So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

創作ノート [My Life]

すっかり、寒い。
もう冬だぁ~。つらい。明日はめちゃくちゃ寒くなるらしい。秋が短すぎるよ。
夏は大好きなんだけどTシャツで過ごすのがほとんどだから、秋こそ好きな服を着てお洒落出来る季節なのに、もう冬になってしまったら、防寒対策をしなくてはいけないので、また着る服がワンパターンになってしまう。

こんばんにゃ、そろそろ炬燵だそうかなぁ、ONOchanです。

ぜんぜんブログ書いてなかった。まぁ、もともとそんなにしょっちゅう更新してないけどね。

読書の秋とかスポーツの秋とか言うけど、今年の秋は映画ばっかり観てる。観たい映画がたくさん。この前はジム・ジャームッシュの新作「パターソン」と「ギミー・デンジャー」観てきた。嬉しいことに2本続けて観られる時間割だった。「パターソン」はジム・ジャームッシュらしく(?)特に大きな事件が起きる訳ではないけど、ものすごくいい映画だった。この感じやっぱ好き。ストゥージーズのドキュメント「ギミー・デンジャー」面白かったけど、ちょっと寝た(笑)
けど「音楽は人生であり、人生は商売ではない」イギーの言葉はちゃんと覚えてる。
それから、アマゾンプライムで無料で観れる映画、アイパッドでしょっちゅう観てるな。けっこういい映画がたくさんあるんだよね~。

そんなこんな10月なんだけど、曲も作ってた。
ロックンロールな感じ。なんかちょっと明るめのノリのいいやつ作りたいなと思って。歌詞はあっさりそんなに力入れなくてもいいかぁと思っていたのだけど、まぁ、結局そんな訳にはいかない。
たった一言に何日も悩む訳ですよ。接続詞のひとつに何時間も悩む訳ですよ。
で、睡眠不足になる訳ですよ。
それでも出来たときはほんと嬉しいよねぇ。

歌詞考えるのに今までは主にノートを使っていたのだけど、最近はふと思いついた言葉、フレーズをアイホーンにメモしてるんで、その中で膨らませて作ってしまうことが多い。一応、全体がだいたい出来たらノートに書き写してみるのだけど、その時にはほとんど完成形に近い。
アイホーンのメモだと、行を入れ替えたりとかそういうことが楽に出来るんでいいかもしれないけど、没フレーズは消してしまう訳で、ちょっともったいないような気もする。
もったいないというか、最初の方のダサ~い歌詞を後で見る楽しみがなくなってしまった。歌詞の第1段階なんてほんと他人には見せられないダサさだから作ってる俺だけの楽しみなんだけどさ。

そんな訳で、今使ってるノート、前のよりページが埋まるのが遅い。

1015.JPG

ノートはなるべくかわいいやつがいい(笑)
このノート見ると歌詞よりもコードとかセットリストとかのメモ書きの方が多くページを取っちゃてるな。

そんな感じで新曲タイトルは「No Meaning Life」。
意味のない人生。
軽い感じで、それこそNo Meaningな感じでいいやと思って書き始めたのだけど、結局、またとてもいい歌詞を書いてしまいました。マジで。本気で言ってる。自画自賛(笑)
途中でフェリーニの名画「道」の名セリフが思いついてしまって、そこから一気に広がった。
「道」の主題曲はBCのオープニングSEで長年使ってたしね。まぁ、出来あがってみたら、今のBCにぴったりなんじゃないかと。まぁ、バンドってそういうもん。ぴったりの曲が書けなくなったらバンドが終わる時なんだろう。きっと。

じゃ、その歌詞。
の前にひとつ報告。
配信中のシングル「Unchained Melody」が10月22日で配信終了になります。CDに未収録のバージョンなんで、急いでダウンロードしちゃってちょうだい。ストーリーミングでは聴けなくなります。サイトによって価格が違うけど、BCはそのサイトの1番低価格に設定してるんでだいたい¥150です。

unchained-web.jpg

配信用に作ったこのジャケット、好きなんだけどなぁ。もう終わりだなぁ。

ダウンロードはこちらから https://www.tunecore.co.jp/artist/bc5am#r331320

よろしくです~。
では。「No Meaning Life」次のライヴでやりたいなぁ。


No Meaning Life

想い出の中に生きるには
俺もお前も少し早すぎる
ここが潮時とうそぶいてみても
燃えかすがほら まだくすぶってる

何の意味もない人生と人は言う
頭上の星に願いを

偉人たちのサクセスストーリー
あやかりたい栄光のストーリー
でも奴らの言う通り もううんざり
今を突き抜けるビートさえあれば

何の意味もない人生と人は言う
路上の石に祈りを

つまづいた今日が眠った後には
明日がまた来るブランニューデイ

白紙の未来にダイスを転がせ
誰かが仕組んだチャンスは蹴散らせ
また一つ何か失くしても
刻まれたキズがすべて知ってる

何の意味もない人生と人は言う
だけどここから見える世界は

頭上の星にも路上の石にも
きっとすべてに意味があって
つまづいた今日が眠った後には
明日がまた来るブランニューデイ
明日がまた来るブランニューデイ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9.30 7TH AVENUE [Others]

30日、Good Noir 、「路地テロ」7TH、来てくれたみなさん、どうもありがとうございました。
おなじみの対バンのみなさん、7TH スタッフのみなさん、ありがとうございました。

「路地裏のテロリスト」復活して早くも3回目、多くのお客さんに来ていただいて大盛況、ほんといいイベントになった。
Good Noirは4番目、前回と同じ無頼と主催のThe RIGHTSの間だったんだけど、タイプは違ってもどっちもガッツリ気合い系のバンドじゃない?無頼は硬派な感じだし、ライツはドッカンドッカンパンクロック。間で実はけっこうやり易かったりもするんだけど(!)今回は特にスローワルツの「花火」入れてみた。20年前の「路地テロ」だったら考えられない選曲(笑)。

set list
①銃をとれ(頭脳警察カヴァー)
②Sweet19
③さるになるよ(さよなら人類・たまカヴァー)
④花火
⑤ハイビスカス
⑥希望の国

「銃をとれ」は後半、クイーンの「We will Rock You」ちょっととボブ・マーレーの「Get Up Stand Up」を挿入。
「スウィート~」はBCとはぜんぜん違うロカビリーとカントリーを合わせたようなアレンジ。これがGood Noirの今後に向けての何か指針になるようなアレンジになった気がする。いい感じ。まぁ、ライヴの録画を帰って来てみたら歌がいまいち3連が甘くてもうちょっときっちりハネないとなぁっちゅー感じだったけど。

後半4曲は、実は8月12日「ノー・ピース・ノー・ライフ」にアコースティックセットで出演した時と同じ曲順。アコでやって個人的にすごく好きなリストだったからバンドバージョンでやりたかった。より良くなる自信があったからね。
ほんとは最後にもう1曲ガチっとロックンロールナンバーやりたいとこだったのだけど持ち時間決まってるからね~。

今回は正式にイベント通しての撮影スタッフが入ってくれたので、素敵な写真を頂きました。まみさんありがとう!

早起きしてモヒカンにしてきたシューヘイと
0931.jpg

恋ダンスが得意なキクちゃんと
0932.jpg

酔っぱらって髪切ったせいで切っちゃいけない部分まで短くしてしまった俺と
0933.jpg

実はストラップがけっこうかわいいナガツマくん
0934.jpg

それから、動画も全曲撮ってもらいユーチューブにアップして頂きました。かこさんありがとう!

銃をとれ
https://youtu.be/VVblHvFLskY

Sweet19
https://youtu.be/i7TJFea__10

さるになるよ
https://youtu.be/JHjm6v5z46g

花火
https://youtu.be/DJGcRIWR9U8

ハイビスカス
https://youtu.be/4CPKdbD-Bfw

希望の国
https://youtu.be/SlD3scHEgEY

暇があったら覗いてみてください。

ライツの最後はセッション、今回はラモーンズの「電撃バップ」。俺はまたギター弾かせてもらった。いろんなとこで何度も弾いたことのある曲だけど、今までで最速!ライツのギタリストいる訳だし、ラモーンズだし、オマケで入ってるようなもんだから、どう弾こうかなって軽くカッティングパターン考えておいたんだけど、弾けね~。速すぎて(笑)。ノリでカッティングしました~。腕いて~。けど面白かったなぁ。

最初から最後まで、まぁ、この企画だし、みんないいライヴでほんとよかった。今回ソロで出たコージは俺が20年間リクエストし続けた曲をやっと歌ってくれた。やっぱ名曲だったな。クレーバーズでもやればいいのに……。

今回は気持ち使いきった感じで、ライヴ終了後はかなり呆けてしまったので打ち上げは一次会で退散。つかれた~。けど、帰ってもぜんぜん眠れなかった。普段飲まない缶ビールを2本がぶ飲みしても朝まで起きてたなぁ。

そして翌日1日はモッズ。ツアー初日。新横。
アルバムが発売になった訳でもないツアーだから、どんな曲やるのか楽しみだった。そりゃ、もう当然よかったですよ~。

ロックンロールに何が出来るのか、何を発信するのか。モッズは何年経っても、やっぱりモッズだった。

ラスベガスで起きた銃乱射事件、乱射事件としては史上最悪の死者数というニュース。
決して数字ではない。たとえその数字が「1」だろうがコンサートを楽しんでいる時に無差別に撃ち殺されるなんて最悪だ。
銃社会アメリカ。臆病なアメリカ。

日本の片隅から、何人読んでいるかも分からないようなこんなちっぽけなブログから、ロックンロールピープルの端くれとして、この言葉を発信する。

THE GUITAR IS MIGHTIER THAN THE GUN !


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みるくくるみ [ちゃんぷる]

夕焼けをみるのがけっこう好き。昨日、自宅の窓から見た夕焼け。綺麗だったな。

0925.JPG

こんばんにゃ、朝焼けは最近見てないな、ONOchanです。

映画を観るのがけっこう好き。DVDや録画で家でも観るけど、やっぱ映画館で観るのがいい。ほとんど一人で行く。なるべくなら一人で行きたい(笑)。

昨日はクストリッツァの新作「オン・ザ・ミルキー・ロード」レイトショーで。
クストリッツァ監督の作品はかなり好き。全部は観てないのだけど。

0929.JPG

今作はクストリッツァ監督が自ら主演で戦火の町のミルク配達人を演じる。やっぱり面白かった。超名作「アンダーグラウンド」「黒猫白猫」など過去作を思わせるシーンとかあってちょっとニヤリとさせられる。全体の感触は「ライフ・イズ・ミラクル」に近いのかな?
今回も動物たちが大活躍。圧倒的な生命の熱を感じる。喜劇的で悲劇的。絶望的で希望的。リアリズムとファンタジー。何もかもひっくるめて“ライフ”が描かれている。
そしてもちろん音楽もいい。監督自身のバンド、ノースモーキングオーケストラのバルカン・ミュージック。
戦争が背景にある。架空の町という設定だけど、当然、旧ユーゴの歴史と関わっているのだと思う。俺はそこんとこあんまり分かんないけど、ぜんぜん楽しめた。ただ、後半、休戦協定が結ばれた町に多国籍軍がやってくるとことか、考えさせられる。クライマックスの地雷原、あの羊は人間なのかも……とか。

映画館でうとうとしちゃうのも、それはそれでいいと思っているのだけど、クストリッツァ監督の映画ではそんな暇はありません。密度の濃い2時間だったなぁ。

うとうとと言えば、くるみの寝姿がけっこうおかしい。

0928.JPG

どんなカッコだよ~。なんか尻尾が左後ろ脚みたいにも見えて余計おかしい。ちゃんぷるも気になって見てる。

それから俺の肩の上でも居眠り。

0926.JPG

そしてひっくりかえってたところ、ちょっといたずらしたらこの顔。

0927.JPG

寝起きとはいえ、けっこうブサイク(笑)
じゃ、最後はちょっといい感じの写真で。

0930.JPG

うん、かわいい、かわいい。
けど最近ちょっと太り気味だから痩せないとね~。

さて、週末はGood Noirでライヴ。「路地テロ」。復活して早くも3回目。だけどVol.2(笑)。
今までは昔のバンドTHE BAD NEWSとBCの曲をアレンジして、カヴァーなんかも入れてやっていたけど、まぁ今回もそこは同じではあるのだけど、最近Good Noirとしてのオリジナリティーが確立してきたような、そんな気がする。このバンドにしか出せないノリ、ビート、グルーヴ、そして言葉がある。なんちゅーかな、同じ歌詞なんだけど違うんだよね~。わかるかなぁ。
俺は何か刺激があると、まず言葉、歌詞にアウトプットされるみたいなんで、「希望の国」に続く新曲も出来そうな予感。それにしても小池さん「希望の党」って……。

☆Good Noir

9月30日(土)

横浜 7TH AVENUE
「路地裏のテロリストAgain vol.2」
open18:00start18:30
予約¥2000当日¥2500(+1drink¥500)

出演
THE RIGHTS
Good Noir
無頼
koji
New Project

*Good Noirは20:25~の出演です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ピカール [My Life]

どうも最近、ミサイルが飛んでたりして大変です。
あのミサイルは撃ち落しちゃいけないのでしょうか?日本に落ちないから?俺は勉強不足なんで分かりません。が、そんなことをネットで調べる気もありません。それでもなんとなくスマホを眺めているといろんなことを言ってる奴がいっぱいいて、反対のことを言ってる奴たくさんいて、ついでに政権批判してる奴とか山ほどいて、他人の意見ばかりシェアしてる奴だらけだったりで、俺にはまるで分かりません。何が正しいかなんてほんとは誰にも分かってないんだろう。けど、ミサイル撃つ奴は悪い。

ひとつ気になるのは、海は破壊されていないのかっちゅーこと。

ぶっちゃけ、政治とか興味ないんだよね~。つまらんもん。ぜんぜん面白くない。面白くないことを学ぼうとは思わない。まぁ、興味ないとは言っても、引っかかるニュース記事は読むし、投票は必ず行くし、あたりまえの普通の国民だと思ってますけどね。

去年だったか、「ロックに政治を持ち込むな」論争あったね。最近、ネット見てたらまだその話についてゴチャゴチャ言ってる奴っているのね。
どうでもいいっすね~。
反論として、「ロックはもともと反体制的なものなのだから……」云々かんぬん、とか。もともとが反体制だろうがなんだろうが、今それをやってる奴がどうかっちゅー話だし、そんな理屈よく分からん。
さらに言えば、しょーもない言葉で政治的なことを歌ってるからといって、なんか知らんがホンモノ面しちゃう奴、意味分からんし。政治的なメロディーなんてたぶんないから、結局は歌詞なんだろうけど、なんかの記事とか誰かのコメントみたいなのをただメロディにあてはめられてもまるで面白くないし、なんとも思わない。
ラヴソングしか歌ってなくてもホンモノはいるし、社会派の真似ごとをしたバッタもんもいるっちゅーこと。

昔々は確かに、クラッシュやU2に憧れてた訳で、無理矢理、それこそなんかの記事を引用しただけの政治的なメッセージソングを作ってたこともあるけど、そんな時期はほんの一瞬だったし、そんな駄作はとっくに捨てた。
今は自分が感じたことしか歌にしてない。愛について平和について夢について自由について生活についてと同じように政治についても入っているのか。自分では、「愛について」と「政治について」の境界線が分からないから、もし俺の歌に政治的だと感じる部分があったのなら、それはあなたが政治について感じたことなのだと思うのです。

最近、ポーラ美術館に「ピカソとシャガール」展観に行った。

0914.JPG

ずっと前から行くことに決めてたんだけどなかなかチャンスがなく、終了までに間に合ってよかった~。

0913.JPG

「愛と平和の讃歌」って副題がついてるけど、やっぱり芸術家にとって戦争とか社会情勢は当然作品に影響してくるものなのだろう。大きな世界大戦の時代に活躍したピカソとシャガールの同じテーマで描かれたもの、同じ時期に描かれたものを対比させる展示で面白かった。意外と、ちゅーか俺は絵についてまったくの素人なので今まで全然知らなかったのだけど、作風が似てるとこがけっこうあったりするんだね。
シャガールの絵が前からいいなぁと思っていたんで、今回はやっぱりシャガールの巨大タペストリーがよかったなぁ。
絵画に政治は持ち込んでもいいのでしょうか?(笑)

ポーラ美術館の周りは遊歩道になっていて、1周ゆっくり歩いて30分くらい。去年行った時は噴火の影響で閉鎖されてた。

0915.JPG
0916.JPG

のんびり、少しひんやりした森の空気の中を歩いてきましたよ~。

夜はちょっといい雰囲気の蕎麦屋へ。
静かだし、料理もかなり旨かったし、まぁ、それなりの値段だったけど、月1くらいは通いたい。無理か~(笑)。

0918.JPG

0917.JPG

敷地内にこんな水車があったり、小さな隠れ家的温泉旅館のような雰囲気。こういう店好きだな~。どうせなら、ここに泊まりたいって感じ。蕎麦屋だけど……。

BCのアイツらは似合わないけど、グッノワだったら行けるな~。今度ナガツマセンパイのおごりで連れてってくれないかな~。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

9.3 club Doctor [BC5AM]

3日、ドクター、「NONTITLE MATCH vol.3~初秋熱夕~」、どうもありがとうございました。

ドクタースタッフのみなさん、ありがとうございました。
オープニングアクトで出演してくれた30/40、すごくいいライヴだった。DJsinさん、さすがの選曲、マイクパフォーマンス、セッションも参加してもらった。どうもありがとうございました。

そして、THE DRAGON★FLY、3回目の2マン。ほんとにどうもありがとう!!

ドラゴンはこの日昼にもライヴがあった。俺も早起きして(笑)観に行きましたよ~。ライヴ終わって下北から荻窪に一足先に移動して、食事をしてから車で昼寝。
BCリハの時間にはドラゴン一行も到着して、まぁ仲間ばかりだから穏やかないい雰囲気。
リラックスしてライヴをむかえられた。

BCは前から宣言していた通り、アルバム「4REAL」発売10周年を記念して、このアルバムからのみの選曲。

set list
SE翼あるもの
①UNDER THE MOONLIGHT
②DEAD ROSES
③遥か
④最後のオムライス
⑤LA VIDA BONITA
⑥サイコビリーセラピスト(THE DRAGON★FLYカヴァー)
⑦UNCHAINED MELODY
⑧A PEACETIME IN BLUE
⑨CRAZY SUMMER
⑩ALL THINGS MUST PASS

最近やってなかった曲、けっこうあるね~。「UNDER~」はおそらく8年ぶりか9年ぶり。「デッドローゼス」「ボニータ」も4、5年ぶりくらいか。
そしてなんといっても「オムライス」。これはライヴでは過去1回しかやってませんからね~。ノブリンのヴォーカル曲ですが、今回は俺が歌った。
レコーディングの時、ノブリン1曲歌おうっちゅーことで、本人が歌詞書いて俺が曲付けた。この歌詞が、まぁ、まぐれなんだけど(笑)けっこうよく出来てる。歌詞には相当うるさい俺ですが、一切手直ししなかった。
遠い夏に別れてしまった元恋人とほんの一時再会するという内容なのだけど、見事に時間の経過が描かれている。まぁ、まぐれだろうけど。
ところがですよ、ライヴでも曲の前のMCで歌詞がいいと言ったのに、俺、歌詞間違えちゃった~。1番で2番歌っちゃったんだよね~。もうどうしようもないから2番も2番歌った。とほほ。
CD持ってる人、ぜひ歌詞カード読んでみて。1番は再会する前、2番は再会したところ。こっそり、そうなってるから。まぁ、まぐれだろうけど……。いつかまた、どこかで歌いたいと思う。

「4REAL」でライヴやるなら、ラストはやっぱ「ALL THINGS~」これは外せない。俺は特に思い入れ強い曲。レコーディング、ミックス最後はこの曲だった。押しに押して終わったのが明け方5時ごろ。「バックミラーに朝日が昇る~」って歌詞の通りの時間。その時は小雨が降ってたんだけどね~。カラサワさんとの想い出も含めて、この曲がラストソングって決めてた。

0903.jpg

「今日ですべてが(春夏秋冬)」リストの候補にはあがったけど、あえて外した。まぁ、ちょこちょこやってるから。これがなくてもちゃんと成り立つだけの楽曲がこのアルバム「4REAL」には揃ってるんで。今回のリストに入らなかった曲でも「このすばらしきせかい」なんて超名曲あるしね。今回あらためて、いいアルバムだなぁと自画自賛。マジで。

それから、毎年恒例、ドラゴンのカヴァー。今回は「サイコビリーセラピスト」。もうね、やりたい放題(笑)やらせていただきました。まさかのグランジ。ちゅーかニルバーナ。ちゅーかスメルス。まともにコピーしたってドラゴンの曲をBCが超えられる訳ないんです。BCはBCらしくやるしかないのです。どうでしょうか、このセンス!エンディングにはラモーンズの「サイコ・セラピー」も投入。実は去年のこのイベントの時からなんとなくグランジアレンジは思い浮かんでた。けど、去年は「サヨナラ」をやりたいっちゅー意見もあったんで、1年間俺の中で温めておきました。ちょっとやり過ぎたかな?(笑)

ドラゴンのBCカヴァーは「I ONLY SING THIS SONG FOR YOU」をベースのヒロシちゃんヴォーカルで。これがまたカッコよかったなぁ。1stに収録のバージョンだけど、レコーディング当時、俺の頭にあった理想の形をみせてくれた。さすがですね~。もうね、ドラゴンにBCのカヴァーアルバムとか作ってもらいたい。

セッションはブランキー、アジコの「ペピン」を30/40千春ちゃんと伸さんのヴォーカルで。そしてエレカシの「今宵の月のように」。これがなぜかガンちゃんの独壇場になってしまって、俺はギター弾きながらかなりうけた。いいのかこれで(笑)。まぁ、いいか。

長い1日だったけど、1日だけじゃなく、ここに来るまで長かったけど、ほんといい1日だったし、終わってしまうとちょっと寂し。
また来年も、いい感じでこの「NONTITLE MATCH」開催出来るようにがんばろ。

8月から9月3日までのスケジュールを見返すと、なんとそのうち17日がリハまたはライヴだった。半分以上か。忙しかったと言えばそうかもしれないけど、もともとそういう人生を過ごしたかったのだから、ほんと充実した夏を過ごせた。いい夏だった。
そんな感じで、昨日今日、のんびりしちゃってるけど、今月末にはGood Noirもあるからね~。あ、アレンジ考えなきゃいけない……。

何度でも 何度でも 夢をみよう 世界がここにあるから

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8.31 club Doctor [Acoustic]

31日、ドクター、ONOchanソロありがとうございました。

対バンのみなさん、ドクタースタッフのみなさん、ありがとうございました。

雨ばかりだった夏が、ほんとにもう遠くへ去ってしまったかのような涼しい夜だったね~。秋の初め。
いくらなんでもこんなに涼しくなるとは思っていなかったから、前半は夏歌でリスト組んじゃったよ~。
けど、まぁ、俺の夏歌はパーっとはじける馬鹿騒ぎ系じゃないからねぇ、どっちかっちゅーと暮れてゆく夏の切ない系だから、むしろちょうどよかったか(笑)。

set list
①明日~明日へ
②Sweet19
③ヒマワリソング
④落陽(吉田拓郎カヴァー)
⑤希望の国
⑥A Peacetime In Blue

この日は対バンで友達のぶれるも出てた。たぶん約1年ぶりの対バンだったのかな?
「ちぎれちぎれ」って曲の前に、Jアラート(ミサイル)の話を少しして、「花火」のサビをアカペラで歌ってくれたんだよ~。うれしいね~。
「ちぎれちぎれ」名曲だからね。三日月に恋をしちゃうからね。
ぶれるはドクター初めてだったみたいだけど、いい感じだったな~。楽しそうだったし。俺も観てて楽しかった。
ドクターで、今度はバンドで対バンしたいな。

他の2バンドも楽しかったし、もちろん打ち上げまで、いい夜だった。帰るのが惜しいような……。
とは言っても、もうすぐBCあるからね。帰ってちょこっと今日のリハのためにおさらいしましたよ。

もう、0時過ぎてるから、日付的には明日か。ドラゴン★フライと2マン。3回目。3年目。
前にも言ったように、今年はアルバム「4REAL」発売から10周年なんで、勝手に記念して全曲「4REAL」収録曲でやりますよ~。もう何年も演奏していないレア曲もありますよ~。たぶんライヴでは1度しか演奏していないちょ~超レア曲もあるんじゃないかなぁ……。
それと、このイベントでは恒例のお互いの曲をカヴァーもあるからね。いや~、BCがドラゴンの曲、無理でしょ~。でもやるの。こちらもお楽しみに~。

このイベントは1回目からその時期に合う四字熟語をサブタイトルにしている。今回の「初秋熱夕」は初秋涼夕という言葉(しょしゅうりょうせき・読んで字の如く秋の初めの涼しい夕べをいう)の「涼」を「熱」に変換したもの。
“名は体を表す”ということわざもあるけど、今年は特にタイトル通りの「熱い夜」になりそうな予感。
あと一日、ばっちり追い込みかけて挑みます。

IMG_4903.JPG

9月3日(日)

荻窪 club Doctor

「NONTITLE MATCH vol.3 ~初秋熱夕~」

open18:30start18:45
前売/予約¥2.000当日¥2.300 (+1drink¥500)
Happy hour(open~Live start)+¥1.000→3drinkチケット

出演
BC5AM
THE DRAGON★FLY
30/40(opening act)

DJ/sin

*BCは19:30~の出演です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

劇的夏終 [My Life]

またひとつ、夏、終わっちゃったね。
ずっと雨続きで涼しい夏だったのに、終わったとたんに暑くなった。
俺の夏の条件と季節が少しずれちゃったなぁ……。

こんばんにゃ、終わらない夏の幻をみていたONOchanです。

もともと決勝戦の予定だった21日、開会式に続いてさらに1日延期になってしまったせいで休養日に当たってしまい、うっかり暇な1日。去年も観に行った岩合さんの写真展、横浜そごうで最終日行ってきた。確か去年も最終日、決勝戦をテレビ観戦した後だったと思う。そごう、甲子園と合わせてるのか?

0821.JPG

にゃんこ達、かわいかったな~。橋から川の鯉を覗いてて、夢中になったあまり落っこちそうになって欄干にぶら下がってた奴、1等賞。

さてさて決勝戦。仕事中にこそっとアイホーンで観てましたよ。大差がついてしまってちょっと残念な感じではあったけど、花咲徳栄、強かった。埼玉県勢としても初優勝か。優勝チームに負けるというジンクスもついに打ち破ったね~。
家に帰って録画しておいた中継をもう1度じっくり観たのだけど、実はけっこういい試合だったのかも。ヒットの数あまりかわらない。ピンチを凌いだ方とミスをしてしまった方の差が14-4という差になってしまったのかもね。
まぁ、試合前からどう見ても花咲徳栄の方が総合力で上っていうのはネットでも言われてたけど。広陵の中井監督けっこうファンなんだよね~。高校野球は片方の応援はしない主義なのだけど、ちょっと中井監督に夏の優勝をしてもらいたかったってとこはあるな。

今年は開幕試合から逆転サヨナラだったりで、劇的なシーンがけっこうあった。ほんと高校野球は最後のアウトひとつが簡単には取れないね~。
俺のベストゲームは明豊‐神村学園だな~。神村9回表2アウトから5‐2の3点差を追いつき延長。12回表、またまた2アウトから3点。その裏、明豊かんたんに2アウト、そっから粘って4点取り逆転サヨナラなんて……。ドキドキしちゃったな。同点にされて満塁、ピッチャー2年生だしさ、もうサヨナラボークだけはしないでくれって思ってた。宇部商の、藤田くんね。あんな結末はちょっと見てる方もつらいから。けど、3ボールからのストレート3球、素晴らしいボールだったな。最後の1球、微妙に外れて押し出しになっちゃったけど、ほんといい球だった。中継見てて、ほんとよかった。

仙台育英‐大阪桐蔭もすごかったね~。智和歌に接戦で勝った時、大阪桐蔭つえ~な~、史上初2回目の春夏連覇しちゃうかな~、なんて正直思っていたのだけど、ほんと何が起こるか分からないね。仕事終わりごろ、スマホで経過見たら大阪桐蔭1‐0仙台育英9回裏2アウト満塁ってなってて、慌てて中継みた。その前に何が起こったのか知らなかったのだけど、最後のセンターオーバーはリアルタイムで見れてちょっとトリハダ立ったなぁ。で、家に帰ってから動画サイトみたら、まさかこんなことがって。仙台育英は九死に一生運かなりあるな。ジャイアン白根くん2年生の開星との試合思い出した。仙台育英は観てて面白い試合しょっちゅうやってる気がする、浦学の時とか、東海大相模との決勝戦とか。

東海大と言えば菅生と花咲徳栄の準決勝もいい試合だった。これも9回に追いついての延長戦。いい試合だったな。これも中継みてた。
俺、けっこう劇的なシーンちゃんとリアルタイムで見てたりする(笑)。開幕の彦根東も見てたもんね。だいたい、子供の頃から、簑島‐星稜とか、ミラクル甲西‐大魔神東北とか、見てたからね。横浜‐PL延長17回も運送屋時代、昼飯食いに入ったラーメン屋で常盤くんのホームラン見たもんね。けっこう劇的運あるんじゃないかなぁ(笑)。

そんな感じで、今年も夏が過ぎていってしまい、もうすっかり寂しさでいっぱいなのですが、たて続けにライヴがあるのです。
31日ソロ、中2日で3日はドラゴン★フライと2マン、今年で3回目。
甲子園の回想してないで練習しろという感じですが、まぁ今日から5日連続リハ、なにげにちゃんとやってますよ。
劇的ライヴが出来ればいいのだけど……。


☆BC5AM

9月3日(日)

荻窪 club Doctor

「NONTITLE MATCH vol.3 ~初秋熱夕~」

IMG_4903.JPG

open18:30start18:45
前売/予約¥2.000当日¥2.300 (+1drink¥500)
Happy hour(open~Live start)+¥1.000→3drinkチケット

出演
BC5AM
THE DRAGON★FLY
30/40(opening act)

DJ/sin

*BCは19:30~の出演です。


☆ONOchan solo Acoustic

8月31日(木)

荻窪 club Doctor
open19:00start19:30
前売/予約¥2.000当日¥2.300(+1drink¥500)

出演
ONOchan(BC5AM)
ぶれる
ナガイシンバンド
meandbrothers

*ONOchanは19:30~の出演です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の夏 [ちゃんぷる]

今年は猛暑だって聞いていたのに、ぜんぜん夏らしくない夏。夏の雨、嫌いじゃないけどここまで続くと……。嫌いじゃないのは夕立、突然のスコール。そういうやつ。

甲子園、ついに2日分延期になってしまった。決勝に合わせて休みとってるのに。がーん、今年は決勝戦観れない。く~。

こんばんにゃ、灼熱の太陽が恋しいONOchanです。

そして14日は墓参りに鎌倉へ。人生最初の友達。11歳で死んでしまった。

鎌倉にいた頃に俺が暮らした2件の家はもうない。子供の頃家族と住んでた家も、高校生から住んでたぼろっぼろのアパートも。両親が今住んでいる家の前に車を停めて、お墓まで歩く途中、子供の頃に住んでいた家があった場所に行ってみた。大きな立派な家が建ってるんだよねぇ。こんなに敷地広かったのかって。ちょっとした庭もあったからなぁ。ちょっと寂しい感じだよね~。けど、まぁ、バラック小屋みたいな家だったからしょうがないね。

俺が住んでたのはシンゴジラが出没したここのすぐ近く。

0815.JPG

ちゅーか、すぐ後ろ、友達の家(笑)。シンゴジラにつぶされなくてよかった。

毎年、熱い陽ざしの下で墓参りするのが恒例だったけど、今年は今にも降り出しそうな曇り空の下。けど、アイツと過ごした幼い夏の日の記憶と変わらない蝉時雨が聞こえてて、それだけで切ない気分になる。
花と缶ジュースを持って行くのだけど、今年は三ツ矢サイダーがあったから2本買った。線香あげて、サイダー飲んだ。
そしていつも通り、墓石の後ろを見る。よかった。名前増えてない。お父さんもお母さんももう高齢のはず。だいたい命日に行っているのだけど、いつもすでに花が飾ってある。もう30年近く会ってない。元気だろうか。
妹もいた。名前は忘れてしまった。覚えているのはアイツの家には子供用の小さな滑り台があって一緒によく遊んだ。それと、仮面ライダーアマゾンのレコードがあって、それをかけると妹が「あ~ま~ど~ん」って歌ってたこと。40年以上前の記憶なのに、これは忘れないなぁ。

0818.JPG

ははは。かわいい方が俺(笑)ちっちゃいな~俺。となりがタカオちゃん。幼稚園の時の写真。いつから一緒に遊んでたかなんて知らない。気がついたら一緒にいた。

白血病。
たった11歳で死んでしまった。もう35年も前の夏のことなのかぁ。俺は35年も長く生きてるのかぁ。
毎年、このブログで紹介してるけど、やっぱり今年も。

日本骨髄バンク

もちろんドナー登録してる。登録は簡単。半日もかからなかったと思う。まずはリンクからHPみてもらえたら嬉しい。よろしくです。

これで俺の毎年恒例お盆行事は完了。

15日、終戦の日。この日が本当の終戦ではなかったのかもしれないけど、こういう記念日はあった方がいい。平和を想うために。
甲子園、雨で中止になってしまったから正午の黙祷なかったんだなぁ。

夜、大さん橋に行った。前日も近くへカレー食いに行ってたんだけどさ。
ちゃんくる、雨続きで散歩出来てなかったから、ドライヴしようと車で出かけたのだけど、ちょうど雨もやんだし、張り切って歩いた。

0817.JPG

0816.JPG

久しぶりだったから、お散歩大好きのちゃんぷるはメチャクチャ笑顔。

0818.PNG

雨がやんでたとはいえ、地面は濡れていた訳で、足からおなかまで泥んこ。帰ってすぐお風呂に直行してふたりともザブザブ洗われました。

夏、後半、そろそろ晴れないかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8.12 club Doctor [Acoustic]

夏だね。
と思ったら、いまいち夏らしくない毎日。せっかく開幕して本当の夏が来たのに。
開幕ゲームから逆転サヨナラとか、その日の第4試合は延長サヨナラだったり、運よく休みでずっと見てたから初日から大興奮。4日目は1回戦なのに「今日は準々決勝か?」みたいな組み合わせだったり。今日の明豊と坂井もいい試合だったな。

こんばんにゃ、熱くなってますか?ONOchanです。

12日、ドクター、Good Noir 来てくれたみなさんどうもありがとうございました。
主催の伸さん、対バンのみなさん、ドクタースタッフのみなさん、ありがとうございました。

個人的には3回目からずっと出演させてもらってる「NO PEACE NO LIFE」の9回目。今年はグッド・ノワール、アコースティック・セットでの出演でした。

0812.jpg

set list
①終わらない夜
②茨の道
③さるになるよ(「さよなら人類」たまのカヴァー)
④花火
⑤ハイビスカス
⑥希望の国

グッノワこのメンバーで結成のきっかけとなったPLASTIC ONOchan BAND名義での1番最初のライヴがアコースティックだったから、アレンジもそれほど苦労しなかったかな。
はい、たまです。「さよなら人類」すごい曲だよね~。いつかやりたいと思っていた。まぁ、俺がやる以上ロックなアレンジになりますよ。
そして「ハイビスカス」やっとこのイベントに連れてくることが出来た。

それからkingof piratesでも出演。パイレーツは6月のクロコダイルの時と同じアコースティック編成。この場合の表記はkingofpiratesになります。

「NO PEACE NO LIFE」やっぱ気持ちが入っちゃう。俺にとってはすごく大切なイベント。いや、自分の企画じゃないですけど(笑)。

「平和」について、歌う。「平和」を、うたう。
パイレーツで歌った「戦争を知らない子供たち」の歌詞の通り、戦争が終わって僕らは生まれた。戦争を知らずに僕らは育った。だけど、俺の歌には「平和」っていうことをテーマにしている曲、あるいは「戦争」っていうことが背景にある曲がけっこうある。
今回リストに入らなかった曲だと「麻のスカート」「71年のレコード」「風になる時」「God's Child」「世界の真ん中」いっぱいあるね~。「反戦ソング」なんてタイトルの曲もあるけど、まぁあれはただのラブソングだから。

戦争という状態を直接は知らないけれど、たぶん俺はこれまでの人生で何か、そういうことをたくさん受け取ったのだと思う。
戦争を知っている人たちが高齢になった。ただの歴史として風化していくのだろう。わずか72年前のことなのに。今月でいえば、6日9日15日、それが何の日かまるで知らない若者もいる。まるで気にしていない大人だっている。大部分がそうなのかもしれない。若者はともかく、そういう大人を否定はしないが残念には思う。
けどもしかしたら、それでもいいのかもしれない。気にしなくてもいいくらい「平和」なのかもしれない。今は。

だけど、俺は、何かから、誰かから、受け取ってしまったのだろう。それは伝えなくちゃいけないと思っている。それが正しいとか間違っているとか、そんなことは俺の歌を聴いた奴が勝手に決めてくれればいい。答えなんてないだろうし。
ちなみに俺は言葉の意味の上では「平和」のための「戦争」もあると思っている。「平和」と「戦争」という単語は反語ではないから。あくまでも単語の意味上での話で誤解されると困るのだけど。理念の話ではないからね。

この「NO PEACE NO LIFE」というイベントはただ出演して演奏すればいいっていうもんじゃないと思っているから、当然「さよなら人類」も含めて、テーマに沿いつつ30分のライヴを構築できるリストにしたつもり。そして俺たちの演奏で、歌で、ほんの少しかもしれないけど確実に届いていたと確信する。
あの空間にあった小さな「平和」っていう想いをいくつもいくつも、たくさんの人と音楽を楽しみながら共有できたと思う。そんなことを感じながら歌い、対バンのライヴを楽しんでた。

いい夜だった。

そして今日は、靖国神社へ。この時期、毎年「ノーピース~」「靖国参拝」「友達の墓参り」が俺の夏休み3本セット。
俺のじいちゃんは中国で戦死してるんで。靖国参拝は公式行事とさせていただきます。
まぁ、じいちゃんだけの話じゃないけどね。日本人の俺にとっては当たり前のことという認識だけどね。

0814.JPG

夜、テレビで池上彰が「特攻」というテーマで戦争を考える番組をやってた。録画予約しておいたから、遅れて観た。

0813.JPG

俺やっぱ特攻隊員と何か関係があるんじゃないのかな、前世とかで(笑)。いつものことだけど、番組のオープニングですでに泣いてんだよね。もう泣くのにも慣れたもんで、今日は涙を流しつつレコーダーのカウンターを見たら3分17秒でした。はやっ。
一緒に観てた連れには「こういうの、あんたと一緒に観てる限り私は絶対泣いたり出来ない、笑っちゃって」と言われました。泣いてる人間を笑うな。
本編はほとんど知ってるエピソードばかりだったのだけど、それだけに各エピソードの導入部ですでに内容が分かってしまい、いちいちまた泣かなければならず、けっこう疲れる2時間でした。

靖国の売店でこんな本をみつけた。


パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか

パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか

  • 作者: 井上 和彦
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/03/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


俺のじいちゃんは通信兵としてパラオに赴任していた時期がある。ばあちゃんも一緒に行っていた。
ばあちゃんは昔から「パラオにいた時が人生で一番幸せだった」と言っていた。じいちゃんが局長だったから、「局長さんの奥さん」と言われ現地の人とも仲良くなり、すごく良くしてもらったと言っていた。まだ子供だった親父が兵隊の行列について行って迷子になった時は住人みんなで大騒ぎで探してくれたこともあるらしい。
そんなパラオについてほんの少し学べるかな?

年中考えることもないけど、せめてこの夏の一時だけでも多く人が「平和」について想うことって大切なんじゃないかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毎年のこと [My Life]

8月。今年も8月がきた。1年で1番濃密な月。

夏には人生のすべてがある。

こんばんにゃ、ONOchanです。

先日、みなとみらいでちょっと時間が空いてしまったのでちょうどいい時間でおもしろそうな映画やってるとこないかなぁと調べてみたのだけどいい具合の所がなかった。で、近場の映画館を検索してみたら、ブリリア・ショートショート・シアターっていう映画館があった。知らなかった。スケジュールを見たら1時間ごとの上映で¥1000、暇つぶしにはいいかと行ってみた。ちょっと洒落た感じのロビーで劇場も見やすい座席。1時間で洋邦問わず短編3本。なかなか面白かった。これからもふらっと行ってみたいと思う。

映画は最近「海辺の生と死」観に行ったのだけど、残念なことに呟くようなセリフばかりでほとんど聴きとれず、2時間半の長い映画だったけど、映像のみでなんとなくの理解。まぁ、邦画を観に行くとよくあることなので、またやっちまったかぁって感じ。特攻兵だった島尾敏雄の本「その夏の今は/夢の中での日常」は以前読んだことがあったのだけどそれほど覚えておらず、この映画の主人公その妻の島尾ミホという人のことはぜんぜん知らない。「海辺の生と死」本屋に文庫本並んでたんで今度読んでみようかな。その前に「死の棘」を読んだ方がいいのか。

一昨日は毎年観に行く毎日書道展。ちょうど詩や文書などが多い期間だったようで、書体のみではなく、やっぱり言葉の意味にも引っ張られてしまう俺は2倍楽しめた感じ。
ウイリアム・ブレイクの言葉を書いたこれが1番のよかったかな。

0805.JPG

それから前衛書っていうのかな、ほとんど絵画のようなこんな作品もなんか良かった。

0806.JPG

国立新美術館の書道展のあとはその足で池袋パルコミュージアムへ。「ボブ・グルーエンと100人のロックレジェンド展」。これは観なくちゃね。期間中に間に会ってよかった。

0804.JPG

クラッシュやジョン・レノンはやっぱり見たことのある写真ばかりだったけど、他のロックスターたちの写真。カッコよかったなぁ。ストーンズ、フー、NYドールズ、デボラ・ハリーが特に。面白かった~。
俺はロックスターなんかじゃないけど、ロックンロールをやってステージに立つ以上は、どんな瞬間を写真に撮られてもいいように、自己演出は絶対忘れちゃいけないことだと思う。歌に入り込んで熱くなったとしてもどこか俯瞰して自分を見ているというか。そういう意識は持ってるかなぁ。まぁ、俺は昔からギターの練習よりもギターを持ったカッコイイ立ち姿の練習ばかりしてたからね。もう引っ越しの時に処分してしまってないのだけど、20代前半の頃はどこでもらったか忘れたがでっかい姿見が家にあって、それ見ながらギター弾いてたから(笑)。

このポスターにもなってるクラッシュ写真、Tシャツになって売ってたんだよね~。これ反則でしょ。買わずにいれないじゃんか。6000円。く~予定外の出費。コステロ、パティ・スミス、ジョニー・サンダースのTシャツもかっこよかったなぁ。けど我慢。

気がつけば0時をすぎて8月6日。

どれだけ時が流れても答えは誰にも分からない。
戦争、平和、祖国、民族、思想、信仰、希望、未来。

それでもやっぱり考える。想う。平和を想う。今、目の前にあるほんの少しの平和を想う。
生命について、考える。想う。生と死について。永遠と刹那について。14日は人生最初の友達の命日。

これから、1年でもっとも暑くて熱くて濃密な10日間。7日には甲子園も開幕するしさ(笑)。

12日は「NO PEACE NO LIFE」今回でvol.9。個人的にはvol.3からずっと、ソロだったりBCだったりで出演させてもらっているのだけど、今年はGood Noir アコースティック・セットで初出演。Good Noir は都内初進出。順調に仕上がってきているかな。
それに今回はアコースティック・パイレーツもやるんで2ステージ。
今週は月曜から金曜までで4つのリハの予定。さらに隙をみて1人リハもどこかで入れるつもり。う~ん、なかなか忙しい。まぁ、ロックンロールで生きてるんで、これくらいの方が楽しいんだけど。

12日、少しの平和と少しの希望を歌えたらいいなぁと思う。

☆8月12日(土)

荻窪 club Doctor

渡辺伸一presents
「NO PEACE NO LIFE vol.9」

IMG_4902.JPG

open17:30start18:00
前売/予約¥2.000 当日¥2.500(+1drink¥500)

出演
渡辺伸一(the69)
マルキ・ド・サリー(24thDecember)
島キクジロウ& NO NUKES RIGHTS
7generations band
Good Noir
kingofpirates from カリブの海賊

*Good Noirは18:00〜の出演です。
*フライヤー画像の時間は誤りです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -