつもりで練習してた。けどなんか急に閃いて変更した。
今日、雨降るって、何か感じたのかな。

ある雨の日、目の前で子猫が車に轢かれたのを見た。助けようとしたけど、もうどうすることも出来なかった。少しして、たぶん母ネコなのかなぁ、その子をくわえて行った。俺はそれを少しだけ離れてずっと見てた。雨だけが優しかった。その夜、ちゃんぷるを抱きしめながら歌詞を書いた。涙が止まらなかった。わーわーぎゃーぎゃーウルサイ曲じゃないけど、俺が書いた中では最もエモーショナルな曲だと思ってる。
誰のための楽園?


「このすばらしきせかい」

Who's is the world ? Who is happy ? 
柔らかな雨 君をつつむよ
街路樹の花 向こうに見える 
胸が痛いよ なすすべも無く
   
人々は行く 君に気付かず 
文明の街 時に追われて
愛のためとか 平和のためとか 
そんな言葉は 僕はもう聞き飽きた
   
何がこの世界を くもらせてるの 
走り去る車 少しだけ憎んだ

What a Wonderful World この素晴らしき世界
Wonderful World 誰のための楽園

路上の隅 小さな仔猫 
Good-bye Cruel world 名も無き命
幸せだったか たった数日でも 
幸せだったか この世界に生まれて

やがて雲がちぎれて 雨があがるよ 
ひとりで渡れるね 虹の彼方へ

What a Wonderful World この素晴らしき世界
Wonderful World 誰のための楽園

アスファルトの下に 眠る雑草たち 
突き破ってくれ コナゴナになるほど
  
What a Wonderful World この素晴らしき世界
Wonderful World 誰のための楽園

Wonderful World・・・
この残酷な世界

このすばらしきせかい


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0